2009年09月02日

お星様

2、3日前から不眠があって、
ただでさえ定時勤務でぐったりなのに眠れなくてさらにぐったりで、
本日お休み。
で、ついでに病院行ってきました。


結果。



残念ながら赤ちゃんはお空に帰ってしまいました…



赤ちゃんが入る袋ですが、なんと2回目の診察より小さくなっていまして。
ちゃんと育っているのならありえないことなのです。
前回見えたちっこい赤ちゃんも確認できず、繋留(けいりゅう)流産との診断。
繋留流産とは、まだ体内に留まっている状態ということ。
生命反応がない以上いずれは排出されるのですが、その前ということですね。

自然排出前だろうが後だろうが、処置はしなけりゃいけないので、
いきなりだけど金曜から一泊入院しまーす。
わしには出産経験がないので、子宮口がかたいらしいのですよ。
なので、前日から子宮口を広げる処置をしなければいけないみたい。

先生も

「こういう初期の流産は、よくあることなの」
「きちんと処置をすれば、次の妊娠もちゃんとできます」
「流産を経験したけど、元気な赤ちゃんを授かった人はいっぱいいます」
「あなただって結果は残念だったけど、ちゃんと妊娠できたんだから、
心配しないで気持ちを切り替えていきましょう」

と言ってくれました。

ショック!というより「やはりダメだったか」という気持ちの方が強かったです。
なんで、先生に手術のことを言われている時は泣きもせず…
助産師さんに、採血や入院の説明をされている時も泣かず…

が、助産師さんが席を立ってる間、
カーテンの向こうにいる人が出産についての説明を受けていると分かった時に、
急にうるうると…。
でも、ここで泣いたら隣の人の嬉しい気持ちに水を差しちゃう!!!
と思って必死に我慢。

助産師さんも気を使ってくれて、採血後の詳しい手術説明の時に部屋を移動してくれました。
部屋移ってから、初めて号泣。
ハンカチ持ってきてて良かったと思った。
助産師さんはずっと泣きやむのを待ってくれました…ありがたや。

一応、知ってはいたけど

「自分の生活や行動が原因なのか?」

とひっくひっくしながら聞いてみたところ、

「妊娠7ヶ月で転んじゃって…とかじゃないから、それはない」
「ありえないけど、もし10回妊娠をしたら1回くらいはこういう流産がある。
それくらいよくあることなの」
「例え何かしらの手段で体内に留めても、奇形や病気で、生まれても生きられない。
だから、初期で流れてしまうんだよ」
「処置後、2回生理がくれば、妊娠できるよ」
「しょうがないことだし、処置は必要なことだから、淡々と進めるからね」

と励ましてくれました。
ま、勉強してたんで知ってはいたんですが…心が納得できなくてさ。
ちゃんと目の前で言ってもらったことで、だいぶ落ち着きました。

その後は手術の説明。
術後3日は安静…って仕事休まなきゃだわ。
でも、手術を後にすれば、どこかで腹痛&大出血を起こす可能性があるし、
思い切って早めにしました。
全身麻酔らしいです。
前日に入院して子宮口の処置をして、翌日手術、麻酔が切れたら退院だって。
はーやーいー。

「しゅ、手術生まれて初めてなんです(ill゚д゚)」
と伝えると、さらに細かく説明がありました。
この時に気持ち悪くなるかも、とかこの時に生理痛みたいなのがあるかも、とか。
おかげでだいぶ不安がうすくなった。
入院グッズの説明もありました。

お会計では、保険適用に。
そっか、もう正常妊娠ではないからだー。
ちょっと切ない…。


帰りにチョブ太やおかん、友人達に職場にとメールやら電話やら。
話してるうちにさらに落ち着いた。
チョブ太への電話でちょっとだけ泣いたけど。
なので、今も冷静です。

つーか、妊娠してもすぐ出血して流産しちゃう人もいるのに、
わしらの赤ちゃんは1ヶ月もよく頑張った!
1センチもなかったのに、よく頑張った!
おかげでチョブ太と3人で楽しい時間が過ごせたよ。
2、3日前からの不眠も、ごめんねって信号を送ってくれてたのかな?
いずれまた、この子が帰ってきてくれるはず。
しばらくバイバイだね。

入院するのは大部屋なので、生まれたての赤ちゃんが見れるはず。
うひょー楽しみー! ←不謹慎
新生児なんてそうそう見れないもーん。
用もないのに新生児室の前をうろうろしそうです。

不安と希望の入り交じった1ヶ月…本当に長かった。
そして楽しかった。
結果は残念だったけど、すっきりしました。
色々励ましたり喜んでくれたみなさま、ありがとうです。

今度は回復に向けてがんばりまーっす。
posted by おしゃべりひよこ at 16:19 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

初入院

ぐあー今日から入院です。
緊張しまっする。


ちょっといいことあった。
繋留流産の診断を受けた日の夕方、
今住んでるおうちの上の階の人が訪ねてきましてね。
何事だ?と思って出てみると、なんと奥さんがちーこい赤ちゃんだっこしてたんです!
7月に産まれた男の子だそうです。
実家から帰ってきたので、
これからうるさくなりますがよろしくという挨拶に来てくれたのだ。

