2010年01月14日

あけちゃってるね

うわーずいぶん時間あいちゃいました。

いまさらながらですけど、

あけましておめでとーございました(笑)

ただいま絶不調+仕事忙しいのが続いてますー。
調子のいい日と悪い日があるんですが、基本的にあんまり良くないです。
悪い日は吐いてます。
ま、寝りゃ治るんだけどさー。
一進一退。

会社でも風邪が流行ってるのか、具合悪い人多数。
ひーぎゃー。

えーと、最近は食パンのおいしさに目覚めました。
市販のやつより、圧倒的にパン屋さんのがおいしいですな。
ハマりそう。

とにかく仕事頑張りまっす。
だいぶ休んじゃったし…。
posted by おしゃべりひよこ at 14:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

絶叫!フジキューパラダイス 3

今日はとっても調子がいいですー。
なので、残ってた続き物をアプします。
ブログまともに書くの、ホント久しぶりだわ…。


えーと、フジキュー旅行の続きでっす。

紅葉の回廊から帰ってきてちょっと寝て、メンバーをオセロで打ち負かしてる間に
夜ごはんの用意が出来てました。 ←役立たず
みんなでいそいそと準備して、いざごはーん!

fujikyu8.jpgいただきまーす!
晩ご飯係が考えてくれた献立は
キムチ鍋と豆乳鍋!
ながーいテーブルがあったので、
みんなで囲んでわいわい食べました。
なんだか親戚の集まりみたいで、
子供ができてもこうして集まりたいねって話してました。

最初は外でバーベキューするつもりだったんですが、昔同じメンバーで奥多摩行った時、
外バーベキューがめちゃめちゃ寒かったこともあり(だって食材一部凍ってた)
「もう私らも年だし、暖かくやろう!」と鍋になりました(*´∀`)
しかしおいしかった…。
なんで大人数で食べるとごはんっておいし〜くなるんだろうね。

この後、ラーメンを投入したんだけど、本来は茹でてからなのに生のまま投入してしまい、
残りの汁を麺が全部吸ってしまいました(笑)
それでもばくばく食べる…みんな何かの魔術にかかっていたと思われ。

そして食後には…!
fujikyu9.jpg幹事ちゃんのバースデー祝い!!
これ、全部ホットケーキなんだよ〜。
スーパーで買い出しした時、秘密裏にバースデー祝い係がいて、
材料をかき集めていたのだ!
飾るものが足りなくて、謎の傘とか刺さってますけどね(笑)
ホットケーキにいちごが入ってておいしかった〜。
fujikyu10.jpg幹事ちゃんとケーキ。
プレゼントを用意していたメンバーもいました。
喜んでもらえたかなあ?
fujikyu11.jpgごはんとデザートが済んだら、ゲーム大会です。
奥多摩の時はツイスターと大富豪で
異常な盛り上がりを見せましたが、
今回はジェンガだぜ!

しかも、新品のジェンガを2人も持ってきちゃったので(笑)
チーム対抗戦に。
みんな真剣です…。
ちなみに結果が決まったのがなんと1時間後。
それまで飲まず食わずでジェンガ一筋のメンバー。
ちなみに、わしが崩しました!'`,、('∀`) '`,、
fujikyu12.jpgこちらは生き残ったチームのジェンガ。
これ、もう一本も抜くことができない状態。
すげえーーーー!
ここまで真剣にジェンガ取り組むって…(笑)
ジェンガは大人になってからの方が盛り上がるのかも。


この後は、小グループに分かれて花札したりおしゃべりしたり。
わしの他に結婚したメンバーが2人いて、色々お話ししたりしました。
こういうの、至福だわよね〜(*´Д`*)

わしは眠くなっちゃって、早めにお風呂を頂き
(24時間沸きっぱなしのジェットバス!気持ちよかった)
早々に就寝。
ここの宿の毛布がふっこふこですんごい気持ちよかったーーー!!
持って帰りたいくらいだった!!!

本当に、これから何年経ってもこのメンバーで旅行したいなーと思いました。
子供も連れてね(笑)
親戚みたくなっちゃうね〜。


次はやっとこさフジキューいきまっす(・∀・)



blogram投票ボタン←久々すぎて文章の感覚がわからん
posted by おしゃべりひよこ at 21:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

里帰りの夢

チョブ太がずーっと趣味でファイラー?とかいうソフトを作ってるんですが、
だいぶ前から作り続けているので、進捗状況を聞いてみた。
そしたら

「3歩下がって2歩下がるって感じかなあ」

とまじめに答えられました(笑)
ホントに作ってるのか…?
ま、「一進一退」の言い間違いだったんですけどね。


今日はとっても不思議な夢を見ました。
わしが生まれた宮崎の町に里帰りする夢。
小学校の周りを歩いたり、学校の中に入ったり。
路地を歩いている時、とあるおじいちゃんとばったり。
「わあ〜懐かしい!」
と涙がチョチョ切れるくらい懐かしい方でした。
にっこり笑い返してくれたっけ。

とってもご高齢でよちよち歩いていたんですが、
起きてからよーく考えても当てはまる人がいない…。
うちのおじいちゃんとは似ても似つかないし。
でもどっかで…
あのアゴに見覚えが…
しかもめっちゃ懐かしい…




あっ。






ひいじいちゃんだーーーーーー!!ォオー!!(゚д゚屮)屮




たぶんあってる。
あの顔はひいじいちゃんだ!

