2010年04月03日

ぐりちゃん(18w6d)

明日は友人とお花見です。
おにぎり持ってくって豪語してますが、おにぎり作るの苦手だったわ…。
(手が小さくてうまくにぎれない)
むー、鍋炊飯でがんばる。


本日、1ヶ月ぶりの診察でした。

わしが行ってる産院は、先生の目の前で体重計に乗るのでごまかせません。
なので、昨日からカロリー制限…(遅)
会社で振る舞われたケーキを我慢したおかげか、非妊娠時+1.2kg増。
前回+0.25kgなので、1kgに収まった〜!
1ヶ月に1kg増ペースを指導されてるので、いい感じです。
相変わらず血圧は低い。

今回は早産チェックがありました。
子宮の出口がちゃんと閉じているか、そこに問題はないか、
胎盤の位置は良いかを調べます。
子宮の出口が短いと早産傾向があったり、
胎盤と出口がかぶっていると、出産時に大量出血の可能性があったりするのだ。
こちらも、特に問題なしでした。

おなかエコーでは、性別を聞いてみた!!
が、足を閉じているためわからず…。
お楽しみはまだ先よ〜ってことですかね。
前回よりあらゆる骨がしっかりと見え、ちょっとびっくり。
背骨にあばら、頭蓋骨、大腿骨に腕の骨。
あと、心臓の部屋がちゃんと分かれてるか、胃が出来てるかも見せてくれました。
ぐりの輪切り映像…(笑)

「手のひらに乗せて、ちょっと足が出るくらいの大きさ」だそうです。
おっきくなったねーぐり。
これからもすくすく育っておくれ!

週1でひどい腹痛を引き起こしていた便秘ですが、
母親学級で教わったとおり水分補給をマメにしたところ、改善の兆しが!
は〜良かった。
どうしても水分をとると頻尿になりますが、あの腹痛よりマシです。
食事の量が少ないので4食に分ける方法も、
極端な体重増加に気を付ければ大丈夫だそうです。
今のところ、お手本のような順調さでございます!

昨夜、やっとチョブ太が手を当ててる時にぐりが動いてくれました。
でも「胎動なのか、なみすけがぴくってしたのかわかんない」とのこと。
そうだよなーまだまだ弱いもんね。
わしにとっては、初期のもぞもぞよりだいぶ強くなってきてるんですが、
外にまで達してはいないようです。
あ、先生に「胎動は大事。よく観察しててね」と言われました。
言われずともニタニタ笑って楽しんでおりますよ、ふふふ。


実は。
本日は、9月に流産したぴよの出産予定日でした。
病院からは成長が見られなかったので言われなかったけど、
最終月経日からだと、今日だったんです。
お空で元気にしてるかなあ。
これからもおかーさんおとーさんとぐりを見守っててね。
posted by おしゃべりひよこ at 22:54 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

お花見

Image287.jpg
今日は大学の友人と花見でした。
ちょっとしかいられなかったけど楽しかった〜!
お外でごはんなんて何年ぶりだろう…。
寒かったけど、桜も満開で綺麗だった!

写真は持ち寄ったごはんたち。
鍋炊飯でおにぎり作って行きました。
ぐりが産まれたら、こうやっておにぎり作る機会が増えるんだろうな。

ぐりは今日から19週。
5ヶ月最後の週です。
みんなになでくりされて楽しかったね〜!

さて、今夜はカロリー制限だな…(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 21:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

変な夢

コンビニパスタで吐きそうなくらいおなか一杯になる…。
この調子で3食だと、成人女性として明らかに足りないな。
困ったもんです。


昨夜、変な夢を見ました。
φ(`д´)メモメモ...

1つ目。
舞台は、おそらく実家。
そこのカラーボックスの上に、陽炎が立ってるのが見えました。
「え?何故こんなとこに?」
と思った瞬間、なんと炎が出現!!!

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

「火が出た〜!」
と騒ぎながら、台所でポケーっとしてるおかんを押しのけて水を汲み、
ばっしゃーとぶっかけました。
が。

バチバチー!!

と凄まじい音。
はう!コンセントがあった!!!
まだぽーっとしてるおかんをブレーカーのとこに連れて行き、切ってもらう。

やっとこさ鎮火…。

一体何が原因だろう?と探ったところ、
カラーボックスの上に爪用のオイルと、たぶん化粧品系のなにかが2つ置いてありました。
その3つがこぼれて化学反応起こして発火、という状況らしい。
いやー小火で良かった良かった!

という夢。


2つ目。 ←2度寝したため
自分の赤ちゃん(うまれたばっかり)を、
お風呂に入れていたことを突然思い出す。
つーか、なんで赤ちゃんから離れてるの!?!?
慌ててお風呂に行くと、おくるみにくるまれたまま湯船に沈んだ赤ちゃんが…。

真っ青になって、抱き上げ、
「なんで大事な大事な子供をほっといたの!?なんで死なせちゃったの!?」
と必死に耳や口から水をかき出す。

が、その作業をしているうちに、赤ちゃんが沐浴練習用の人形であることに気づく。
あれ…??
思い返せば、お風呂に沈んでいる段階から人形だったな…。

わしの赤ちゃんはどこにいるんだっけ?

あ、そうだそうだ、おなかにいるんだ!
だから人形が水に沈んでも、おなかで元気にしてるんだ!
良かった…良かった!!