もーすっごいうれしくて、赤ちゃんの頭なでなでさせてもらいました。
もしかして、7月に見た男の子の夢はこの子だったのかな?
身近に赤ちゃんがいる、ってことも嬉しかったけど、
何より赤ちゃんを見ても悲しくならなかったことにほっとしました。
流産した人の中には、
妊婦さんや赤ちゃんがツラくて見られないとか泣いちゃうって人もいるので。

あとは、チョブ太に
「3人で過ごすのも今日で最後だね〜」
と言ったら、
「すぐまた3人になるんじゃない?最後じゃないよ?」
と(・∀・)こんな顔で返してきたので、ちょっと癒された(笑)
彼の場合、励まそうとして言ってるというよりもマジで言ってるので救われます。
術後は数日寝てばかりになるので、今日家事全部やっといた( ´Д`)=3

ちなみにわしのやるシュズツはこれです →流産手術
医療保険に入ったばかりだった(契約日の2日後に初診)んですが、適用になるってさ。
ごめんね保険屋さん。

あとは水子供養やろうと思ってネットで検索したんだけど、
無料〜なんと数十万まで…( ゚д゚)
ドン引きです。
供養、なんつーのは寺が多いんですが、
わしはあの「位牌」ってのがあんまり好きじゃないので
自分でどっかの神社にお参りに行こうと思ってます。
水子供養で位牌作るとなると数万円からかかるのでつよ。
金額で位が変わる戒名ってのも好きじゃないし、自分の名前が変わるのもヤダ。
なんで、自分の葬式は神前キボンヌです。

赤ちゃんと離れちゃうのは寂しいですが、次を迎えるために頑張ろう。
ちょっとの間バイバイだー。

病院で新生児いっぱい見て癒されてきます。
どきどき。
posted by おしゃべりひよこ at 09:36 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

病院ごはん

Image007.jpg酢豚〜。
今日は21時から飲食禁止なので、頑張って食べましたぜ。

明日の手術のために、子宮口に詰め物しました。
海藻だか薬草だかで、水を吸って徐々に膨らむのを利用してゆっくり入口を広げます。

この処置、想像を絶する気持ち悪さでした…。
処置直後、たぶん急性貧血起こしました。
よくぞベッドに自力でたどり着いたぜ自分。
病室のドアノブが見えないくらい目の前真っ白でした。
よく行き倒れなかったな。

わしは通常より子宮口が狭いらしく、あまりに苦しくて何度も呻いてしまい、
先生から「もう少しだから頑張って!深呼吸して!」とえらい励まされました。
ひどい生理痛が局地的に襲ってくる感じ。
内臓を直接下から押し上げられる感じ。
たぶんあまりの気持ち悪さに吐く人もいるはず。
二度と経験したくない。断言。
時間が経てば楽にはなるけど、異物感ばりばりでつ。

チョブ太がクレーマーに間違われて、わしが先生に怒られたりしたけど、
処置凄すぎてもうどーでもいいです。

ぶっちゃけ寂しいし気持ち悪いし泣いたりしましたが、
病室が新生児室の前なので、ふらりと見に行ってます。
かわいいようーちっこいのがいっぱいいるー。
次の子を迎える為だ、がんばろって思えます。

でも前処置でこんだけ気持ち悪いんだから、
明日がこわい〜 ←チキン
麻酔切れたらどうなってんやろ?
posted by おしゃべりひよこ at 18:58 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

おわりました

手術無事終わりました。
今は腹より点滴の針が痛いです。
頑張りました(>_<)
posted by おしゃべりひよこ at 14:12 | Comment(3) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

流産手術記〜入院初日〜

同じ境遇の人がいるかもなので、書き残します。
特に前日は思い出したくないけど…(;´Д`)


出産経験がないので、前日からの入院でした。
入院申込書と手術同意書、入院保証金(前受金だな)、スリッパ、パジャマ、
ナプキン(ナイト用3枚)、洗面道具、フェイスタオルと本を持ってきました。
行きに神社でお参り〜なむなむ。

おかんが仕事休みだったので、一緒に行ってくれました。
で、大部屋行き。
大部屋っつっても、みーんなカーテンで仕切られているので半個室みたいだったけど。
一通り施設の説明と、スケジュールの説明を受けました。
前日21時〜手術終わって許可が出るまで飲食禁止。
うう、長いよう(;´∀`)

おかんが帰り、
パジャマと病院からもらったショーツに着替えてごろごろしてたら、呼び出しが。
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
夕方って聞いていたので油断してた。

言ってみたら、先生から
「旦那さんが手術に納得してないとの事ですけど、説明はしましたよね!?」
と怒られる…。
どうも、わしからの電話が伝言ゲーム中にクレームのようになってしまったようです。

