2008年10月05日

しつこいっつの!

チョブ太が20代最後の年に突入したよ!
文字で表すと「みそj…」って感じかしら(笑)
まあいーじゃないか。
中身が高校生のままで年だけ取るよりも、中身に外見が追いつく方が良いと思うね。
(わしもチョブ太も考え方が老成してるとこがあったりする)
ちなみにわし精神年齢41歳って出たことあるんで、まだまだ先です。


前に、ホテルラングウッドの勧誘がしつこいって話したやんけ。→コチラ
実はさ…


またパンフレット送りつけてきやがった _| ̄|○ il||li



しかも佐川のでかいので送ってきてるから受取拒否できねー!
(できるのかもしれんがポストに入らんのでめんどい)
うーざーいー。
開けてみたら「新しいパンフが出来ましたので…」と書いてあった。

パンフ更新したからって送る必要なくね?

つーか更新したからって再度送って来られたの初めてなんだが。
しかも写真が変わっただけで、内容たいして変わってねーし(笑)

何考えてるんでしょうかこのホテル。
パンフ新しくなったってのは言い訳で、実際はフェア日程知らせたかっただけだろうけど。
つーことはまた「実は今週末にフェアがありまして…」の電話があるってことか!
('A`)マンドクセ

これだけ電話だ郵送だされると、個人情報にぎられてるって感じがして非常に不快です。
熱烈アプローチで有名な再○館製薬みたいですね。
どんだけブライダルに飢えてるんだよ(笑)
資料請求してからずいぶん日が経ってますが。

いや、マジでここに資料請求したの失敗だった。
本気で失敗だった。
クチコミではそんなに悪い感じしなかったんだけどなあ。

これがあってから、「ここはないな」と確信した時とっさにウソ住所書くようになりました。
ありえない住所。
散々案内してもらって、でも案内が気に入らなくてここはないなって思った後、
「DM送らせて頂きますので住所を」っていう言葉に
「いらないんでいいっス」ってはっきり言っていいものなのか。

つーか案内中に萎えてるのに気づかない営業って時点でアウトじゃないのか。

だいたい、「ここはいい営業するなー」と思うところは
むやみに個人情報を書かせたりしない印象がある。
県名と市だけでもOKだったりね。
逆に「なんか強引…」と思うところは、
わざと電話を書いていないのに「電話番号もよろしいですか?」と念押ししてくる印象。

でもこれは店頭に行った場合に言えることなんだよー!
資料請求の段階じゃわかんねーよー!

うーん、どうしたらいいものか。
とりあえずラングウッドの番号は着信拒否します。
(代表番号じゃないからネット検索してもどこかわからないのがさらにムカツク)

身の安全だけでなく、情報の安全も守らなきゃならんねえ。
世知辛い世の中だぜ。
posted by おしゃべりひよこ at 01:06 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

最期の誕生日

組織替えがあってから、地位と給料の割りに重い責任の仕事を負ってる気がします。
事務の締めもわし、とあるでかい問題の対策責任もわし。

事務しながら営業に行けってこと?
その分経理の締め遅れるけどいいかね

ただでさえ締め日の前はサービス残業しまくってんのによー。
つーか全てやるほど会社に恩感じてねーぞ。
マジ気が重いー。


あ、先日チョブ太が20代最期の誕生日を迎えました。
ぱちぱち。
うちの妹と一日違いなので、そして妹の帰省と重なったので一緒にお祝いしました。

ケーキには「○○くん(本名ね)」とひらがなで書いてあって爆笑。
いつもチョブ太は愛称で呼んでるから、本名ひさしぶりに見た(しかも全部ひらがな)!