こういう夢でした…。

2つ目の理由はよく分かる。
昨日は胎動が少なくて、ちょっと心配だったんです。
いつもなら寝る前にぽこぽこするのに、ほとんど動かず…。
不安なまま寝てしまったので、それが夢に現れたんだと思います。
ついでに言うと、どうも週末にリラックスしてる時の方が動くようです。
さらにどうでもいいけど、電車が好きらしく、乗ってる時にぽこぽこします。

1つ目がな…謎。
夢で火を見たのは初めてです。
ちょっと調べたら、火は情熱やエネルギーを表すらしい。
これからなにかが新しく始まることを暗示してたりするんだと。
知らんけど。

3つの薬品から火が出たってのもポイントなのかな。
3つって、もしかして「わし」「チョブ太」「ぐり」のこと?
新しい生活は、もうすぐそこだよーってことでしょうか。
うーん、あと半年はおなかで育っていただきたいとこですが(笑)
この頃、「半年後にはこの子がうまれるんだなー」と考えることが多いからかな?

ま、占い師じゃないし、よぐわがんね。
けど、不思議な夢でした〜。
最後にはどっちも安心してて、後味も悪くなかったです(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 15:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

祝☆6ヶ月

本日から妊娠6ヶ月に突入しました〜☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
週数で言うと20週0日。
十のケタが変わると、感慨深いものがあります。
胎動は、もぞもぞ→つんつん→もにょもにょ、ぽこぽこ に変化しました。
たまにボコン!ってのがあるんですけど、面白くて大笑いしてしまいます。
ここ1週間で、チョブ太でもはっきり分かるようになってますぜよ。

ぐり、大きくなったね!
おなかに来てくれて、ありがとうね。
これからもぐんぐん育つのだよ〜!


では、5ヶ月の振り返り。

■思いっきり風邪を引く(1週間半で完治)
■つわりは完全に決着
■ひどい便秘→激しい下痢を週1で繰り返す
■17w6dで初めて胎動を感知
■水天宮へ安産祈願
■産院の母親学級に初参加
■マタニティ下着、ベリーベルトに頼り切るようになった
こんなもんかな?

見苦しいですが、おなか写真を載せてみます。
おしりがたれていたり、必要以上にぽちゃぽちゃしてるのは
気にしないで下さい。懇願。
16w0d.jpg16w0dのおなか写真。
自分の自覚より、写真で見た方が出ててびっくり。
わざとおなかが目立ちやすい服来てるからなので、
普段着着てるとまださほどわからない感じでした。

17w0d.jpg17w0dの写真。
え?16w0dより引っ込んでない?
実はですねー、
前夜にものすごいおなか壊しをやったのです。
おなかの中のものがALL出きってるので
ぺちゃんこなのですよ。

18w0d.jpg18w0dの写真。
すこーし出てきました。
が、この頃は便秘に悩まされていたので、
必要以上にでかくなってるような…。
まあいいか。

19w0d.jpg19w0dの写真。
16wの写真と比べると、出てきてます。
実感としては、
5ヶ月の後半2週間でぐぐっと大きくなった感じ。
このあたりから、普段着でも「大きくなってきた」と人に言われるように。
でもコートを着ると分かりませんです。

5ヶ月に入ったとたんに悩まされていた便秘ですが、改善してまいりました!!
いやもう冗談抜きでひどくて、1週間便秘→激しくお腹壊し を繰り返すという…。
しかもおなか壊しの痛みが1〜2時間続く。
3週間続いた時は、おなか壊しが怖くて食べたくないってくらい
追いつめられてました。

栄養士さんに相談して水分不足を指摘された後、
意識して水分をとるようになったところ改善の兆しが!
そんでもってルイボスティーを常飲するようになったところ、
ほぼ完全に改善致しました。
もちろん、油断せずに食物繊維もとってますよ。
便秘は唯一の健康上の気がかりだったので、
改善して本当に嬉しかった…( ;∀;)

ただ、これが改善したとなると体重増加が気になるところ。
最近、甘い物(特に生クリームとアイス)が食べたくてしょうがない。
次の検診まで+1kgになるよう頑張らねば。

ついに妊娠生活の折り返し地点にやってきました。
ついに…!
あと半年、ぐりを大事におなかで育てていきたいです。
そんでチョブ太と2人の時間を大切に楽しみたい。
ぴよ、見ててね!
posted by おしゃべりひよこ at 21:21 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

タンデムタンデム

産後、ホルモンバランスの影響で一時的に夫のことが嫌になる人、いるらしい。
わしもなるのかな〜でも絶対やだー!
怖いなー陣痛よりそっちが恐ろしいわい。


週末、代々木公園に行ってきました〜。

妊娠前からチョブ太と「タンデム乗りたい!」と言っていたのですよ。
あ、タンデムって2人乗りの自転車です。
サドルとペダルだけ2つついてるのだ。
去年の秋くらいに、埼玉のでかい公園に行ったらタンデムはない…。
そのかわり、マウンテンバイクでがんがんスピード出せました。
意外とタンデムの貸出ってないのよねー。

ってことで、おなかが大きくなって乗れなくなる前に、
タンデム乗りに行きましたよ!
ちなみに、妊婦は自転車に乗っちゃいけないってワケじゃないです。
転倒しておなかを打ってはいけないので、ほとんどの人が避けているのです。
おなか大きくなるとバランス悪くなるしね。