いきなりやると子宮に傷を付けちゃうから、前日に子宮口を広げる処置をします、
という説明は受けましたが、
手術中に子宮に穴ポコ開けちゃう可能性や、
全身麻酔の危険性については説明がなかったんですね。
ま、穴ポコや麻酔でのミスってのは、術者が気を抜くから起こることであって、
防げて当然のミスなんです。
恐らく、この病院ではそんなこと考えられない&起こったことがないので、
そういうのを「リスク」としてわざわざ説明するべきじゃないと考えているのでしょう。
産科としてのプライドがとてもある病院なので(良い意味でね)。
あんまり言い過ぎても患者さん不安になるしね。

わしがわざわざそんなこと聞いたのは、
前におかんが手根幹症候群の手術を受ける際の説明には、
細かいリスクの説明もあったからなの。
部分麻酔なのに、麻酔のリスク説明まであった。
そーゆーもんだと思ってたから。

わしからの電話は
「(↑のような)リスクについて、夫も聞きたいと言ってるんですが」
だったんですが、
「リスク」の範囲がお互い違っていたので、先生としては
「説明はしたのに、夫にちゃんと説明してねーなこのやろう」
となっちゃったらしい。
先生との会話の最中に気がついた。
ごめんってばーごめんってばー(;><)
「夫はちゃんと納得しました!」と伝えて処置に移りました。
余計な疲労をしてしまった…

内診台に移っての処置ですが、マジできつかった!!
器具を差し込んで、マッチ棒くらいの細さのものを数本入れるだけなんですが、
想像を絶します…:(;゙゚'ω゚'):
タンポン使ったことのある人なら、タンポンを無理矢理奥に押し込まれる感じです。
たいていの痛みは我慢しますが、あれは痛みではなく気持ち悪さなので我慢不可。
処置中、深呼吸しても手の震えが止まらなかった。

処置後、ショーツとパジャマ(下)をはくんですが、
ふらついてパジャマに足が通らない・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
「病室行って休んでいいよ」と言われたので、頑張って歩く。
が、病室行くまでに外来待合室と新生児室の前を通らなくちゃいけない。
人がいっぱいいる。

絶対倒れるもんか!!( ゚Д゚)オラ!
と思って歩く!

よく考えたら病院なんだから、気分悪いって素直に言えば良かったのにね…(アホ)

だけど、エレベーター待ちの時に目の前が真っ白くなり始めて、椅子に座って待つ。
病室(新生児室の前)にたどり着く頃には、横開きドアの取っ手が見えなくて、
ネコがドア開ける時みたく、しゃにむにがりがりやって開ける(笑)
さらに、カーテンの切れ目が分からなくて、手で辿らないと開けられませんでした。
このころはもう何も見えてません。

ベッドになんとかよじ登って横たわった瞬間、すごい冷や汗が…。
恐らく、精神的なショックからくる急性貧血だと思います。
前にハムスターが病院で死んだ時にやったことある。
吐きはしませんでしたけど、処置がいかに凄まじいダメージだったか伝わるかな…。
持ってたバックなんかベッドの下に転がってたもん(記憶なし)
10分くらいで貧血は治まって、多少動けるようになったけど、
とてもじゃないが歩けない。
気持ち悪さが取れてきたのは1時間後くらいかな。

ダメージ受けすぎてちょっと寝ました。
18時に夕食が出て、頑張って食べる。
夜お腹空くと寝れないもん!
トイレに行ったり、たまに新生児見に行くのがいっぱいいっぱいでした。
腹の異物感がすごい…。
ずーっと生理痛がある感じでした。
子宮口広げてるんだもん、そりゃそうだよね。

大部屋は6人部屋なんですが、わしが入院した時は1人しかいませんでした。
その人は、わしが入院する1時間くらい前に帝王切開で出産したらしく、
ひっきりなしに看護婦さんがきて、旦那さんがつきっきりでした。
おかげで、わしはすごく寂しくなり…。

外来が終わったら、先生達が入院患者の見回りに来るのですけどね。
帝王切開の人は
「お母さんになった気持ちはどう?」
「結構大きかったね〜」
とか言われててね。
わしはというと、一言「明日処置しますからね」だった。

ま、しょーがないんだ。
他の人にも聞こえてるしね。

でもあまりの立場の違いに、泣いた。


面会時間ぎりぎりにチョブ太が来てくれて、しゃべったらちょっと楽になった。
一緒に新生児も見たりしました。

21時消灯なので(早い…)、ごろごろしてました。
やっぱ眠りが浅くて途中何度か起きたけど、寝れた方かな。
夜中とか関わらず、新生児はぎゃーぎゃー泣いてたけどね(笑)

続きはまた今度。
疲れたのでねまーす。
posted by おしゃべりひよこ at 14:07 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

流産手術記〜手術当日〜

なんか継続的に眠たいです。
何故だ?