うちのひいじいちゃんは94歳で亡くなったんですけど、
あの時はわしが中学入りたてくらいじゃなかったかなあ。
いっつもおうちの1番日が当たるとこにちょこんと座ってて、
毎日毎日、新聞を隅々まで読んでいて。
会うたびに「どこの子じゃったかいのお〜?」と聞かれてたっけ(笑)
(で、名前を答えると「ああ〜○○かあ〜」って答えてた…ホントに覚えていたかは謎)

わしが物心ついた頃には、満足に歩けなくなっていたので、
ひいじいちゃんが歩いたの見たことないんです。
あと、頭もつるつるだった(*´∀`)

夢に出てきたおじいちゃんは白髪だけど髪はあったし、
歩いていたので誰か分からんかった。
でも、あのアゴはひいじいちゃんだと思う!
久しぶりに会いに来てくれたのかしらん。

なんだか、
「ああ、ここはわしが生まれ育った町なんだなあ」
とほっこりする夢でした。
何度か引越ししてるので、普段は意識してないけどねえ。

ちなみに、夢の後半は大学の九州仲間と猫のう○ちについて語っていた…。
謎すぐる。
posted by おしゃべりひよこ at 10:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

絶叫!フジキューパラダイス 4

昨日は調子悪すぎて、起き上がれるようになったのが夕方…。
寝まくったのに、ちゃんと夜眠くなるんだからすごい。


フジキューの続きですー。
やっとこさ、本題のフジキューに行きます!

朝ごはんは前日に用意済み(手際よすぎてびびった…)で、みんなであむあむ。
その後、お片づけして。
余った食材やら酒やらは、その辺にあるみんなのバッグに適当に詰めていきました。
わしのにはホットケーキミックスとビールがいくつか入ってた…。
なかには、焼いたパンが入っていた人も(笑)

この日はマラソンがあっていたので、タクシーだめかな〜と思ってたんですが、
出発時刻が送れたおかげでタクシーで移動〜。
この宿、いつかまた泊まりたいなあ。

そして…


念願の!!!


fujikyu13.jpgフジキューですワッショーイ!!
熱い!
入り口からすでに熱いよ!!
この場所からは、ジェットコースター「FUJIYAMA」の悲鳴がモロ聞こえます。

もーテンションだだ上りです。

大きい荷物はぜーんぶロッカーに詰め込んでっと。
ただ、この日は曇りで気温が低かったので、わしは手袋を装着しました。
前に違うメンバーで那須ハイランドパークに行った時、
安全バーを持つ手が凍えたのを思い出したのだよ。
そしたら、やっぱみんな寒かったらしく、手袋持ってない人は買いにいってました(笑)

入場したら、絶叫好きチームは乗り場が近いFUJIYAMAにダッシュ!!
すでに列が出来てましたが、そんなん関係ねえ。

並んでる最中に、「絶叫優先券」なるものが存在することに気付く。
目的のアトラクションの優先券を、1000円払えばゲットできるという、
なんともオトナな解決法!
ネズミーランドみたく先着順じゃないのねー。
これを知って、オトナである我々は「ええじゃないか」の優先券をゲットしました。
オトナって素晴らしいね。

そしてFUJIYAMAの感想ですが…


たぶん、フジキュー内で1番怖かった(笑)


かーなーりー高いとこまで持ってかれ、「まだ!?まだ登るの!?」といった感じ。
で、かなりの急勾配で落下するせいか

安全バーしてるけど、ちょっと腰が浮く。

「うおーたっけーいよいよ落ちるぞーい!
…え?ちょ、浮いてない?浮いてないコレぎああああああああああ〜!!!」
という感じでござった。
しかも長い。
絶叫好きとしてはかなり満足な内容であったよ。
ちょっと命の危機感じたけど。

わしが体格ちっちゃいからなのかと思って周りにも聞いてみたんだけど、
やっぱりみんな浮いたって〜。

FUJIYAMAで興奮して出てきたら、今日から参加のカヨヨヨヨがいました!!
わーいわーい!!


カヨヨヨヨの希望で、ガンダムアトラクションに行きました。
これ、ちいさな端末を持たされて、
対になる端末を探してアトラクション内を鬼ダッシュするというシロモノ(制限時間つき)
うまい具合に全て見つけきると、制服着てガンダムのコクピット内で写真が撮れるらしい。

説明聞いた時は「かんた〜ん」と思っていたのですが、
対の端末が全然みつからねえ。

ある程度はラクに見つかるんだけど、後半になるとすんげーわかりにくいとこにあり、
まるで見つかりませんでした…(´・ω・`)
ナメてましたすいません。

でも、走り回ったおかげで足がぽかぽかになりました(´∀`*)
ふつーに歩いてるくらいじゃ、末端がかじかむくらいの寒さでしたから。


長くなってきたんで、続きはまた〜。


オマケ。
fujikyu14.jpg「昨夜降ってきたばかりで大変熱いです」
みたいなことが書いてあります。
フジキューはあちこちに
こういうイタズラがしてあるので好きです。

posted by おしゃべりひよこ at 12:47 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