行ってからびっくりだったんですけど、代々木公園って人多いのね。
花見シーズンだったからってのもあるでしょうけど。
だってこんなんですよ。
代々木公園花見.jpgどん。
「人ごみを見に来てるのか?」と思うほどの人うじゃらー。
場所によっては竹下通り並じゃないのかな。
トイレは男女問わず長蛇の列。
みんな根性あるな…。

タンデム.jpgタンデム乗りながら、
あまりの人ごみっぷりに
( ゚д゚)ポカーンとしているところ。
いやほんとびっくりでした。
こないだわしがやった花見とは違いすぐる…。


タンデム、楽しかったですよ!
前列がハンドル操作とブレーキとペダルこぎ、
後列は後輪ブレーキとペダルこぎ。
が、わしはちびすけなんでチョブ太の背中で前が全く見えず。
運転は完全に任せきりで、ペダルにも足乗せてるだけ ←これは怠慢
チャリに乗ってるというより、
子供向けのヌルいアトラクションに乗ってるようでした(笑)
一度前後を交代しようと試みたものの、
前列の方がサドルが高くて乗れなかった_| ̄|○

こぎ始めが難しくって、あっちへよろよろ、こっちへよろよろ。
スピードが出たら出たで、
わし「こぎこぎこぎこぎ…」
チョブ太「ちょっと待って!前に人がー!」
みたいなことが多発。
前が見えていないので、いつスピード緩めていいのかよくわからんのです。

サイクリングコース2周だけで、けっこう疲れたし楽しかったです。
そんで、しばらくチョブ太はタンデムを1人で運転して遊んでました。
いや楽しかった。
また乗りたいなー。
どっかに3人乗りとかないのかな(笑)


帰りにはマタニティ服専門店へ。
途中、疲れていたせいか、ちょっとチョブ太とケンカっぽくなっちゃった。
ごめんねチョブ太…。

マタニティ服専門店ですが、ちびなわしにはサイズが無理でした。
ああ…またこのパターンか…(´・ω・`)
9号〜フリーだもんなーぶかぶかすぎる。
専門店なら!と淡い期待をしてましたが、見事打ち砕かれましたよー!


この服に関しては、また記事にします。
とりあえずタンデム楽しかった&代々木公園の花見は人見でした。
みんな根性あるなー… 
posted by おしゃべりひよこ at 12:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ちび妊婦

今日のぐりは大人しいですー。
たまーにぽこ、とする感じ。
先週末からやたら動いていたので、疲れてお休みデーなのかな?


今回はちび妊婦のマタニティ服事情です。
困ってます(笑)

145cmのちびすけさんなので、普段着ですらサイズがなくて困ってました。
だいたい5号、モノによっては7号。
ユニクロの女性用Sでもちょっと大きいくらいで、
上ならキッズ用150でぴったりなのだ。
さすがにキッズ用の下は、骨盤の大きさがまるで違うので入りません。
裾に柄の入ったパンツなんて、かなりばっさり切っちゃうので買えません。
試着時は時代劇のながーい袴状態です。
ちなみに足は22cm。
小さい服専門店じゃないと、なかなかぴったりサイズはないのです。

使ってるお店は
クリスタルシルフ(キレイ系。パーティドレスとかで利用)
S357(オフィス〜普段着までイケる。実店舗あり)
NanoStyle(ネットのみ。でも説明は詳しい。珍しくブラックフォーマルあり)
■靴はちゃんとしたのは百貨店、普段は新宿アルコットで購入。
 ABCみたいな安売り店じゃ絶対サイズないので買えない。

元々、ふらっ立ち寄って服や靴購入、なんてことができないのです。
無駄遣いしなくていいけど。
こういう状況だったので、
妊娠初期に心配してたのが「マタニティ服着れるのか?」ってこと。

そんで、おなかが大きくなってきた今…


やっぱ無理でした(ノ∀`)タハー


マタ服はサイズ設定がMとかLなので、もう無理。
そんでゆったり目に作ってあるのでさらに無理。
マタニティ服専門店にわずかな望みをかけて行ってみましたが、フリーか9号…。
妥協して7号のわしには無理すぐる。

ぐんぐんおなかが大きくなってる今、かなり焦りました。
下は手作りベリーベルトでなんとかなりそうですが、上がダメだー。
裾がふわふわするのが苦手で、腰周りがしまっている服しかない(特に夏物)
ぎゃーぎゃー。
小さい服専門店で、地道に裾ふわを探してはゲットしてますが、
夏物がやはり足りない。
まずい。

そんな中、半ばヤケでユニクロに行ってみると…
裾ふわフィーバー中!!!
ええーユニクロこういうテイストだったっけ!?
ワンピやチュニック、裾ふわトップス、ロンTが豊富。
ユニクロSならちょっと大きいくらいだから、妊婦の今ちょうどいい!!
安いし!! ←重要
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

と、いうわけで服は何とかなりそうですー。
純粋な「マタニティ服」というカテゴリには手出しできませなんだが。
下は…もう手持ちでなんとかします…。
ちびは大変だなー。