えーっと、手術当日は…
朝7時に体温、血圧、脈拍を測って提出。
午前中には手術、とのことだったので荷物片付け。

他の人には朝食が…いいなあ…
って思ってたら、寝てる間に2人も入院患者が増えてた!
産院って大変だなー。

9時に点滴の為、針を入れました。
最初、手首に入れようとしたんですが、途中で「びりっ!」という痛みが。
こ、これは明らかに神経触ってんだろ!と思って言ってみると、別の場所に変更。
変更しても痛かった…(´Д⊂グスン

その後、点滴をぶら下げたガラガラを引きずりつつ、一階の休養室へ移動。
診察室のすぐ隣なので、診察が丸聞こえでした(もちろん中は見えません)。

しっかし、産院って本当に大変なんだなーと思いました。
外来の途中で緊急オペが入って、一時診察がストップしたし、
不妊治療の人、赤ちゃんの確認の人、性病治療の人、いろんな患者さんがいました。
その内、過去に流産や胞状奇胎をやったけど、今回妊娠したって人もいました。
ちょっと希望が沸いた。
あとは、赤ちゃんは元気だけど、子宮が開いてきてるから入院、という人が二人。
赤ちゃんが生まれるまでにも、色々大変なんだなあ。

と、聞いてる間に午前中終了…。
外来が多くてわしの処置ができなかったらしい。
休養室の布団ぺったんこなんで、腰が痛くなってきました。

看護婦さんがやってきて、
「2階のオペ室でやることになったから、もう一度移動してくれる?ごめんー!」
と謝られました(笑)
いや、大変ですねホント…。

この頃にはチョブ太が来てて、一緒に2階まで移動。
そのままオペ室へ。

ってめっちゃドラマに出てくるあのオペ室やんけー!!
怖いよー!!

台に横たわって、右手に血圧計、左手からは採血、鼻に酸素吸入のやつ、
足は広げて固定…。
さらに肩に麻酔を効きやすくする注射。
こ、こわい…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
左手が穴だらけです。

オペしてくれる先生がやってきて、
昨日入れたガーゼとってエコー確認して器具を固定してから麻酔でした。
この器具がまた奥までぐーっと入れられるので、昨日の記憶が蘇りまた呻く…。
その時に、横で同時に麻酔を入れられました(点滴に混ぜるのだ)

最後に聞いたのは「じゃあ、テストで麻酔○ccから入れてみようか」でした。

その後は、みーんなぐーーーーーーーーーーーんと遠ざかっていき…







鼻の酸素の管とって、パジャマはかせてもらってるあたりからぼんやり記憶が再開。
周りを見ようとしても、ぐるぐるして焦点があわない。
泥酔したような感じかな?
看護師さんに「終わったよ」と言われて、
麻酔で痺れた口で「赤ちゃんもういない?」と聞いたら
「元気な体になるよ」と言ってくれました。
ストレッチャーに自分で転がって病室に行く途中、
ぼんやりチョブ太とおとんがいるのが見えた。

しかし、きっちり手術中のとこだけ記憶がない。
すげーな麻酔。
おとん(骨折やら数回やってる)によると、麻酔が上手なとこみたいです。

病室のベッドに移っている間に、チョブ太とおとんには
「話しかけても良いけど、麻酔が覚めるまでは寝かせてあげて」
という説明があったようです。
けど、チョブ太とおとんがベッド脇にきたら、わし号泣してしまいましてね。
わんわん泣きました(でもまだシビれ中)

麻酔が覚めてきたら、下腹部がキモチワルイのに気がついて、
それが赤ちゃんがもういないんだってはっきり自覚できることだったので、
ひどく悲しかったのです。
オニャノコの日みたく、出血もあったし。
ひっくひっくしながら、チョブ太に「ここにおって!」とお願いして、
ずーっと泣いてました。
おとんは気を使ってくれたのか、先に病室を出ました。

あんまり覚えてないけど
「赤ちゃんいなくなっちゃった」
「みんながうらやましい」
みたいなことを泣きながら言ってた気がします。
寝た方がいいって言われたのに、ずーっとチョブ太としゃべってました。

1時間も経ったら、麻酔は完全に切れて、お昼ごはん食べました。
つーかチョブ太と半分こした(笑)
トイレとかに行く時、まわりの入院患者さんやお見舞いの人に、
不思議そうな顔で見られるのがつらかった。
きっとお腹が小さいのになんだろう?と思われたんだろうな。

看護婦さんに点滴を外してもらった時に針が見えたんですが、
針っつーか細い管やん。
そりゃ痛いわ。

術後は安静とお薬の処方を言い渡されました。
2日後の診察で、仕事の再開なども指導があるそうです。
お薬は、感染症予防の抗生物質と痛み止めと子宮収縮剤。
手術当日は入浴不可で、翌日からシャワー、
診察で医師の許可が出れば入浴可になります。
次の妊娠は、オニャノコが3回きてからだって。
体が元に戻ったって確認してからの方がいいそうだ。
入院費は2万くらい。

出血もいつものオニャノコと同じような感じだし、
術後より前日処置の方が苦しかったし気持ち悪かったです。
ふつーに過ごせそうだけど、親戚に
「医師から安静って言われたら安静にしてないと、後々影響が出るよ!」
と注意されました。
うう、わかったよー。