全然年上って感じしないのになあ。
不思議ふしぎ。

チョブ太は男ふたり兄弟だから、こういうぱーっとしたお祝い久々だったみたい。
楽しそうでなにより。

帰りに車で送っていったら、「いつか僕の家族とも旅行に行きたい」と言われた。

そうやね。
チョブ太の両親だけが離れてる状態だもんね。
わしも仲良くなりたいよ。

チョブ太はわしの実家近くに住んでいるので、
ごはん食べにきたり病気の際は看病してもらったりと、わしの家族とかなり付き合いが深い。
就職してからずっとだ。
いや、大学の終わり際からそうだったな。
だから、初期に比べるとずーっと仲良くなってる。

わしはまだチョブ太の家族の中に入るとキンチョーしちゃう。
なにしていいのかわかんない。
わしも早く、チョブ太の家族と馴染みたいな。
ほんとに「家族」になりたいな。


なーんか仕事も楽になるどころかどんどん重くなるし、
式の準備も着々と近づいてきてますな。
ちょっと気持ちが不安定です。
はふー。

あ、そうだ。
チョブ太に指輪をオーダーしてもらいました。
へへへ、楽しみ。
posted by おしゃべりひよこ at 23:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

最近のおはなし

チョブ太がブログ、略してチョブログを始めたようです。

植物の成長の記録

さっそく枯れ始めてるんですけど (((( ;゚д゚))))
果たして一ヶ月持つのか!?
乞うご期待でござる。


えーと、最近読んだ本の記録。

■「救命センターからの手紙」著:浜辺 祐一

かなーり面白かった。
違うな、興味深かった。
救命センターに運ばれる、
それすなわち「三途の川の向こう岸に着く前にちょっと立ち寄る」と同義らしい。

心臓を再び動かすのは、薬と電気ショックがあれば割と簡単に出来る。
が、問題は心臓が動いたからといって元に戻れる可能性は低いということ。
必死の救命が植物人間を作り出すこともある。
どうしようもない医療の矛盾。
色々と考えさせられる本でした。


■「ネバーランド」著:恩田 陸

うーん、嫌いじゃない。
けど夜のピクニックや光の帝国の方が好き。
ずーっと恩田さんのこと男性だと思ってましたわ…。
こんなにさわやか、違うな、若いというひたむきさ…違うな。
ぐちゃぐちゃ悩んでアホだしガキなんだけど、芯に「若さ」という輝きがあるというか…。
そういう文章書く男性はめずらしいなーと思ってました(笑)


■「コンビニ・ララバイ」著:池永 陽

たまたま買った本。
だけど好きでした。
ベタベタな内容なんだけどね。
「こんなんあるわけねーじゃん」と思いつつ、キュンとした。
違うな、ほっとした。


■「影日向に咲く」著:劇団ひとり

映画予告が好きだったから買ってみた。
最初、「文章がヌルい」と思ってたけど、
読み進めてみるとそのヌルさがいいとこなんだと気付いた。
頭が弱い感じの主人公の一人称がとっても上手。
現実には、他人の考えてることを知ることはできないけど、
普段わしが関わりを持たないようにしている人に対する気持ちがちょっとやわらかくなった。


■「キッチン」著:吉本ばなな

読み終わった時、「読む時期間違えたな…」と思った本。
これは中学・高校時代に読んで、後々読み返すべき本だ。
若くて視野が狭いことも知らなかったあの時に読まなかったために、
きわどいところでしっくりこないところがあった。
くそー。
何度も読み返して深度を深めたいな。


■「白仏」著:辻 仁成

たった一人の人生を、淡々と追っていくだけの話。
なのに、読み終わった時の存在感がでかかった。
日本が戦争をしていたあの時代、人々がすみずみまで熱く生きていたんだなあ。
きっとその時代はもうこないのだろうし、それを目指してもできないのだろうけれど、
人生の密度にとっても憧れました。
淡々とした文章ですが、ずっしりときます。


■「孤宿の人」著:宮部みゆき

号泣した。
しゃくりあげるくらい泣いた。
世の中、いろんな思惑が渦巻いて、
ある人の思惑通りになっていることを知らないまま犠牲になる人がいる。
子供の頃は知らなかった、「大人の事情」のなんと残酷なことか。
だけど、それが世を動かしている。
自分はひとりで歩いているつもりだけど、
ホントはでっかい川の流れに乗ってるだけだろうな、と思った。
ま、そう思ってもムナしいだけだから気にしないけど(笑)