服ではありませんが、下着も曲者でした。
2枚980円みたいなものは、でかすぎてイライラ。
安物はストレッチ素材がいい加減なので、すぐクタってでかくなるー!
1番良かったのはワコールで、初期〜臨月まで使えるストレッチ抜群のショーツ。
これはちびでもフィット感あって良いです。
マタニティタイツなんぞは、もう諦めてちょっとデカいけど使ってます。


これからおなかがどこまで大きくなるか分かりませんが、
手持ちと裾ふわとベリーベルトでなんとかなりそうです。
つーかなんとかする。

入院用の前あきパジャマも探すのに時間かかりそうなので、
そろそろ探そうかなー。
posted by おしゃべりひよこ at 12:00 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

「うまれる」と新しい命

おなかが大きくなってきてます。
寝てて起き上がる時や、座ってて立ち上がる時に
「重い…」と感じることが増えてきました。
仰向けに寝ていたんですけど、試しにシムスの体位で寝てみました。
シムスの体位って1番リラックスできると言われてて、
赤ちゃんに血流が行きやすいんだとか。

やってみた感想。
よだれがだだモレる(笑)

ラクだけど…よだれどうしよう…。


えーと、映画「うまれる」関連記事です。

4月16日(金)19:30〜 NHK総合「特報首都圏」
※再放送は4月17日(土)10:05〜


こちらで30分、「うまれる」が特集されるそうです!!
つーか明日やんけ!!
録画予約忘れないようにしないと。
オススメなので、是非ともご覧あれ〜!!

残念ながら首都圏のみらしく、地方は見れないそうです…。
動画サイトにあぷされないかな。


そしてそして。
今日、とってもとってもびっくり&嬉しいことが。

ずっと読んでいる天使ママのブログ。
出産予定日に亡くなっていることを知り、翌日赤ちゃんを産んだそうです。
なんとこの方が、現在妊娠8ヶ月なんだそうです!!

初期に流産しているわしより、ものすごい不安と闘っているはずのママ。
しかもその闘いは、現在進行形でしょう。
わしは一度もぴよの姿を見ることが出来なかったけど、
このママさんの子は、予定日までおなかで元気だったのですから。
妊娠8ヶ月目にして初めて公開しているという事実が、
それを物語っているように思います。
不安だけではなく、亡くなった子の1歳の誕生日までは、
その子のことを綴りたいというあたたかい気持ちでもあったようです。

ママさんの気持ちを考えると、軽々しく「おめでとう!」なんて言えません。
でも、本当に心の底から良かったなあって思っています。

きっとおなかの中って、
神様の世界とこちらの世界をつなぐトンネルみたいなとこじゃないかな。
でも、トンネル自体は限りなく神様の世界に近いというか。
トンネルを出るまでは、こちらから手出しすることがほとんどできないってイメージ。
トンネルを引き返す子はたくさんいるのです。

トンネルを出ても子供のうちは、神様の世界の影響を残している。
成長するにしたがって、神様の影響が薄れていく。
だからこそ、大人に見えないものが見えたり、
子供独特の感じ方をしたりするんじゃないかな。
そして、影響が色濃く残る新生児は、ふと神様の世界に帰ったりする。
そんなイメージを持ってます。
ま、勝手な妄想ですけど。

そういうイメージだからか、
わしのおなかでぐりと空に帰ったぴよが楽しく遊んでいる姿が浮かぶ時があります。
それはそれは楽しそうです。
ぴよに守られて、ぐりも幸せそうです。
勝手にそう思い込んでます。

きっと、天使ママさんのおなかの子も、空に帰った子と楽しく遊んでいるでしょう。
同じママのおなかに宿れた幸せを、ぴよぴよお話ししているのでしょう。

天使ママさん、きっと出産まで不安はつきないと思います。
こんなこと言われても、なんともいえない気持ちだとは思いますが、
本当におめでとうございます。
天使ママさんの健康と、おなかの子の健やかな成長と、お空の子の幸せを祈ってます!
うちのぴよちゃんとも仲良く遊んでちょうだいな〜。
posted by おしゃべりひよこ at 18:21 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

21週目

Image290.jpg
今日からぐりちゃんは21週に入ります!
大きくなってます。

電車や車に乗ってる時に、もにょぽこします。
そんで、ごはん作り中にも。
いいにおいするから?(笑)
おなかをじーっとみてると、ボコッて動くのが見えますぞーすげー。

写真は、先輩妊婦のうめさんからもらった絵本&デカフェの紅茶!
ありがたい!
紅茶はチョブ太が気に入っちゃって…
それわしのですよ(笑)
絵本はたまに読んでます。
ペネロペの絵本には、ひまわりの種がついていたので、
ぐりが産まれたら一緒に育てよっと!

うめさんは来月出産…!
安産をお祈りしてます!!