と、いうわけでゴロゴロしてます。
お薬飲むと、ちょっとお腹がぎゅぎゅっと痛いです。
お家の2階から赤ちゃんの泣き声が聞こえると、泣いたりもしますけど
体は元気になってきてます。
あとは、精神的にも元気にならないとなー。
こっちはゆっくり回復を待ちます。

手術記は以上でっす。
頑張りましたー( ´Д`)=3
そんでこれからも回復がんばります!
posted by おしゃべりひよこ at 09:00 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

復帰

今日からお仕事に復帰しました〜。
職場のみなさんから、あったかい言葉をたくさんかけてもらいました。
いっぱいお休みして迷惑かけたのに…ありがとーございます。
同期もすごく心配してくれてたし、
後輩から「おかえりなさい」って言われたの嬉しかったです。


昨日、術後検診があったんですが、
「出血もほとんど止まってるし、経過良好だね」
ってことでした。
それから改めて、流産について説明がありました。
「全妊娠の15%くらいに起こることで、それに当たったのは本当に可哀想なんだけど、
ほとんどは僕らみたいにちゃんと育つんだからね、次は安心してね」
うんうん、分かってます。
ありがと先生。

取り出した内容物は、病理検査に出しているそうです。
胞状奇胎かどうかの検査。
胞状奇胎だと、向こう2年間治療が必要なこともあるらしい。
来週に結果が出るので、また病院に行きます。
あと保険会社提出書類も。

流産について調べていると、
何年も精神的に立ち直れない人がたくさんいることがわかります。
いや、ホント経験するとその気持ちが痛いほどよく分かる。

わしがブログでホイホイ書けるほど冷静なのは、チョブ太の影響もあります。
なんたって最初に妊娠を伝えた時の反応が
「でもまだ分からないからね、喜び過ぎちゃだめだよ」
でしたから(笑)
チョブ太は、ダメな場合にわしがすっごい落ち込むことを見越して
色々調節してくれてたんだと思います。
さすが我が相方。

手術が終わった後も、
「なみすけが帰ってきてくれたからそれでいい」
「また二人になったから、どっか行きたいね」
って言ってくれたしね。
子供はもちろん授かりたいですが、
チョブ太がいればなんだって乗り越えられると思います。

ちょっとの期間だったけど、確かにわしはお母さんだったし、
みんなにもお母さんとして扱われて幸せだったです。
またしばらくチョブ太と2人家族だから、色々楽しみますわ。
昨日の夜、久しぶりにビール飲んだらマジうまかった(*´∀`*)

今度は赤ちゃんのエコー写真をご紹介しますなり。
ほんとにちょっとずつだけど、思い出すのが懐かしいというかあたたかいというか、
そんな感じになってきてるので良い兆しなのかな〜。
posted by おしゃべりひよこ at 21:39 | Comment(6) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

ペットのクワちゃん

今日はちょっと違う話をば。


わしの実家には今クワガタがいます。
7月後半、実家のベランダに飛び込んできたのをおかんが捕まえました。
でも、実家には虫かごなんぞないので、
割り箸で簀の子を作って床にし、上に透明のタッパをかぶせて飼っております。
毎日梨やらスイカやらあげててな。
いつかは離すって言ってたんですが…

先日夕食をごちそうになってたら、まだクワちゃんがいるのね。
「あれ〜?逃がすって言ってたやん」
と言うと、だって忘れるんだもんとかワケわからんことをおかんが言ってました。
どうやら公園へ運動に行く時、離そうと思ってるようです。

するとおとんが
「そのクワガタ脱走するんだよ〜」
と。
タッパの上に、フロ用ラジオ(重い)を乗せてあるんですが、
自分でずらして隙間を作って脱走するんだそうです。
すげーなクワガタ。
おとんの話はさらに続く。

「脱走しておかーさんに2回も踏まれちゃったし



゚(∀) ゚ エッ?
踏まれたとな?



「こないだなんか洗濯されちゃったんだぞ!




工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工





マージーでーーーーー!!
めっちゃ元気ですけどーーーーーーーーー!
つーか何がどーなって洗濯!?


どーも脱走した際にその辺にあった服にくっついて、
おかんが気づかずにそのまま洗濯しちゃったらしいんですよ。
洗濯機の底に黒い物体があるから「なんだろう」と思って
取り出したらクワガタだったんだって(笑)
びっくりして放り投げたら、ぴくぴくして瀕死だったらしい(そりゃそーだ)
こりゃ死ぬなと思って洗濯機の上に放置してたら、
またいなくなって洗濯かごの中に落ちていたそうな。
拾い上げてトマト与えたら、しっかり食っていたって。

以下おかんの話。
「いや〜ほんとびっくりしたよ〜でも元気なんだよねー。
柔軟剤まで入れたのにさー(爆笑)
さすがにちょっと色が薄くなったけど☆」

おかんさすが…(゜д゜)

その後
「ティッシュ丸めていれとくと、ちゃーんともぐって寝るんだよ」
と嬉しそうにしゃべってました。
楽しそうだなこの人(笑)

クワちゃんがいつまで長生きするのか見物です。
posted by おしゃべりひよこ at 20:51 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