■「魔性の子」著:小野 不由美

先が気になって気になって一日で読破した。
けど終わりがあっさりでがっくり…。
もう売ってしまったけど、あの読者をひきつける勢いを持つ本は、なかなかないと思う。


とりあえずこのくらいか。
あ、ハリポタもちゃんと読みましたよ。二日で。
屍鬼も読んだ。
すごくせつなかったな。

次はどーすっかなー。
バトロワあたり読んでみるか。
しかしどんどん本が増えるな…どうしよ。
posted by おしゃべりひよこ at 21:29 | Comment(3) | おはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

やっぱダメかな…

しつこい会場からまた電話かかってきたよー →詳しくはコチラ
予想通りすぎ (゚听)ツマンネ
出なかったけど。


前、ドレスショーの為だけに行ったウエコレですが(該当記事
まあ、気になるのでサイトもちょこちょこ見ていたんだね。

これ →ウエディングコレクション

で、2ヶ月くらい見続けた感想なんですが…


たぶんダメだわ。


ブログが盛り上がればイケるかなーと思ってたんだけど、
たぶんスタッフがサクラで書いてるんだよなー。
かつてサクラブログやったことあるからか、
「これとこれ同一人物だな」とだいたい予想できちゃうのがまた…。
よくある言葉のなかにあまり使わない言葉があるとわかってしまうのだよ…残念。

そして更新してるのかしてないのかイマイチよくわからない。
更新してるんだろうけど無料雑誌の写真をまんま使ってるので、
読んだ人には新鮮味が感じられない。
読んでなくても、「今ここが見所!」というのが分かりにくい。
主張が少なすぎ。
雑誌をまんまサイトに起こしてるような感じなんだよなー。
本とウェブは、全く見られ方が異なることを分かっているのだろうか。

そして、無料雑誌が見当たらない。
一体どこにあったんだ!?
9月25日に配布されたハズではないのか??
一応トキョの主要駅で働いているのだが…むむ。

と、いうわけで残念な方向に進んでいる印象です。
雑誌の質は良かったのになあ。
下手にウェブやっちゃったからいかんかったのかもね。

ウエディング系の無料雑誌に、シティウエディングがあるのですが、
こちらもあまりよくなかった印象。
なんというか、情報量が少ない。
ゼクシィは厚みの割に低価格だけど、金払う分情報の価値はある感じ。
(だからこそあんなに厚いんだろうケド)
ウエディング系の雑誌は高い(1000円以上が当たり前)けど、
それくらい払わないと情報を得た感じがしない。


今日は、雑誌に対する感想でした。
明日はつくばっくするじぇ!
posted by おしゃべりひよこ at 17:15 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

結婚準備INDEX

結婚カウントダウンが読み(返し)づらいので、インデックス作りました。
準備段階で分けていきます。
ちょこちょこ更新するので活用してけろ。

☆結婚式直前
本番3日前
本番2日前
本番前日その1その2

☆結婚式当日レポ
挙式前
ロケ撮影
親族紹介
参進の儀
神前式終了
披露宴前
ケーキカット
乾杯
お色直し
シャンパンサービス
クライマックス
お見送り
披露宴後
結婚式を終えて
結婚式のおかね
予想外の続き

☆ハネムーンレポ
ハワイへ出発
到着〜
アラモアナセンター
ホノルル動物園
モアナ・サーフライダー
夜ごはん探し
巨大ごはん
初海!
フラショー
ハワイ島へ
キラウェア火山
溶岩祭り
3日目終了
戦艦ミズーリ
海でわいわい
帰国