絶叫!フジキューパラダイス 5

おかゆに焼きたらこ入れるとめちゃうまーい!
でも、おかゆはすぐおなか減っちゃうのが難点だなー。


フジキュの続きです。
今日こそ終わらせるぜ。長いぜ。

ガンダムの次は何に乗ったんだっけ…。
水のアトラクションにも乗ったなあ。
すんげー寒いのに容赦なく水がざぶざぶかかる、ある意味絶叫マシン。
レインコート借りられるんだけど、わしの身長×1.5くらいあって、
転ばないようにするのが大変でした(笑)
おかげでどこも濡れなかったけどさー。


で、フジキュー行ったら絶対に乗りたかったのが「ええじゃないか
(↑公式サイトでは、体感映像があります。是非ご覧あれ)
これが出来た時のコマーシャル見たときから、ずっと乗りたかった。

だって
1.足がブラブラ状態
2.やたら回転する
3.上下動に加え、ひねる
こんなん、乗らなきゃ損だろ!
これを乗らずして絶叫ラブを叫べないよ!

絶叫優先権を持って、らんらんら〜と進んでいくうちに、ええじゃないかゾーンへ。
ところが、間近でアトラクションを見て怖くなっちゃったメンバーが。
確かに、間近で見るとより恐ろしい。
わしでも「うわ、コレすごそうだな」と思ったし。
絶叫が好き!と言い切れないとなかなか勇気が出ないと思う。
うちの妹なら間違いなくリタイヤ。
(かつてジェットコースターに30分並んだのに、怖くなってリタイヤしたことある)

fujikyu16.jpgというわけで、
近くのおにーさんに優先権を譲ってました。
この写真はひるんじゃったメンバーを
説得しているメンバー。
ナンパしてるようにしか見えん。
奥に見える凶悪そうな赤いのが、
ええじゃないかのラインです。

優先権を持ってると、なんと出口から入れます(笑)
そんで、マフラーとかポッケの中のもの、メガネ、挙句に脱げやすそうな靴まで脱がされます。
どんだけ振り回されるんだYO!!

で、マシンに固定されるんですが…
ガンダムにでも乗るのか?と言わんばかりのがっちりとした安全装置。
首すら回らない。
わし、体格小さいんで、体をホールドするタイプの安全装置でも動いちゃうことがあるんですが、
これは全くそんなことなく。
つーか座るとこが高すぎて、よっこらよっこら登りましたけどね(笑)
あまりのがっちりホールドっぷりに、すっごく安心しました。
日本の技術の粋を集めた、すごいマシンです。

でねー、最初後ろ向きでスタートすんの(*´∀`*)
しかもスタート時、スタッフが
「ぐるぐる回っても〜、ええじゃないか〜」
とはやし立てて送り出してくれます。
あまりのバカさ加減に、メンバーと大笑い。

走行中は、かなり振り回されます。
でも、安全装置のおかげでかなり安心して楽しめました。
腰が浮くFUJIYAMAよりも、安心感はあります。
ジェットコースターにはない動きで、かなり面白かったです。
でも、すごすぎてあんまり覚えてない(笑)
メンバーも、「すっごい安心感!」と言ってましたよ。
見た目ほど怖くないです。


この後はごはん食べて、戦慄迷宮に行こう!という話に。

ぐう…きたか!
戦慄迷宮とは、世界最長記録を持つフジキューのお化け屋敷。
フリーパスでは入れず、別料金がかかるのだ。

わしはですね。
何を隠そう、
絶叫は大好きだけどお化け屋敷は大嫌いなんですー(TДT)
那須ハイランドパークに行ったときも、
しょぼそうなお化け屋敷で絶叫(というか断末魔の悲鳴)をあげまくり、
お化け屋敷平気なメンバーすらビビらせたことがある…。

でもさ、絶叫マシン嫌いな子には「絶叫面白いよ!乗ろうよ!」と言ってんのに、
お化け屋敷になったとたん拒否ってのは、なんか自分的に納得いかない。
ここはメンバーと一緒に入ってみようではないか!

と、いらん勇気を出し、頑張って入りました。
が、順番が近づくにつれ、無言に(笑)
しかも、メンバーが大所帯だったため、2チームに分断!!(((( ;゚д゚))))

ここは、最初に数チーム入って、合同で映像を見るんですね。
怖い映像を。
わしは入ったとたんに「く、暗いよ〜(;><)」と友人にしがみついていた。
しかも、映像の途中で音でのおどかしも入り、恐怖メーター一気にMAX!!!