我々もがんばろーぜー!ぐり!
posted by おしゃべりひよこ at 23:10 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ちょうちょな我が子

今日は朝から久々に嘔吐しました。
しかも朝ご飯食べてすぐに。
昨日の夕食も半分しか食べられず、おかしいなーと思っていたので
大事をとってお休みを頂きました…。
休みがちでゴメンナサイ。
そして、ほぼ何も食べずに丸1日寝てましたよ。
疲れた自覚はなかったけど、そうだったんだろうな。
ぐりはもにょぽこしてるので、それが救いです。


2日前に不思議な夢を見たので、その記録です。
相変わらず内容としてはブッ飛んでます。

今話題の村上春樹さんの「1Q84」。
夢の中では、これを書いたのが1匹の蝶なんです。
どーやって書いたんだかさっぱりですが(笑)

モンシロチョウの1.5倍くらいの小さな蝶で、
羽に鮮やかな黄緑の模様がありました。
それがテレビかなんかで紹介されていたんですが、見た瞬間
「あ!このちょうちょ、見たことある!」
とびっくりしたんです。

数年前に、宮崎の実家の客間にふらりとあらわれた蝶だったのですよ。
黄緑の模様をよく覚えていました。
そんな有名な蝶が、何故うちに来てくれたんだろう?
わ〜すごいすごい!!
立派になったな〜すごい!!

そんなふうに感動している夢。


またも謎すぐる…。


こないだの小火の夢と同じく、夢に蝶が出てくるなんて、
これまで一度もなかったことです。
初めて。

夢の状況はおかしいですけど、残った印象としては
「前も来てくれて嬉しかったけど、今度は立派になったね〜!」
という嬉しさのみ。
あの蝶って…もしかしてぴよちゃん??
過去一度だけ来てくれて、今度は立派になったって…赤ちゃんのこと?
うーん、不思議だ。
1Q84は、その日の夜に本屋をぶらぶらしたせいと思われます。


確かに、最近「ぐり大きくなったな〜」としみじみ感動してます。
この子は外に産まれる準備を着々と進めてるのね。
来週には、もう「流産」ではなく「早産」という扱いになります。
まだまだ産まれるには未熟すぎるのですが、生存確率はゼロではなくなるのだ。

ぴよは、エコーでも姿を確認することはできませんでした。
一度だけ「これかも」と言われたけど、素人目にはよく分からないし、
きっと数ミリだったと思います。
なので、わしは「ぴよの姿」をはっきりと見ることができなかったんです。
女の子か男の子か、それどころかヒトとしての姿すら見られなかった。

手術後、取り出した内容物(ぴよとぴよのおうち)を病理検査に出して、
その検査結果表をちらりと見たんですけどね。
忘れられません。
内容物の形状とか書かれた欄に、アメーバーのような形が描かれていました。
「わしの中では、ぴよははっきり存在してたのに、ぴよは形にもなってなかったのか…」
としょんぼりした記憶があります。

会いたかったな。
成長していたら、どんなお顔だったんだろう。

姿が見えていれば見えていたで、つらかっただろうと思います。
初期流産でも、時期によってはお骨が残ることもあるので、
きちんとお葬式をされている方も大勢います。
でも、わしの手元にあるのは、病院の領収書と胎のうのみのエコー写真、
陽性が出た妊娠検査薬と保険会社に提出した手術の内容証明書。
あと、わしとチョブ太の中にある大事な思い出。

こういう経験があるので、ぐりが15週を越えたあたりから
「もし、万が一、この子にもしものことがあっても、お顔を見ることが出来る」
というのがひとつの支えになっています。
かわいいねって抱っこしてあげられる。
今でもそう思ってます。

その分、ぴよの姿はふわふわしたまま。
ぐりですら2Dエコー写真じゃ顔がよくわからんのですから、当たり前ですね。
だから、ちょうちょで出てきたのかな?
ちょうちょって生でじっくり見るとキモチワルイので(笑)
遠くから見るのが好きなんですが、
夢のちょうちょはじっくり眺めても「かわいいな〜キレイだな〜」と思ってました。
そもそも、わしの大好きな黄緑であらわれるあたりがぴよっぽいです。

うーん、我が子はちょうちょだったのか。
いいじゃないか、ステキ!
今、「そうだそうだ!」と言わんばかりにぐりにボコボコされてるので、
そうなんだね(笑)

光に包まれて、やたらキラキラしている夢でしたな。
満足満足。

そんで、翌日は新生児におっぱいをあげている夢を見ました。
最初はなかなか出なくてふにふに泣かれちゃったけど、
途中からちゃんと出るようになってましたよ!

こういう夢ばっか見てますねー自分で自分が面白いです。
posted by おしゃべりひよこ at 23:44 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

歯医者&助産師外来

マタニティブラ、安く買ったのがもうダメっぽいです。
ぜーんぶMサイズのはずなのに、安い物ほどキツく感じるようになってしまった。
どんだけ成長しとんねん(笑)
生き残るのは高かったワコールか…。
出産時の準備品の中に「ゆったりめのブラ」とあるので、
安いのは現段階でアウトとなります。
うーん、やっぱ生地の違いだろうなあ。


今日は歯医者に行ってきました!
ので記録。

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れやつわりで歯磨き拒否などで
歯や口内トラブルが多くなるのです。
なので、中期以降に歯の検診を受けるよう勧められます。

ぶっちゃけ痛いとこも気になるとこもほぼない。
けど、さすがに5年近く行ってないので虫歯が心配…。
良い機会だし、行ってみるか!という軽い気持ちで探しました。
ぐりが産まれたら必ずお世話になるだろうし、歯医者のお試しって意味も込めて!