■親への挨拶
結婚を前提に…の挨拶(チョブ太→わしの実家)
結婚を前提に…の挨拶(わし→チョブ太実家)
結婚の挨拶

結婚のきっかけ

■式場探し
結婚式への思い
ホストの考え
式場絞込み経緯

式場その1(名古屋熱田神宮/熱田神宮会館
式場その2 前編後編(埼玉氷川神社/氷川会館
式場その3(東京大神宮/マツヤサロン
式場その4(明治神宮/明治記念館
式場その5(湯島天神/浅草ビューホテル
ゼクシィなび(銀座店)
式場その6 前編後編(東郷神社/東郷記念館
式場その7(湯島天神/ホテル東京ガーデンパレス
式場その8(乃木神社/乃木會館
式場その9ウエストシティホール&ウエディングアイ

スタッフ対応について
式場探しの悩み
式場への質問状
決定の理由

営業がしつこい会場12

■顔合わせ
お店探し 前編後編
服どーすんだ
顔合わせ料理 前編後編
結婚式場の下見
結婚への悩み

■指輪
指輪屋さん1トレセンテ
指輪屋さん2銀座和光
指輪屋さん3Marriaged Marriage
指輪屋さん4ケイ・ウノ

指輪業界への疑問

■衣装合わせ
衣装合わせ1回目(白無垢)
衣装合わせ1回目(色内掛)
衣装合わせ1回目(白ドレス)

衣装合わせ2回目(白ドレス)
衣装合わせ2回目(色ドレス)


チョブ太 衣装合わせ(洋装)
チョブ太 衣装合わせ2回目(和装・洋装)

衣装合わせ3回目(白無垢)
衣装合わせ3回目(色ドレス)

小物合わせ
ドレスインナー

■結婚式打ち合わせ
第1回 招待状演出スケジュール司会決定
第2回 写真会場装花・司会
中間見積もり
会場装花の担当変更
美容打合せ

■アイテム
写真地図
ご招待電話
招待状投函
招待状いじり
引出物備忘録
招待状の筆耕
贈り物決まり
引出物続き

■結納
結納打ち合わせ
結納ロケハン
結納品探し
結納品購入
家族書完成!
結納延期

結納前の準備
結納・その1
結納・その2
結納・その3

■新居探し
前編後編

■その他
にいちゃん?
金がない
手抜き雑誌
ウエコレに行った
毛問題
ウエコレダメぽい

ブライダルチェック
ゼクシィへの疑問
ズレてきたのか?
仲良しこよし
あと103日
あと1ヶ月
posted by おしゃべりひよこ at 17:58 | Comment(2) | 結婚準備INDEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ガクサイ

学園祭に行ってきました!
ついでに住宅展示場にも行ってきた!(笑)

えとー、まずは学祭のライブの感想から。

いやいや、人増えたねー。
わしらの頃は「舞台に乗り切らないから下を使おう」だったんですが、
今は完全に下も舞台として活用しておりますな。
数年前にあったような、後輩が恥じらってノリが悪い、ということもなく。
つーか最初っから爆発しすぎ(笑)
うちらの代のノリに似てた感じがしました。

爆発が一体になっていて、塾生のこころがぎゅっとなってて、そこが一番ステキでした。
帰りの車でチョブ太と話していたけど、あれは大学の間のみに許される経験。
そこを逃せば、一生経験することはできないでしょう。
似たような経験はあるかもしれないけどね。
第一条件として若さが必要だから、きっと今後も経験するのは難しい。
今のうちに、思いっきり楽しんでおけよ〜。

演奏については、ほぼ全曲に踊りがついててびびった。
派手に演出ができる半面、盛り上がりどころがわからなくなってるデメリットあり。
どこを一番見たらいいのかが分からない。
そして、しゃみが舞台の一部になってしまっているのが残念。
しゃみが前面に出る部分がもうすこしあってよかったのでは?

チョブ太は毎回見ているので、だいぶ目が肥えているようで、
感想も核心をつくようになってます。
今回の感想は「なんだか元気がなくなった気がする」でした。
解説すると、いわゆる元気はあるんだ、元気は。
だが、目立たせたい人が多すぎて、つるんとしていると感じたみたい。
「前は三役がぐいぐいひっぱってるイメージがあった」とも。
際立った人がいなくなったってことかなあ。

色々言いましたが、ノリがとっても懐かしかったです。
このメンバーなら、卒業公演も盛り上げることが出来るでしょう。
ノリだけでなくしゃみの技術も忘れずに、がんばれー!