赤ちゃん写真

出血ほとんどないや〜と油断してたら、今日再開。
びっくりしたわい。
鮮血じゃないので、残ってたのが出てきたってとこかな。
今日でお薬はおしまいです。


もう手術してから5日も経つんだな〜。
早い。
本日は赤ちゃんのエコー写真乗せまっす。

そのいち。
baby1.jpg8月8日、初診です。
真ん中にあるちいさい黒い丸が、
胎のうという赤ちゃんが入る袋です。
これが見えたので、
ひとまずきちんと子宮で着床してるのが分かって一安心でした。


そのに。
baby2.jpg8月19日、2回目。
前回から10日以上経ってるのに、胎のうしか見えない。
前回の倍近い大きさになってます。
その時の日記はコチラ
排卵の遅れかもしれないので、ひとまず様子見ということに。


そのさん。
baby3.jpg8月26日、3回目。
左下にあるウインナーみたいな形の黒いとこが胎のうです。
エコーの角度によって、こういう風に写るらしい。
この写真には載ってませんが、赤ちゃんが目視できた時です。
日記はコチラ
赤ちゃんが写ってるのをくれなかったのは、
先生なりの配慮だったような気がします。
たぶん、感づいていたんじゃないかな。


そのよん。
baby4.jpg9月2日、4回目。
胎のうが、なんと2回目よりも小さくなってるのです。
8月8日の妊娠確定から1ヶ月で、これはありえない。
ここで初めて、繋留流産の診断が下りました。
最後の写真でござります。
日記はコチラ


この4枚の写真は、今でもわしの宝物です。
素晴らしい希望の種でした。
いまだかつて、これほど写真に一喜一憂したことはない。

生まれてくることが出来なかったからね、こうしてみんなに見てもらわないと!
かわいいわしとチョブ太の赤ちゃんです。
まあ、厳密に言えばヒトの形にはならなかったけど、そりゃ医学的な話であって、
そんなの関係なくわしらがそう思っていたのだから赤ちゃんなのです。
また帰ってきてくれるかな〜。

流産について色々調べたり、話を聞いたりしていると
「○○だから」
というセリフに傷ついている人がたくさんいます。
「早く病院に行かなかったから胞状奇胎になった」とか
「お酒を飲んだから流産した」とか。

初期の流産は、ほとんどがたまたま起こった染色体の異常などです。
つまり胎児側の理由。
お母さんの生活や行動が原因にはならない。
さすがに度を過ぎたのはいけないけど。
お医者さんに「あなたのせいではない」と散々言われても、
流産するとお母さんは自分を責めてしまいます。
そういうもんなんです。
それなのに、周りから「○○だから」と言われるのは、何よりツライと思います。
無知は知らない間に人を傷つける。

わしが今回のことで一番幸せだと思ったのは、チョブ太をはじめ、両親も友人も、
誰一人「○○だから」と言わなかったこと。
わしが今笑っていられるのは、周りの人たちのおかげです。
ありがとございます!

全妊娠のわずか15%という確率に当たってしまったわけだけど、
不運なことなんじゃなくて、
きっと何か大事な意味があることだと信じています。
posted by おしゃべりひよこ at 21:24 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

白髭

Image008.jpgImage009.jpg
墨田区にある白髭団地です。
都営団地なのですが、災害時は防火壁として機能するのでつ。

棟と棟の境目には緑の防火シャッターがあり、火を避難場所に近づけないようになってました。
避難場所と反対にある全てのベランダにも緑の防火シャッターがついてます。

テレビで知って、行ってみた。

関東大震災で、避難所にも火が来てたくさんの人が亡くなったのを教訓に作られたそうな。
団地は全長1.5キロもあるんだよ。
かなりでかかったです。

いつかそんな大災害起こるのかなあ。
できたらチョブ太と一緒にいるときがいい…。
posted by おしゃべりひよこ at 17:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

アクアライン

Image012.jpgImage011.jpg
アクアラインに行ってきました。
何故か海ほたるにいる間だけどしゃぶりでした。

前、テレビで知って見てみたい!と思ってた伊藤航さんの作品が展示してあって感激!
このお城ぜーんぶ紙でできてるんだよ〜。
しかも観覧車とかちゃんと動きます。
四年かかったそうだ。
作るのすげー楽しそう〜!

いまからチョブ太とカラオケ行ってきます。
posted by おしゃべりひよこ at 12:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

終了〜

すんごい硬い飴を舐めてて、噛もうとするんだけどなっかなか割れなくて、
渾身の力を込めてぐぐーっと噛んでたら…

夢でした。
つーか現実では、クチに入れてた基礎体温計割ろうとしてた(笑)
壊れなくて良かった…結構高いのです。


今日で産院行きはひとまずお休みです。
病理検査の結果は、「特に問題なし」でした。
胞状奇胎でもなく、悪性腫瘍でもなく。
あとは「ちゃんと取り出せてました」ってことです。
全然違うとこ出してたら大変だものね。