行ってみた歯医者さんは、受付の人も電話対応も優しい〜(*´∀`)
妊婦ってことを気遣ってくれるし、とっても過ごしやすかったです。
久々すぎて緊張してたし、良かった。

検診の結果、虫歯ゼロ!!v(´∀`*v)ピース
「歯磨きも上手に出来てる」と誉められた〜。
だって歯磨き好きだもん…つわり中でも無理にやってたし(笑)
ただ、長年の放置で歯石が溜まっているらしく、とってもらいました。
歯石予防のブラッシングや歯間ブラシなどを指導されたのですが…

ブラッシング指導中に出血!

妊娠中は歯茎から出血しやすいと聞いていたし、
最近口をすすぐ時に血が混ざるので「あら〜」程度の軽いものでした。
が。

歯間ブラシしたとたんにダラダラ流血!!!( ゚Д゚)ウヒョー

今度は思いっきり鉄の味がするほどの流血。
自覚はなかったけど、下の歯茎が腫れていたようです。
歯間ブラシするたびにタラーっと…(笑)

歯石は奥の方にあるけど、歯茎が腫れててうまくとりきれないので、
もう一度通うことになりました。
本当はさらにもう一度通って欲しかったらしいけど、
歯茎が腫れてちゃ難しいので、産後落ち着いてから行くことに。

虫歯ゼロでよかったー!
歯間ブラシ頑張ります。
そして、ぐりは若い女性の歯科衛生士や先生が近付くとポコポコ…
え、若い女性好き!?(笑)


後は、助産師外来に行ってきました。
うちの産院は、20週を過ぎた頃に助産師外来があるのです。
が…

普通、診察+助産師外来らしい。
「助産師外来だけで来たの!?」とびっくりされてしまった!
はうー知らなかったとは言え恥!!

でも、「せっかくだしね!」とやってくれました〜。
うう、優しいぜ。

内容は、分娩予約と分娩方法、準備品の説明でした。
出来ればカヨヨヨーに出産時写真撮ってもらえたら…と期待していたんですが、
うちの産院は立ち会い出産は夫のみ(子供は衛生上の問題で不可)。
しかも、同時分娩や緊急時、夜間などの条件が重なると、
夫の立ち会いすらアウトになるらしい。
あう〜こりゃ無理そうだわん。

せめて、カヨヨヨの仕事があいていれば、出産後の家族写真をお願いしたいなあ…。
初孫だから、両家メロメロだろうし(笑)
わしはその時、ヘロヘロそうだしな。

後は、おっぱいケアの説明。
初めて病院でパイを晒したぜ!(・∀・)
その時の助産師さんの「浅いのね!」って一言にびっくり(笑)
浅い!?
要するに、赤ちゃんが吸い付くとこが短いねってことです。
なので、これからマッサージして吸いやすいパイにしていかねばならんのだ。
ただ、パイへの刺激はおなかの張りに影響することがあるので、
張ったらすぐ中止!は鉄則のようです。
がんばろ。

体重は、前の診察より1キロ以上増えていたんですが、「問題ないね〜」とのこと。
え、いいの?
「間食控えてくれれば、普通に食べて問題ないよ」ってさ。
おお、そうなのか。
ちょっと体重に過敏すぎたようですな。

そして…相談。
とある試験を受けるつもりだったんですが、試験日がなんと37週!!
いつ産まれてもOK!な時期にモロ重なってましてね。
大丈夫だろ〜と思っていたけれど。
早産や誕生死とか、出産について勉強するうちに不安に。
しかも、近いだろうけど試験会場どこになるかわかんねーし。

助産師さんは「…う〜ん…」渋い顔。
答えは
「ダメ!とかいいよ!は、やっぱりあなたの決断。
 ただし、何が起こるかわからない状況、というのは考えておいて。
 何も起こらないかもしれないけど、それは結果論。
 もし遠くの会場だったら、例え救急車を呼ばれても、
 飛び込み出産は受け入れてもらえないことが多い」
ということでした。
これは旅行にも言えることだとか。
「ステキな資格試験だから、受けて欲しいけどね〜」と言ってました(笑)

でも、この一言が効いた。
助産師さんが、カルテを見ながら
「…前回、こういう思いをしているからね」
とぽつり。

その瞬間、これまで知った早産経験や天使ママのブログが
ばーっと頭を駆けめぐりました。
そうだよ。
ぐりを体張って守れるのは、わししかいないんだ!
見守ってくれてるチョブ太やぴよちゃん、
ぐりとの対面を楽しみにしてくれてるみんなもいるのに。

チャンスはまだあるんだし、試験は来年に持ち越そうと思ってます。
ぐりの命には替えられない!
さすがに安定期の旅行とはワケが違いますからね。
いつ産まれてもおっけーってことは、試験中に破水したっておかしくないんだし!
あと、試験監督もヒヤヒヤだよね(笑)


いやはや、充実した1日でした。
いっぱい歩いていっぱい情報得ていっぱい食べて寝たし!
おかーさん頑張るよう!!
posted by おしゃべりひよこ at 21:33 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

男のお産塾 その1

今日は記念すべき日でございます。
うちのぐりちゃん、

ついに22週を迎えました〜!!!