あ、ちなみに。
立て矢の帯結びはあれじゃ低すぎるよー。
上のリボン部分が、前から見てちょっと肩にかかるくらいの高さがベストです。
また、おめでたい帯なので、結び目は亀甲(六角形)の形になります。
リボン部分のひだは畳みひだではなく、ボックスひだです。
そこに厚紙で芯を入れて、リボン部分がへにゃってならないようにします。

立て矢は主役に許される帯結び。
結婚式に招待されたときにはできません。
今のうちにいっぱいやっとけ(笑)

帯結びが下がるのは、締めるべきポイントを締めていないから。
ポイントを締めずに全体を締めてもダメです。
立て矢は、わしが週1で一年近く習って最後に出てきた結び方なので、
バランスとるのがとても難しいです。
がんばれーよー。

いやしかし、若くてぴちぴちしとったわー。
もはやばあちゃんの目で見てしまうぜ…。
posted by おしゃべりひよこ at 23:34 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

初☆住宅展示場

容疑者Xの献身も、さまよう刃も、一日で読んでしまった… _| ̄|○
ああ…濃い内容だからじっくり読むべきなのに、面白くて速読してしまうー!
もっかい読も。


昨日の続き。
学祭に行くのも目的だったけど、つくばっく自体も目的でした。
わしは5年、チョブ太に至っては7年近く住んでいた愛着ある土地。
エクスプレスが通って以来、随分様変わりしてました。


しかし暗いな(;゚Д゚)


住んでる時は夜中でも平気でチャリかっとばしてましたが、19時で暗いぞこれ。
今住んでる地域で「ちょっと暗くて怖いな」という道の倍以上暗い。
そりゃ犯罪も起きるわ。

今のとこにはしょぼい古本屋しかないので、買いだめもしました。
これで本に飢えずにすむー☆

そして、何を思ったか住宅展示場へ。
前から一度行ってみたかったんだよねー。

だがしかし、人がいなくて入りづらい!
営業が手をこまねいているのがわかる!

あと、なーんか気取った家ばっかで入る気しなかったってのもある。
「インテリア」とか「スタイリッシュ」とか「モダン」なイメージばっかり。
家ってのは、出来た時一番美しいのはクズだと思ってる。
人が住んで、使い込んでナンボだろ。

たった一軒だけ、良さそうなとこがあったので勇気を出して入ってみた。
そしたらいきなしアンケートで「ご予算は?」「ご希望の坪数は?」に全く答えられず(´・ω・`)
ツボってどのくらいやねん。

営業さんも慣れたもんで、見に来ただけだなと判断して、
素人相手に色々基礎知識を説明してくれました。ありがたや

案内中、
「キッチンも新しいものがでたらリフォームできますし」
「この浴槽はこういう場合は使いにくいですね」
と設備には全く興味を示さない。
ちょっと違和感を覚えたけど、特に気にすることなく終了。

が、帰りにその違和感が分かった。
あれは大手にケンカ売ってんだ!とな。

案の定、パンフに大手を信用しきらないように、という内容が。
やっぱりねー。
大手はかっこいい間取りや最新のキッチン入れて見栄えで勝負!のとこも多いと聞くしね。
実際広告を見てもほとんどがそのタイプです。
絶対住みにくい。

以前、指輪屋さんで紹介したマリッジドマリッジも同じようなスタンスだったから、
なーんか似てるなーと思っていたのだ。
なんかそういうの嗅ぎつけやすいのかな。

でも、
「中身のシステム、インテリアはどうでもいい。肝心なのは家の器だ」
という意見には賛成です。
結構いいとこみっけたな。

そうそう、ああいうとこでは必ず「奥様」と呼ばれますね。
「兄妹です」と言ったらどうなっていたんだろう。


あ、チョブ太がね、ムゲンをうらやましがってたよ。
彼は卒業して随分たっちゃってるから、もといたサークルに行っても知り合いがいないのだ。
まあ当然だわな。

だけど、ムゲはいつまでも知り合いがいるし、みんなが戻ってくるし。
「ひさしぶりー!」が何度も起こるのを見てて、すごいなあと言ってました。
確かになぁ。
そういう「場」っつーのは珍しいよね。


