2008年10月20日

結納打ち合わせ

リアディゾン、白無垢似合わないなー…。
どーでもいいけど。


結納の打ち合わせに行ってきました!
打ち合わせっつっても、不安解消相談みたいな感じでしたけどね。

担当者さんも言ってましたが、結納ってしっかりとしたきまりがありそうでない。
意外と曖昧なんです。
関東は9品とか関西は1つずつ台に乗ってるとか色々ありますが、
それがオーソドックスなだけであって、きまりではないんですよな。
だから、関東にいても相手が
「1つずつ台に乗ってるのが当たり前じゃん!」
と言えばそうなるし、「指輪だけでいいよ」となればそうなるし。

物の内容よりも、儀式としての意味が強いんじゃないかな。
お互いに顔を合わせて、物を贈り合って、
口約束ではなく親族としてマジでこれからよろしく的な。
実際、結納をした後だと、
破談になった際に慰謝料など発生しやすい(させやすい)みたいですな。
結納返しもあったりなかったり。
結納金の相場はあるけど、経済状態により変動するようです。
要は、両家が納得さえしていればなんだっていいってことだ(笑)


ま、今回の相談の一番の目的は別にあったんですがね。
それは、カヨヨンに写真を撮ってもらうこと!
つまりカメラマンの持ち込み!
せっかくおめかしして家族が揃うので、しっかり記念写真を残したいのです。

結婚式では外部カメラマンを呼ぶと持ち込み料が発生する上、
式の写真を撮影する場所に制限があるのだ。
だがしかし、今回は結納。
呼んでいいのかどうか、全然分からなかったのです。

一応式場のスタジオと専属カメラマンに撮ってもらった場合の金額を聞いたけど、高い…。
集合写真と2人の写真+焼き増しだけで結構な金額になるのでは。
しかもスタジオ写真ってネガもらえないし。

なんつーか、式場の写真(特に前撮り)って
「幸せいっぱい☆きゃぴ☆」みたいな写真でヤなんだもん…。
気持ちはわかるけど、なんかこう、軽いっつーか。
かよこは大学からの友達やし、前にサークルのポスター写真や、
チョブ太とのツーショットも撮ってもらったことあるので、
うちらの性格や好みを分かってくれてる。
写真を嫌うチョブ太の強い味方なのだ。

好みがわからない人に撮ってもらって焼き増しもロクにできないより、
気心しれた人に撮ってもらった方がずっとずっといい。
式場より高い謝礼を払ってもいい。
つーかむしろそのつもり。
プロに出張してもらってわがまま聞いてもらうわけですからな!

前例のない話なのか(というか結納自体あまりないみたい)
担当者は( ゚д゚)ポカーンとしてましたが、上長に確認してくれて…


なんとオッケー!!


会場での撮影も、庭での撮影もいいって!
わーいわーい☆

さっきカメラマン当人にも確認してオケーもらったのですーよろしくヾ(*´∀`*)ノ

結納はやる人もあまりいないみたいで、
全体的に「成約してるしなんでもどーぞ」みたいな雰囲気だった(笑)


相談後は、高島屋のブライダルカウンターで結納品を物色。
営業のおばちゃんに結納品の説明を延々とされた(´・д・`)アキタ
面白かったけど。

目録が大事なようですね。
贈る品を書き連ねたものですが、めでたい字をたくさん当ててあるので。

結納の品数は、どれでもよさそう。
会場の広さに合わせて考えればいいみたいだった。
広いのに3品じゃ貧相だし、逆に結納品だけ無駄にゴージャスだと浮いちゃうし。

ただ、しっかりした決まりは贈る物の数は奇数であること。
結納品は9、7、5ですかね。
これは割れないように、です。
割れる→破談のイメージがあるからでしょう。
なので、9品の結納品に指輪を足すことは絶対にしないでと言われました。
偶数になっちゃうから。
結納品とは別扱いになるようです。

あと、風呂敷の使い方とか面白かった。
会場に持っていく時は、結び目をつくらないんだって。
何故かというと、会場でほどく→せっかくの縁談がほどけてしまう、を連想するから。
持っていく時は結び目を作らずに持っていって、帰りはしっかり結ぶ。
縁談がほどけないように、ということですな。
日本人ってすげーなー。

あと、家族書・親族書の存在にびびった。
こういう人が親族にいますよ、と一覧にして渡すんですが、
やっぱり結婚って家と家のつながりなのねー。
その話を聞いた時、ちょっとドキっとしたよ。
お嫁に行くんだなって思った。

恐らく、結納品と受書のやりとりだけになりそうです。
結納返しなし。
後泊だし、結納返し持って新幹線で帰るのも大変ですし、
何より大仰にならないことをチョブ太の両親が望んでいるので。

いやー。
いよいよ始まるんだって思うよーどーしよー!
結婚式まで200日きっちゃってたし。

はわわわわ…。
どきどき。
posted by おしゃべりひよこ at 00:34 | Comment(4) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おまかせあれ!
プロって言っていいのかな私‥
駆け出しのプロってことにしよう。
和ませ力には定評がありますので。
カット数、納品方法はまた相談しましょ。
落ち着け落ち着け〜(^o^)/
Posted by かょこ at 2008年10月20日 17:39
>かよこ
すんげープレッシャー与えてごめんね。
でも、ずーっと気心知れた人に撮ってもらいたいってのはあったのです。ヨロピコ!

いやYOUはプロでしょ。プロは心構えだけでなれるものだと思います。
世の中プロって名乗りながらだらだらアマチュア気分の人もたくさんいるしね。
好きなことを仕事にしたいと言い訳しながら、ずるんずるんと生きてる若者の多いこと。
わしはぼろぼろになって苦しみながらでも、写真を生業に選んだ君とトモダチなのを誇りに思っているよ。
Posted by なみすけ at 2008年10月20日 19:51
(TДT)
感激
Posted by かょこ at 2008年10月20日 20:07
セリーヌ ショルダーバッグ
Posted by セリーヌ バッグ 新作 2013 at 2013年11月02日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。