映像が終わると「ここでリタイヤしたい方は挙手を」というアナウンスが。
すでにちょっと泣きが入っててリタイヤしたかったんですが、
こんな大人数の前でチキンなとこ見せられるか!!(無駄な意地)

と、一応入ったものの、友人にしがみついていてロクに周り見てません。
でも、こわくてこわくて、お化けだってまだ1匹しか出てないのに

うぎゃーーーーーーー!!!!!。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚ )ノ゚。

と絶叫し、「もう出るーー!!」と泣き(笑)
1番最初にあったリタイヤ扉から逃げました(・∀・)

短い500円であった…。
でも、もう二度と入らん。
この日の夜、トイレ行けなかったもん。

で、ぐすぐす泣きながらみんなを待ってました。
友人には「意外な一面を見せてもらった」と言われました。


この後は、噂の鉄骨番長などに乗りました。
fujikyu15.jpg空中ブランコの屋根が上下動するシロモノ。
相当の高さまで上がります。
とっても気持ちよいです!!
絶叫とはまた違うかな?
しかし、寒空の中、空中で振り回されるので、
鼻水凍るんじゃないかってほど寒かったです。

他にもちょろちょろっと乗って、飛行機で帰るメンバーとお別れ。
あとは時間もなかったし、お土産選んで帰りました。

いやしかし、本当に楽しかった…(*´Д`*)
幹事さま、本当にお疲れ様&ありがとうー!
神すぐる。
このメンバーと、ずーっと仲良しさんでいたいです。
また行きたいなー。


オマケ。
fujikyu17.jpgその辺の人捕まえて、
いきなり料理作らせるコーナーの撮影してました。
「噂の!東京マガジン」ですね。
この時、何を作らせていたんだろう。
というか指がかじかんで、それどころじゃなかったろうに。
posted by おしゃべりひよこ at 12:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

授かりました

前回の妊娠が分かったのが、7月末。
それ以来、ずーっと、ずーーーーーーっとこの記事が書ける日を心待ちにしていました…!


なみすけはこのたび、




第二子を授かりました〜!ヾ(*´∀`*)ノ



8月末には、3人家族になります(ノ´∀`*)

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


年末には、妊娠が分かっていました。
でも、前回流産していて、
心配かける&自分も心配でウツウツとしちゃうので、
ブログでの報告は、はっきりと妊娠確定してから、と思ってました。

体調が悪かったのも、つわりでございます。

妊娠発覚から約1ヶ月、
今朝病院で、2pになった我が子を見ることが出来ました。
こっちが頭!こっちがおしり!と判別できて、
何より、
ピコピコと元気に活動する心臓が見えました。

良かった!
元気に生きていてくれた!
先生も順調だと太鼓判を押してくれました。
おうちに帰ってから、チョブ太の前で嬉しくて号泣しました。
(今も泣きながら書いてます)

その足で、母子手帳を受け取りに行きましたよ。
前回は受け取ることすらできなかった母子手帳。
本当に本当に、嬉しいです。


心拍確認後は、流産などのトラブルが少なくなると言われています。
けれど、心拍確認後に残念ながら流産するケースもたくさんあります。
それどころか、6ヶ月で生まれ、闘病の末お空に帰ったり、
出産予定日におなかの中で、短い生涯を終えてしまう赤ちゃんもいます。

流産や、誕生死を経験した人々を天使ママと呼ぶのですが、
たくさんの人が新しい命を待ちわびています。→天使ママ・天使パパ(ブログ村)

わしも前回、「ぴよちゃん」と名付けた子をお空に返した天使ママです。
今回は、「ぐりちゃん」と呼んでいるのですが、
毎朝出かける時に、

「ぐりちゃん、今日も一緒に頑張ろうね。
 ぴよちゃん、ぐりちゃんを見守ってね」

と思っています。
おかあさん、おとうさん、兄弟想いのぴよちゃんは、
わしの願いに応えて、
今もぐりちゃんを守ってくれているんだと思います。
ありがとうね、ぴよちゃん。


え?生まれ変わりって思ってないの?
って不思議に思う方もいるかもしれません。
が、わしはぴよちゃんが戻ってきたのだとは、今のところ考えていません。
もし、違う魂だったら、そう考えるのはなんだか失礼な気がして。
前読んだ本にも、
「例え魂は同じでも、肉体が違うのであれば別の子」
とも書いてあったしなー。
まあ、ぶっちゃけどっちでも嬉しいことには変わりないんですけど(*´∀`)

ぐりちゃん、なみすけ&チョブ太のとこに来てくれてありがとう!
これからもよろしくね。



と、いうわけで、なみすけ&チョブ太&ぐりちゃんを、これからも見守ってて下さい!
posted by おしゃべりひよこ at 15:59 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

妊娠経過 その1

妊娠が発覚するまでのことを、メモ記録。
青字は、当時を振り返って思ったことです。
日付横の ○w△d は、○週△日目を示してまーす。
週数の数え方はコチラをどうぞ。
箇条書きで失礼しまっす。


■2009年12月9日(2w3d)
凄まじい鼻炎で耳鼻科へ。
アレルギー性鼻炎と診断される。
先生に「妊娠してるかもしれないけど、まだわからない」と念のため伝えて、
薬を影響のないものに変えてもらう。
「この薬は効き目が弱いから、妊娠してなくて症状が改善しないようならもう一度おいで」
と言われる。

今思えば、この時薬を変えてもらって本当に良かった。


■2009年12月14日(3w1d)
妊娠してるかどうかが気になってしょうがないので、
めっちゃフライングだけど検査薬使用。
結果は陰性。
忘年会も控えていたし、「まあ、次があるさ〜」と楽観。

この時は尿の量も少なく、薄かった&早すぎて陰性になったと思われ。


■2009年12月16日(3w3d)
会社の忘年会。
その前に、カヨヨヨヨと会ってワンピを買い取った。
赤ちゃんの話になり、カヨヨヨヨが「はやくこいこい〜」と言っておなかを撫でてくれた。
この時、まるで本当に赤ちゃんがいるような感覚になった。
まあホントにいたんだけど(笑)
とっても不思議な経験。
そんで忘年会で酒飲んだものの、3杯で気持ち悪くなる。