1度は止まった出血が再開し、まだ続いているんですが、
エコーで見たところ内膜が5ミリくらいあるので、も少し続くようです。
(オニャノコ前は1〜1.5センチあるそうな)

今日の先生に、
「次の妊娠は、生理を3回見送ってからね」
と言われたんですが、
前回の先生には2回、手術の直後は看護士さんに3回と言われました(笑)
なので、「2回とか3回とか言われるんですけど」とツッこんでみた。

「術後すぐオッケーと言う先生もいるし、どれも間違いじゃないんだ」
「ただ、術後すぐだと、
子宮内膜がふかふかになりきれないうちに着床しちゃうことがあって、
それだと流産しちゃう可能性がある」
「でも、これも確率論で、すぐ妊娠して赤ちゃん産んでる人いっぱい見てるけどね」
「絶対、ではない。2回より3回見送った方がベターです」

ということらしい。
ふーん。

後は、次の妊娠が不安だ、というと
「そうだよね〜。でも初期流産ってほんとによくあることなんだ」
「赤ちゃん側の問題で、働いたからとか無理したからとかそういう理由じゃないんだよ」
「3回以上流産を繰り返したら、習慣流産かもしれないし検査した方がいいけど、
検査もン万円かかるし、今はまだその時じゃないよ」
だって。
まー気にせずチャレンジどうぞってことか。

でも、流産したって言わないからわからないだけであって、
本当によくあることのようですな。
「妊娠女性の41%が流産経験 「不育症」は8万人」(産経新聞)
わしの親戚にも2人いました。


ただ、誰に何を言われようと何を読もうと、
次の妊娠も同じになるんじゃないかという不安は消えません。
しょーがねーべ。
生まれたての子を抱っこしてるおとーさんを見て、
「いつかチョブ太にも抱かせてあげられるのかな…」と思いましたし。

流産予防のサプリとして、マカやら葉酸やら紹介されてますが、
ウィキペディアや国立健康・栄養研究所には
はっきりと「予防」に効果があるとは書かれてませんね〜。
葉酸は、はっきりと効果が出ている分野もある(国が推奨してる)んですが、
「流産の予防」については根拠なさそう。
マカに関しては、別分野においても「有効性の示唆」止まりで、
予防に関しては何もないですね。
効く人には効くのかも。
つーか「病は気から」の逆で「効果は気から」かもしれない。

ま、今後も妊娠難しそうなら試してみますわ。
来週末あたり、神社に行くつもりです。
posted by おしゃべりひよこ at 15:19 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

妊婦マーク

昨日、妊婦マークの知名度が低い、というニュースありましたねー。
わしはずーっとあのマークに憧れてたので
「知らない人いんの!?」という驚きっぷりだったのですが、意外と知らないのね。

わしは 普通→妊婦→普通 といきなり普通の体に戻っちゃったので、
妊婦時との差を痛感しております。
前に症状メモを書き残しましたが(コチラ)、手術後に変わったことも記録しときます。


■体力ゲージ回復
「妊婦時は体力ゲージが半分になる」と書いてますが、今ならわかる。
恐らく半分どころではなく3分の1くらいです。
マジあの疲れ方ハンパねえっす。
どっかのサイトに
「妊娠してる時は、毎日山登りするくらい体力消耗する」
とありましたが、あながち嘘じゃないですよ。
立ち仕事の人はもっともっとキツいだろう。

■抜け毛・頻尿・吹き出物がなくなった
なくなりましたねー顕著に。
おかんに「なんでそんなに髪の毛ついてんの?切ってきた?」といわれるくらいだったのに。
いつでも残尿感だったのに、それもなくなった。
吹き出物もしゅるしゅると小さくなってます。

■のどが渇かなくなった
これも分かりやすく変化。
飲まなくなりましたね〜それもまずいんだけど。
意識しないと飲まなくなった。


うーん、新しい命を育てるのって大変なんだなあ。
妊婦さんってあまり大変そうに見えませんが、すごく大変です。
なので、妊婦マーク見つけたら席を譲ってください。
おなかが大きくない時期は、体が妊娠に慣れるのに大変だし、
おなかが大きくなったら、バランスや足腰への負担がハンパないし。

でも、あれって「妊娠を自慢してるように見える」という意見もあって、
大々的にアピールできないらしいね。
不妊症やらでツラい思いしてる人もいますから。
うーん、こっちの気持ちもわからんでもないんだよねー。
難しいところだ。
posted by おしゃべりひよこ at 15:29 | Comment(0) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

煮込み

Image013.jpg
煮込みハンバーグ初めて作った&食べました。
うまいしわりと簡単だった。
チョブ太がばくばく食べてます。
posted by おしゃべりひよこ at 00:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ルービック

Image014.jpg
チョブ太が念願のルービックキューブを買いました。
今日ずーっとやってます。そんで、
「数学的に分析したくなってきた」
と言って書いたのがコレ。
わしはもっぱらぐちゃぐちゃにする役です。
posted by おしゃべりひよこ at 19:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