わーいわーい!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
産まれても、22週から「流産」ではなく「早産」という扱いになります。
万が一産まれても、生存確率0%ではなくなります。
とはいっても、今のぐりは500mlペットボトル1本分の体重。
まだまだ生き残るには未熟です。
おなかの中で、もっともっと産まれる準備が必要なのです。

それでも、ひとつの目標を超えました。
よく頑張ったね、ぐり!
この子はいつか産まれるんだな〜と実感してきて、毎日嬉しいです。


そんな今日、映画「うまれる」のイベントにチョブ太と行ってきました!
イベントテーマは「男のお産塾」。
男性は、妊娠、出産にどう関わればよいの?といった内容です。

早速イベント内容に行きたいとこですが…

数日前、久々にチョブ太とぐにゃぐにゃしてしまいました。
わしらはモメた時は喧嘩、という感じではなく話し合いという感じなので、
表現が難しいんですが。

22週を迎えるに当たって、いよいよ子供が生まれた後、
つまり育児を考えるようになってきたんです。
これまで、チョブ太と二人で過ごしてきた毎日に、ぐりが加わるワケです。
今もいるけど、外見上は2人ですからね。

そこで、ふと不安になったのですよ。
大好きな人が2人になった時、どっちも同じくらい好きでいられるのかなあ。
ぐり1番、チョブ太2番にならないかなあ。
そうなったら、やだなあ。どっちも好きでいたいなあ。
でも、育児でそんなことできるの?
家事もっと手伝ってもらわなきゃダメなんじゃないの?
とかね。

最近、チョブ太はプログラムのお勉強を積極的にやっているので、
パソに向かってることが多く、寂しかったんです。
で、それをチョブ太にぶつけてしまい…
お互いに(´・ω・`)ショボーンとなってしまいました。
あ、もうこれに関しては解決してますのでご心配いりません(笑)


そういう前フリがあったので、イベントでどんな話が聞けるのか楽しみでした。
でも、出産って「こうすべき!」という意見が集まると、
ちょっと宗教じみてくるというか、
そういうのだったら引いちゃうかもなーとか心配したり。

会場は、お子様連れもいっぱい!
公演中に舞台によじ登ろうとしてる子がいたり、寝グズってる子がいたり、
かなり楽しかった〜。
そして、宗教じみていることもなく、チョブ太も寝ることなく(笑)
前フリも含めて、いろんな不安を解消してもらいました。

バースコーディネーターの大葉ナナコさん、
「わたしがあなたをえらびました」著者の鮫島先生、俳優の別所哲也さんがゲスト。
別所さんのお子様は、早期胎盤剥離で1000gちょっとで産まれており、
そんな体験談も聞けました。
あと、流産、誕生死の話も。

印象に残ったのはですね。
流産した時、「どうして?」と聞くのはやめよう、という話。
初期流産は偶発的に起こった染色体異常が原因であることが多く、
「どうして?」という疑問に答えはないのです。
この「どうして?」は流産したママにとっては、責められているように聞こえるんです。
「自分が無理をしたからなのか」とか、言われなくても考えている状況ですからね。
だから、パートナーは「どうして?」ではなく、
一緒に悲しんで、受け入れて、次に向かっていく姿勢が大事。
パートナーは「どうして?」と聞いてくる親族をシャットアウトするくらいであって欲しい、
という話でした。

わしもぴよをお空に帰した時、同じ経験をしました。
幸運にも、わしの両親も、チョブ太の両親も、友人も同僚も、
「どうして?」と聞いてくる人はいなかった。
もちろん最初は聞いてきたけど、「偶発的で、誰のせいでもない」って説明したら、
みんなそれ以上しつこく聞いてこなかった。
これが、本当に有り難かったです。

後々流産経験者の掲示板で知りますが、
流産後すぐ「不妊症の検査したら?」「仕事が原因だろうから辞めろ」
とか言われて傷ついた方、たくさんいるのですよ。
悲しみも癒えてないのに、「流産はお前のせいだ」と責めてるも同然ですからね。

チョブ太と二人で流産って事実に向き合い、受け入れられた頃に、
親戚と会うことが出来た。
親戚からは「仕事で無理したからなの?」とかストレートに聞かれました。
これが流産直後だったら、間違いなく泣いてますね。
本人は責めてるつもりはないんでしょうけど…。
でも、心の整頓が出来た時期だったので、
冷静に初期流産について説明することが出来ました。

わしの心が空に帰ったぴよを受け入れる間、
黙って見守ってくれていたチョブ太、周りの方には本当に感謝しています。
あの期間がなかったら、きっと今、ぐりを授かっていないと思う。
きっと今、笑ってぴよのこと話せなかった。

そういう経験があるので、すごく納得したお話でした。


あとは、早産・誕生死のお話。
こういうことは、いつ起こるかも分からないし、予防法もないんです。
予防法があったとしても、それを事前に知って完璧に実行してるってほぼ不可能です。
起こった時、その瞬間にそこで最善の判断をして実行していくしかない。
それで救われる命もあるし、空に帰る命もある。
でも、誰にもわからないし、誰のせいでもない。
そういうことに対する不安ばかりを抱えているよりも、
「今、できることは何かな?」
「今、できることはあるかな?」
とこの瞬間を生きましょう、というお話でした。

わしも流産経験がある以上、どうしても早産や誕生死の話には敏感です。
何度も落ち込んでるし…ブログではお気楽だけど。
でも、「もし早産したら…おなかで死んでしまったら…」と考えてもね。
答えはないんですよーい。