■2009年12月24日(4w4d)
鼻炎が復活していて、検査薬も陰性だったし行こうかな…と思うけど、
結局行かず。
行かなくて良かったー。

基礎体温表をぼけーっと眺めてたら、高温期が17日も続いていることに気付く。
あ、あれ…?(;・∀・)
でも、前回の妊娠時ほど体温も高くない(前回は微熱程度あった)し、
眠気やだるさもほとんどない。
ネットで調べると、18日以上だとまず妊娠の可能性ありとあったので、
明日もう一度検査薬を使おうと思う。


■2009年12月25日(4w5d)
朝からネットで調べてみると、黄体存続症というものがあるのを知る。
妊娠してないのに、何故か黄体ホルモンが減らず高温期が続くというもの。
妊娠の症状ないし、これかもな〜と考える。
が、気になってしょうがないので、昼休みに検査薬を買いに行き、会社のトイレで使用。

なんと、くっきり陽性反応!!!

最初に思ったことは、「良かった!また授かることが出来た!」だった。
ちょっと泣く。
ようこそ!ようこそ赤ちゃん!!ヾ(*´∀`*)ノ

チョブ太にはクリスマスプレゼントを開ける時に、一緒に見せた。
いきなり見せたら、
「よくわかんないんだけど、これって妊娠してるってこと?」
と言われた。
そっか、陽性か陰性かわからんよな〜(笑)

本当に、最高に素晴らしいクリスマスプレゼント。


■2009年12月27日(5w0d)
大学の仲間と飲み会!
誰にも言うつもりはなかったが、とある人と二人っきりになった時、
思わず言ってしまう(笑)
それはそれは喜んでくれて、とっても嬉しかった。
シャンパン(クリコ)を持っていったら、やっぱ飲みたくなってちょっとだけ飲んじゃった。
でも、3口で酔いがきて、他の人にあげる。


■2009年12月28日(5w1d)
仕事納め。
体調が悪く、ヘロヘロ。
納会の後、トイレに行くと、おりものが茶色かった。
前回はなかったことで、「出血だ!」と血の気が引いた。
小指の先くらいのが2つ。
初期の出血は意外と多いって勉強していたので、パニックにはならずにすんだ。
どっちにしろ翌日病院に行くつもりだったので、安静にしていた。


■2009年12月29日(5w2d)
久しぶりの産院へ。
診察室に入ったとたん、「○○さん、妊娠されましたか!」と院長先生に言われた。
「こんなに早く」「よかったね」「でもまだ安心できない」など、いろんな意味を感じた。

エコーには、前回と同じく胎のうがしっかりと確認できた。
4〜5週相当との診断。
「前回のことがあるけど、今のとこ順調だし、普通の生活でいいよ」とのこと。

茶色のおりものについては、
「内診した限りでは今のところ出血はない。
 ただ、だから大丈夫か?と聞かれるとなんともいえない。
 危ない出血の前触れかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
 もし、流産の前触れだったとしても、この時期それを止める方法はない」
と言っていた。
正しい診断だと思う。
前回の経験があるから分かるけど、
特に初期流産は止めようと思って止められるものではない。
この先生の、変にごまかさないところがとても好きだ。

2週間後にまた来ることに。
ただ、前回は胎のう確認の段階で「ひとまずおめでとう」と言われたが、
今回は言われなかった。
先生も気を遣ってくれているのが、まだ安心できないってことだけど、嬉しかった。

チョブ太と話して、呼び名は「ぐりちゃん」に決定。
「どんぐりちゃん」→長いから「ぐりちゃん」に短縮。

その日の夜、大学サークル仲間と忘年会。
まだ報告できる段階でもないので、たばこから逃げつつ、
これから運転するという理由でお酒を断った。

そんで、夜中に初めてチョブ太の故郷に車で帰省。
少しでも赤ちゃんへの負担を減らす為、1時間半に1度は休憩、毛布に包まって寝てた。



とりあえず、今回はここまで〜。
妊娠が分かったのは本当に嬉しかったのですが、
まだまだなんともいえない時期でした。
posted by おしゃべりひよこ at 15:00 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

妊娠経過 その2

昨日、スーパーで買い物してたら、3歳くらいの女の子と目があったんですけど、
「なんだよ?(#゚Д゚)」
っていちゃもんつけられました(笑)
おばちゃん傷ついたよ…_| ̄|○


妊娠経過の続きです。
メモです。

■2009年12月30日(5w3d)
無事名古屋に到着。
おなかの痛みも少なかった。


■2009年12月31日(5w4d)
年越しそばと一緒にお酒を勧められたので、妊娠の可能性を告げてお断りした。
「それなのに車で来たの!?」と心配されたけど、とっても喜んでくれた(*´∀`*)

前回のぴよちゃんもお盆の直前にやってきてて、今回も同じようなタイミング。
きっと名古屋のみんなに会いたいんだなーと思ったので、今回は帰省しました。
わしはたまたまトラブルがなかったですが、
初期の妊婦さんにはオススメしないです(;´∀`)