一畳

Image252.jpg
いつも読んでいるブログ、「一畳プラレール」さんが
住宅展示場に出現するらしいので行ってきました。

が、昼に起きて行ったので、ちょうど片付け中…(T_T)
でも、そのおかげでぺたぞうさんを見ることができたぜ。
シャイなので声はかけなかったけど、
チョブ太は同業者のニオイを感じたようです(笑)

あと、ぺたぞうさん御利益なのか、
アンケートに答えたらコーヒーとクッキーのセットが当たりました。
珍しいこともあるもんだ。
posted by おしゃべりひよこ at 19:54 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ドライブ狂い

実家のクワ様ですが、洗濯事件以降、脱走はしていないそうです。
まあ、あんな目にあったらこりごりですよね(笑)


連休が終わってもーた。
なにやってたかな〜と思い出してみました。

■1日目
連休のどっかでも新潟にドライブ計画があったが、チョブ太仕事の為に頓挫。
昼に起きてチョブ太はお仕事へ。
わしは銀座の小さい服店に行き、服を買いあさる。

■2日目
昼に起きて、御殿場のアウトレットモールに行ってみようと思いつく。
が、大混雑で下道もロクに進まない。
あまりの進まなさっぷりに、チョブ太が箱根を越えようと言い出す。
たかだかアウトレットモールに行くのに箱根越え(笑)
でも、途中で夕焼けに染まる見事な富士山を見ることが出来た。
19時に目的地着。
肝心のアウトレットモールは寒さ&疲れで1時間で退却。
長まくらとルービックキューブ購入。

■3日目
朝早く起きてチョブ太仕事に行く。
はずが、昼に起きてルービックキューブに夢中になり(マジで1日中やってた)、
明日に延期することに。
レンタルした「WALL・E」と「おくりびと」を見て号泣する。
見終わって、テレビに変えるとまた「おくりびと」が。
( ゚д゚)??
と思ったら、テレビでも放送してた(笑)

■4日目
昼に起きてチョブ太仕事へ。
わしは色々お買い物に。
が、連休でデパート大混雑。
屍になって退散。
25時にチョブ太帰宅するものの、
会社に忘れ物をしたのでドライブがてら一緒に行く。
帰宅4時。

■5日目
またも昼に起き、一畳プラレールを見に馬込へ。
またまた道路大混雑…。
そしてプラレール片付け中…_| ̄|○ il||li
アンケートでクッキーをゲットして帰宅。
そんですぐチョブ太の同僚にカギを渡す為、車で移動。

5日間で車率かなり高いです。
ずーっと車にいた気がします。

ニュースで「この連休では遠くへ行こうとするドライバーが多く…」と言ってたね。
新潟行かなくて良かった(;´∀`)

車に乗ってると、ずーっとおしゃべりしてるので楽しいです。
ドライブ後に道の復習をすれば、わしが地理に強くなるのではと気付きましたよ。
都道府県絶対わからんからね〜。
posted by おしゃべりひよこ at 13:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ドリア

Image253.jpg
ミートソースが余ったので、ドリアにしました。
オーブン機能使ったの数年ぶりです。
うまい…。
posted by おしゃべりひよこ at 22:45 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

赤ちゃんの夢2

フッツーの高速走行中、寝ぼけて「ながーいトンネルだねえ〜」って言ってしまった。
チョブ太に「?」って顔されて、初めて天井だと思ってたのが曇り空だったのに気付いた。
恥…(/ω\)


赤ちゃんのお参りに神社とショッピングモールに行って来ました。
神社では渾身の力を込めてお参り。
んで、ショッピングモールは妊娠中に行ったことのあるとこで、
ちょっと(´・ω・`)ショボーンとなったり…。
しかも、妊娠中に応募したプレゼント(フタ付赤ちゃん用スプーン)も
届いてさらに(´・ω・`)ショボーン

うう、やっぱり落ち込む時は落ち込むぜ。

今はやーっとこさ出血が止まって、低体温維持してます。
だらだら続いてる時はすんごい体温が上下してました。

流産した人のコミュなど見ていると、何度も流産している人もたーっくさんいて、
仕事を続けられなくなったり自殺未遂しちゃうほど思い悩んだりして、
みんなみんな赤ちゃんを今か今かと待っていて…。
生まれた子を道端に捨てて殺しちゃう親もいるのに、この差はなんだろう。
うーん、わしもホントに自分にも授かるのかな?また同じことにならないかな?
という不安はどーしても消えませんねえ。

で、ションボリーノで寝たんですが、久々に赤ちゃんの夢見たんです。
友人の赤ちゃんを抱っこさせてもらう、というシチュエーションだったのですが、
抱っこしたとたんにキャッキャ笑い、めちゃくちゃかわいかった(*´∀`*)
そしてやっぱり男の子。
かなり長いこと抱っこしていた夢でした。

あの子は男の子だったのかねえ。
わかんないけど。
うじうじしてるから励ましにきてくれたのかもー。
はやく体のリズム取り戻さなきゃね。
私もカヨヨヨヨのマネしてとーにゅー飲もうかな。
でもとーにゅー好きじゃないけど(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 11:19 | Comment(2) | Yokoso!赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。