えーと、後は芸の作品展示。
構成なめとんのか。
やる気がないなら出さなくて良い。見苦しい。
わざわざ「時間がなかったので色紙でやりました」とか書く必要ないよー情けない。
見応えがあるのはサンハイの作品だけだったと思った。

デザインの方も、展示に意欲が見えなかった。
というかお客を引き入れる意欲も感じられなかった。
実際、今年は展示ないのかと思ったし。
雑貨などを作って売っていたりしましたが、
そっちだけに力入れるのならわざわざ大学で学ぶ必要ないと思います。
また、文字を入れずに写真だけで本を構成するなら、写真にもっと力を込めろ。
ただ「モチーフ集めました」という言い訳にすぎない写真では意味がないぞ。

今後の卒業制作大丈夫なんだろうか?

よし。
寝ます(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 23:28 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

結納打ち合わせ

リアディゾン、白無垢似合わないなー…。
どーでもいいけど。


結納の打ち合わせに行ってきました!
打ち合わせっつっても、不安解消相談みたいな感じでしたけどね。

担当者さんも言ってましたが、結納ってしっかりとしたきまりがありそうでない。
意外と曖昧なんです。
関東は9品とか関西は1つずつ台に乗ってるとか色々ありますが、
それがオーソドックスなだけであって、きまりではないんですよな。
だから、関東にいても相手が
「1つずつ台に乗ってるのが当たり前じゃん!」
と言えばそうなるし、「指輪だけでいいよ」となればそうなるし。

物の内容よりも、儀式としての意味が強いんじゃないかな。
お互いに顔を合わせて、物を贈り合って、
口約束ではなく親族としてマジでこれからよろしく的な。
実際、結納をした後だと、
破談になった際に慰謝料など発生しやすい(させやすい)みたいですな。
結納返しもあったりなかったり。
結納金の相場はあるけど、経済状態により変動するようです。
要は、両家が納得さえしていればなんだっていいってことだ(笑)


ま、今回の相談の一番の目的は別にあったんですがね。
それは、カヨヨンに写真を撮ってもらうこと!
つまりカメラマンの持ち込み!
せっかくおめかしして家族が揃うので、しっかり記念写真を残したいのです。

結婚式では外部カメラマンを呼ぶと持ち込み料が発生する上、
式の写真を撮影する場所に制限があるのだ。
だがしかし、今回は結納。
呼んでいいのかどうか、全然分からなかったのです。

一応式場のスタジオと専属カメラマンに撮ってもらった場合の金額を聞いたけど、高い…。
集合写真と2人の写真+焼き増しだけで結構な金額になるのでは。
しかもスタジオ写真ってネガもらえないし。

なんつーか、式場の写真(特に前撮り)って
「幸せいっぱい☆きゃぴ☆」みたいな写真でヤなんだもん…。
気持ちはわかるけど、なんかこう、軽いっつーか。
かよこは大学からの友達やし、前にサークルのポスター写真や、
チョブ太とのツーショットも撮ってもらったことあるので、
うちらの性格や好みを分かってくれてる。
写真を嫌うチョブ太の強い味方なのだ。

好みがわからない人に撮ってもらって焼き増しもロクにできないより、
気心しれた人に撮ってもらった方がずっとずっといい。
式場より高い謝礼を払ってもいい。
つーかむしろそのつもり。
プロに出張してもらってわがまま聞いてもらうわけですからな!

前例のない話なのか(というか結納自体あまりないみたい)
担当者は( ゚д゚)ポカーンとしてましたが、上長に確認してくれて…


なんとオッケー!!