■2010年1月2日(5w6d)
起きてから吐き気があり、お雑煮のにおいでMAXに。
トイレに行くものの、胃の中がカラで何も吐けなかった。
でも、途中から楽になった。

チョブ太んちのお墓参りにも行った。
「お嫁に来たなみすけです。
 今、おなかにあなたたちの血を受け継いだ子がいます。
 どうか守ってください。宜しくお願いします」
となむなむした。

この日の夜、車で帰った。
気分が悪いことが多く、車でもシートを倒して横になりっぱなし。
3日早朝にサービスエリアで朝食をとったが、
においがダメで(おそらくダシのにおい)すごい離れてうどんの麺だけ食べた。


■2010年1月4日(6w1d)
チョブ太仕事初め。
何を食べていいかわからず、うどんやらを食べる。
でも気持ち悪さは治らないので、ずっと寝てた。
この頃、やっと「これが噂のつわりか…?」と自覚するように。

病気はしても、気持ち悪いって状況になったことがほぼないので、
どうしていいか分からず。
妊娠が確定してから言おうと思っていたけど、
助力を得る為おとんとおかんにも打ち明けた。


■2010年1月5日(6w2d)
なみすけ仕事初め。
こんなに気持ち悪いのに…という不安も手伝ってか、朝食を全部吐いてしまう。
病気しても吐いたことがほとんどないので、びっくりしておかんに電話。
吐いたらラクになったので、とりあえず出勤して
直属の上司と仕事でパートナーである同僚には報告する。
ただ、確定ではないのでまだ黙っててくれとお願いした。

が、この上司めっちゃ口が軽く、情報だだモレでした…まあいいけど(笑)


■2010年1月7日(6w4d)
つわりに慣れず、毎日ヘロヘロ。
この日の夜、再度茶色のおりものが出現。
前回より量が多く、さすがに頭が真っ白になった。
ぐりちゃんが心配でわあわあ泣き、おかんにはダメかもしれないと電話。
翌日休んで病院に行くまで安静にした。
「ぐりちゃんがんばれーがんばれー」とおなかを撫でながら眠った。


■2010年1月8日(6w5d)
思いっきり鮮血が出る夢見て起床…。
チョブ太に車で連れて行ってもらう。
診察まで、落ち着かなかった。

エコーで胎児が見えた時は、思わず「良かったー!」と声が出た。
まだ、おたまじゃくしの仲間みたいな形。
「7週くらいかな。
 心拍が動いてるような感じがするから大丈夫だと思うけど、
 念の為、次まで確認させてね」
とのこと。
茶色のおりものについては、
「赤い出血じゃなければ、そんなに慌てて病院こなくても大丈夫」
と言われた。
とにかく一安心。


■2010年1月9日(6w6d)
この日から、基礎体温ではなく体重を測るのに切り替えた。
つわりは続いていて、おかゆが中心の食生活。
塩せんべいは問題なく食べられた。


■2010年1月12日(7w2d)
食べられるものが分からず、量が多いとすぐ気持ち悪くなるのが続く。
おかんはつわりが全くなかったようで、よくわからないらしい。
仕事も休みがちだし、チョブ太にごはんも作ってあげられないし、苦しくて
「こんなにツライなら妊娠やだー」
とまで思った。
精神的にまずいと思って、先輩妊婦のうめさんに相談メール。
励ましてもらって、落ち着いた。
あの時はありがとーございました〜うめさん!
翌日、ぐりちゃんに「あんなこと思ってごめんね」と謝った。


■2010年1月17日(8w0d)
この頃は料理なんぞ全然無理だったので、実家に食べに行く。
おいしそうと思うのに、肉は食べられず。
わずかに茶色のおりものあり。


■2010年1月19日(8w2d)
朝から吐いた。
で、ラクになってすぐ出勤。
1度吐いてしまうと、何を食べればいいのかわからなくなってしまうのが困り物だった。


■2010年1月20日(8w3d)
ぐったりしていたので欠勤。
疲れていたのか、夕方まで寝っぱなし。
この日の夜、初めてごはんが炊けるにおいで吐いた。

ユニクロのマイクロフリースで寝ていたけど、
なんとなくにおいが気になってパジャマを変えた。


■2010年1月23日(8w6d)
朝からチョブ太と産院へ。
ずーっとどきどきしながら待つ。
診察では、2cmになった我が子と、力強い心拍がはっきりと確認できた。
予定日を言い渡され、次回までに母子手帳をもらってくるように言われる。
やっとこさの妊娠確定!!