何度もそういうこと考えて、得た結論が
「その時がきたら受け入れるしかない」です。
そういうことを全く考えないようにするってのもアレだと思うけど。
それが起こってない今、考えたってどうしようもない。
それより今、何したらいいか考えた方が実りがある!
という考えに至り、またいつものお気楽な生活に戻っていくのです(笑)
ま、これを何度も繰り返しているんですけどね〜。

大葉ナナコさんも仰ってましたが、
「おなかにいた時間が短かろうが、
 産まれた瞬間に空に帰っていようが、
 産まれてからの人生が短かろうが、
 うまれてきてくれるって本当に素晴らしいこと」
ですよね。
ぴよだって、しっかりわしのおなかに宿ったわけだし。
ちゃんとぴよも「うまれて」いるんだ。

なんだか、他の人からこういう話を聞けて、
早産・誕生死に対する不安がより軽くなりました。
やっぱ、そうだよね〜みたいな。

ぐり、これからもよろしくね。
あなたのことは、時間がかかっても、どんなことでも受け入れるよ。
と、思いました!

うーん、長くなってきたから続きまーす。
posted by おしゃべりひよこ at 23:14 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

男のお産塾 その2

ぐりが動くー動くー。
もにょぽこ、というよりぐりんぐりんになってきました。
大きくなってきて、動きを感じるタイミングが増えたのかな?


「うまれる」イベントの続きです。
肝心の「男は妊娠・出産にどう関わればいいの?」です。

ま、すぐに挙がるのは「立ち会い出産」でしょう。
かなりの夫婦が立ち会い出産を希望し、そして実行しているようです。

が、これには面白い逸話がたくさん。
中にはものすごく出産について勉強してくる男性もいるらしいのですが、
まあ本に載ってる内容なんて平均的なもの。
実際は、そんな理想通りに行きません。
ところが、そうやって熱心に勉強して来た男性ほど
「妻の状態は異常だ!」と顔に出てしまったり、口にしてしまったり…
そして妻を不安にさせるという、なんとも残念な結果になることもあるんだとか。

あとは、やる気がありすぎてカラ回りタイプ。
このタイプは結局「うるさい!出て行け!」と
追い出されたりすることが多いようです(笑)
「どうして欲しい?」と妻に聞いたら
「出て行って欲しい」と言われたという逸話があるくらいですから。

逆に、「いたって何もできないし、しょうがないっしょ?仕事してるわ」という
出来ることは何もないと決めつけている人。
これは後々ものすごい禍根を残すので、せめて病院に駆けつけようね(笑)

ナナコさんによると、出産は本能的に行うので、
その時にやたら話し掛けられるとうざったく感じる人が多いのだとか。
言語は本能とは違いますもんな。

あと、鮫島先生が言っていたのが
「出産の瞬間に立ち会うことだけが「立ち会い」ではない。
 妊娠中に一緒に子供のことを考えることも「立ち会い」です」
というお話。
「お産が怖くて分娩室に入れず、外で震えている男性もいます。
 でも、いいじゃないですか、彼の心はもう分娩室にあるんですよ。
 そこまでの課程で出産と向き合うことが大事なんです」
おおお、ステキなお話だ!!

チョブ太は血とか苦手なお人。
でも、わしが「絶対立ち会って!」とお願いすれば、頑張って立ち会ってくれる人。

なんだけども。
わしですら壮絶だろうと容易に考えられるのがお産です。
怖いとかじゃなくてね、壮絶。
そこにド素人(しかも男性)が入り込もうって、どんだけすごいんじゃ!
昔、産屋は男性禁止だったくらいですもん。

なので「チョブ太がすっごく努力しないと立ち会えないって判断したら、
無理しなくていいからね」と話しています。
妊娠中から支えてくれてるから、大丈夫だもーん。
わし、陣痛に対してもあまり恐怖心ないし。
鮫島先生のお話を聞いて、よりその思いが強くなりました。

出産時の笑い話としてよくあるのが
「立会い出産をしたら、夫が気を失って倒れた」というお話なんですけども。
まあ、笑うくらいならまだわかるものの、
中には「情けなくて恥ずかしい」という意見をいうオクサマもいます。

おいおいおいおい。
気を失うほどの恐怖心を抑えて、オクサマの希望を叶えようと頑張った旦那様に、
なんてこと言うのだ!(#゚Д゚)ゴルァ!!
全く情けなくなんてないよ!すごいよ!
わしにはできない。
お化け屋敷チャレンジして5分で出てきちゃうチキンだし。

お互い、努力してくれたことはちゃんと認めてあげる夫婦でいたいです。

鮫島先生も言ってたけど、他の旦那さんと比較されるのがすごくつらかったって。
「あそこの旦那さんはこうしてくれるんだって」みたいなのですね。
遠まわしに「お前もやれよ」って批判してる…。
性格の差、環境の差、違いなんていくらでもあるんだから、
隣の芝生ばっかり羨んでてもいいことないよねー。

でも、やっちゃうんだよね…_| ̄|○

わしがチョブ太をへこませるのは、だいたいこのパターンです。
そういうのって比較される前から本人が「悪いな」って思ってることが多いので、
さらに他人から言われたらチクチク言われたら、そりゃへこむよね…。

うう、気を付けます。


また長くなってきたので続きますー。
ダラダラ書いちゃうなあ。
posted by おしゃべりひよこ at 21:00 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。