おうちに帰って号泣。
そんで、パジャマを変えてから、つわりがすごく軽くなったことに気付いた。

夜は、大学仲間と新年会。
みんなに報告し、とっても喜んでもらって、いっぱいおなかなでくり回された。
ぐりちゃん、シアワセだね〜よしよし。




以上、妊娠確定までの道のりでした。
つわりのおかげで、体重が妊娠発覚時より1キロ弱落ちましたよ。
最近は、かなり軽いです。キモチワルクナーイヽ(・∀・ )ノ
量は食べれないけど、ごはんが食べられるようになりました。
でも、再開する人も多いのでまだまだ気が抜けません。

おとといから3ヶ月に入りました。
おかーさんから栄養とって大きくなるのだぞ〜ぐりちゃん!
posted by おしゃべりひよこ at 15:00 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

天使ママたち

前回の記事で「おとといから3ヶ月」と書いたけど、
調べたら8週から3ヶ月らしいです。
なので、正しくは「3ヶ月に入って1週間経った」でした(笑)



■注意!
今日の内容には、流産・死産などが出てきます。
苦手な方はすっ飛ばしてくださいまし。














ちょっと前の記事で、「天使ママ」と呼ばれる人たちを紹介しました。
→ 天使ママ・天使パパ(流産経験・死産経験・新生児死亡)
妊娠初期の流産から、死産、誕生後に亡くなってしまった赤ちゃんのお母さん達です。

わしには、流産して以来日課みたいになってることがあって、
それが、この天使ママたちのブログを読むこと。

最初は、流産経験者限定の掲示板でした。
そこで同じ経験をした人に、励ましたり励まされたりしている間に、
心拍確認後に流産したり、死産する人もいることを知りました。
そんで、前に紹介した映画「うまれる」で、
染色体異常を持つ子や奇形を持つ子、出産日直前に亡くなった子がいることを知りました。

なんか、もっと知りたいと思いました。
自分が経験した、流産をもっと深く消化したかったのかな。

その結果、胞状寄胎、不妊症や不育症の存在も知りました。
はっきり原因が分かっている人もいれば、全く異常なしだったのに死産してる人もいます。
赤ちゃん自身の「寿命」としか言いようのないケースも存在します。


正直、天使ママたちのブログを読んで不安になったこともあります。
「わしも不育症なのかな?」
「わしの体に原因があるのかな?」
とまあ、こんな感じです。
なので、ぐりちゃんの心拍確認後でも、不安はつきません。
常に10〜20%くらいは、「もしも」を考えています。
大量出血した時の為、ずっとナプキンを持ち歩いています。

でも、そういう人たちのブログを読んでいる、と話した時に、
「そんなの読んじゃダメ!不安になるし、いいことないよ!」
と怒られたことがありました。
( ゚д゚)ポカーン でした。


確かに、そうなる可能性を知ってしまった以上、不安になって当たり前。
必要以上に神経質になって、やがてストレスになって、
体に悪影響が出るってこともあります。


でもね、それ以上に、天使ママたちのブログからは素晴らしいものを頂いてます。

お空に帰っていった子どもへの、深い深い愛情。
そして、赤ちゃんを授かって、無事育つことが、
どんなにすごい奇跡かってことを教えてくれます。

天使ママたちは、みんな凄まじい悲しみと喪失感を乗り越えて、必死で前を向こうとしてます。
お空に帰った子達と一緒に頑張っています。

妊娠するって奇跡、ってのは割と知られているんですが、
「無事育つ」ことが奇跡、ってのはあまり知られていないんですよね。

毎日薬を飲んで、妊娠に備えている人たちがいます。
途方もない経済負担をして、激痛に耐えて卵子を取り出し、
何度も体外受精に挑戦している人たちがいます。
妊娠が分かったとたんに、妊娠を継続するため、毎日自己注射している人たちがいます。
トイレをベッドで行うほどの絶対安静の中、
赤ちゃんが少しでも長くおなかにいられるように祈っている人たちがいます。
何度も流産を繰り返した後、やっと妊娠して、
診察で無事が確認される度に号泣する人がいます。

「無事育つ」って本当にすごいことです。
素晴らしいことです。
当たり前ではないんだな、と教えられます。


そういうブログを見ていると、
今授かっているぐりちゃんを大切にしようって勇気が湧いてきます。
ぐりちゃんの寿命が80年なのか、あとひと月なのか、わしには全く分かりません。

だからこそ、シアワセな気持ちを届けてあげたい!!
きてくれてありがとうっていっぱい伝えたい!!
そう思ってます。

もちろん、無事に育って生まれて欲しいですよ〜!
でもこればっかりは、神様の領域だからなあ。


わしも、妊娠に挑戦するまでは
「子供なんてできて当たり前」
「避妊しなければ妊娠できる」
と思っていたクチです。
が、他の動物と違い、人間はとっても妊娠しにくいのです。
その代わり、月に1回という頻度でチャンス(排卵)があるのだとか。
(他の動物だと年1回だったりする)

いや、深いね〜新しい命を授かるってことは。


わしはこれからも天使ママのブログを読み続けます。
そんで、未体験の妊娠生活や育児に不安を感じたとき、勇気をもらいます。
気取った言い方だけど、死を見つめることは生を見つめることなんだと思うわけです。

基本的にはロムってるだけの嫌な読者なんですが、一度だけコメント入れたことがあってね。
その天使ママは、予定日前日に赤ちゃんが亡くなって、翌日自然分娩をされたのです。
わしは流産したけど、赤ちゃんすら見えなかったので、
悲しみが違いすぎると思って遠慮してたんだけど、思い切ってコメントしたのだ。

そしたら、
「一緒に過ごした長さに関わらず、我が子を亡くすのはとてもつらいこと。
 これからも、一緒にお空の子に愛を届けていきましょうね!」
と返してくれたんです。
見ず知らずの人が、姿も見えなかったぴよちゃんを人間だって認めてくれたのが、
めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えてます。

こんな風に、悲しみを知ってるからこそ、とってもやさしく、強い天使ママたち。
不安は尽きないけど、天使ママたちのブログを読むと、
なんというか覚悟が決まって穏やかな気持ちになれます。

やがて生まれてくるぐりちゃんと、見守ってくれているぴよちゃんの為にも、
精神も体力も、もっともっと磨かなくてはね!



あ、それと…
ぐりちゃんのことが不安になった時、
たまーに何もしてないけど急に安心することがあります。
きっと、わしの妊娠を喜んでくれているみなさまの気持ちと、
お墓参りしたご先祖様が力を注いでくれてるのかな、と思う時があるのです。
ほんとに応援ありがとうございます!!
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
posted by おしゃべりひよこ at 15:00 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

チョブ太とぐりちゃん

今日から10週目に入りました〜。
相変わらず、育ってるのかどうかよくわかんないです。
おなかの中になにかがある…ような気はするけど。
次の検診まであと2週間もあるー待ち遠しいよー。
おなかの中が見えればいいのにな〜。


今回は、チョブ太とぐりちゃんのお話。

わしとぐりちゃんは一体化してるので、ぐりちゃんの存在が分かりやすい。
見えなくても、妊娠前と明らかに体調が違うのでね。
では、チョブ太はどうなの??ってトコロ。

最初に変化を感じたのが、3月の旅行計画を立てていた時。
チョブ太の同僚さんから誘われたんだけど、
「でも、妊娠してたら行けないかなあ?」
と相談されたのです。
この時は、まだ妊娠してるかなんて全く分からない時期。
これまでのチョブ太は
「まだ分からないし、心配してもしょうがない」
というスタンスだったので、あれ?と思った出来事でした。

本人は意識してなかったようですが、
この後も「妊娠してたら…」という発言がちょっと増えましたな。
ぴよちゃんのことで、子供を授かるってことがリアルになったのかなーと思いました。
あ、旅行は結局OKしました。


で、妊娠発覚後は…

前回のぴよちゃんでもやってたんだけど、
「いってきます」「ただいま」「おはよう」「おやすみ」
のタイミングで、おなかなでなでは強制(笑)
不思議となでなでされると落ち着くんですよ〜わしが。
わしが落ち着くってことは、ぐりちゃんも落ち着いてるってことだ。

ただ、まだまだ触っても分かるわけないので、
胃の部分をなでなでしていたりテレビみながらテキトーになでなでしていたり
「あれ?もうおなか出てるよ」(正体はぜい肉です)とか
いらんこと言ったりしてますけどね。


あと、面白かったのが2回目の検診で初めてぐりちゃんが写ったエコーを見せた時。

「このぐらいの時から一緒に外で暮らせたら面白いよね〜(*´∀`*)」






( ゚д゚)






なにその理系らしからぬ発言…!!

わし「え、何?水槽で育てるの?」←この時点で笑いを噛み殺している
チョブ太「それでもいいけど、外でも面白そう」
わし「絶対『洗濯物にまぎれてどっか行った!!』ってなっちゃうよ!」
チョブ太「気付かずに踏んづけちゃうかな〜(*´∀`)」←楽しそう

いきなりのメルヘン発言に、ホントびっくりしました(笑)
いや、メルヘンか…?グロイような…?

この頃、ちょうど進化についての理系本を読んでいたので、
ぐりちゃんの成長にもとっても興味があったようです。
その本には、胎児のリアル写真(どうやって撮影したか謎)もあって、
「今これぐらいじゃない?」と見せ付けられました。
しかも、3回目の検診で「2cmだって」と言ったら、また同じこと言われましたよ。
よっぽど見てみたいんだね…。

余談ですが、初めてのたまごクラブという雑誌に
「20年越えの超ベテラン産科医の夫が、妊娠後に
『赤ちゃん、ずっと逆さまで頭に血がのぼらないのかな〜』
 と専門家らしからぬ独り言を言っていた」
という投稿があって爆笑しました。
理系ってそういう反応するのかなあ。


もひとつ。
妊娠すると、初期の間はちくちくとした痛みがあったりします。
これは、子宮が大きくなるのに伴った痛みなんだけどね。
チョブ太が帰ってくると、ちくちく度が増す時があります。
嬉しくて暴れているのかな??
初期は胎動が感じられないので、痛みでしか交信できないからね〜。

1度、チョブ太のお迎えに行かなきゃいけないのに、
テレビに夢中になって忘れてたことがあり…。
そしたら、いきなりずきずきー!って刺すような痛みが!
「いだーー!Σ(; ゚Д゚)」って思わす叫んだし。
なんだなんだ?とおなかをさすりながら時計を見たら、
もう出なきゃいけない時間!
「とっととお迎え行けやー(#゚Д゚)ゴルァ!!」って怒られた気分でした_| ̄|○

うーん、お父さんっ子になりそうな予感。


ぐりちゃんがリラックスしてるなーとなんとなく感じる時は、
お風呂に入ってる時とチョブ太になでなでされてる時です。
なんとなーくだけど。

チョブ太はあまり子供と接する機会がなかった人なので、
今後どうなるのかすごく楽しみであります。
わしはたぶん鬼ババになるので、お父さんっ子になるような気がします(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 13:00 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。