会場での撮影も、庭での撮影もいいって!
わーいわーい☆

さっきカメラマン当人にも確認してオケーもらったのですーよろしくヾ(*´∀`*)ノ

結納はやる人もあまりいないみたいで、
全体的に「成約してるしなんでもどーぞ」みたいな雰囲気だった(笑)


相談後は、高島屋のブライダルカウンターで結納品を物色。
営業のおばちゃんに結納品の説明を延々とされた(´・д・`)アキタ
面白かったけど。

目録が大事なようですね。
贈る品を書き連ねたものですが、めでたい字をたくさん当ててあるので。

結納の品数は、どれでもよさそう。
会場の広さに合わせて考えればいいみたいだった。
広いのに3品じゃ貧相だし、逆に結納品だけ無駄にゴージャスだと浮いちゃうし。

ただ、しっかりした決まりは贈る物の数は奇数であること。
結納品は9、7、5ですかね。
これは割れないように、です。
割れる→破談のイメージがあるからでしょう。
なので、9品の結納品に指輪を足すことは絶対にしないでと言われました。
偶数になっちゃうから。
結納品とは別扱いになるようです。

あと、風呂敷の使い方とか面白かった。
会場に持っていく時は、結び目をつくらないんだって。
何故かというと、会場でほどく→せっかくの縁談がほどけてしまう、を連想するから。
持っていく時は結び目を作らずに持っていって、帰りはしっかり結ぶ。
縁談がほどけないように、ということですな。
日本人ってすげーなー。

あと、家族書・親族書の存在にびびった。
こういう人が親族にいますよ、と一覧にして渡すんですが、
やっぱり結婚って家と家のつながりなのねー。
その話を聞いた時、ちょっとドキっとしたよ。
お嫁に行くんだなって思った。

恐らく、結納品と受書のやりとりだけになりそうです。
結納返しなし。
後泊だし、結納返し持って新幹線で帰るのも大変ですし、
何より大仰にならないことをチョブ太の両親が望んでいるので。

いやー。
いよいよ始まるんだって思うよーどーしよー!
結婚式まで200日きっちゃってたし。

はわわわわ…。
どきどき。
posted by おしゃべりひよこ at 00:34 | Comment(4) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ブライダルチェック

ほお骨をドアのへりにこれでもかというほど強打しました。
ゴツ!って凄まじい音が。
いや、開いてると思って振り向いたら、風にあおられてすぐそこにいたんだもん…。
ちょっとハレた。
そして上司に笑われた。


先日のちょっと嬉しかった話。

本屋に結納の本を買いに行ったのだよ。
何故かっつーとチョブ太家が進行をせねばならんからです。
アドリブが割と大丈夫なうちのファミリーよりも緊張しいみたいなので、
しっかりと段取りやセリフが載ってるものをほしがったのだ。

で、色々見てたら、「ブライダルチェック」というものを見つけた。
参照ページ→産婦人科のブライダルチェックって何?
ブライダルチェック

ざっというと、健康状態、
特に女性の場合は将来子供を望む場合に支障がないかを調べるのですね。
早期の不妊治療もできますしな。
あと、後々こういう事が原因で別れてしまう夫婦もおりますからのう。

それを読んで、受けた方がいいのかな、と思ったのです。
ちゃんとした健康診断なぞ受けたことないけど、子供は欲しいって思いは強い。
そして大きな病気が隠れていないのか不安ではあるし。

チョブ太に「これって受けた方が良いのかな?」と聞いたんですわ。
そしたら、「別にいいんじゃない?」って。


(;・∀・)


あれっ?
てっきりススメてくると思ったが。

理由を聞いたら
「別に不妊とか今分かっても結婚後に分かっても同じじゃない?
むしろこれから結婚に向けて忙しくなるのに、今分かっちゃったら悩んじゃうよ?」
だって。

その通りです。
今ブライダルチェックを受けて不妊が分かってしまえば、
きっとわしはすごく思い詰めちゃう。
よく分かってらっしゃる。

過去、子供が出来なければ養子も視野に入れよう、という話をしたことがあるくらいなので、
もちろん子供は欲しいけど、それが結婚の一番の理由ではないんだな。
と思いました。

ほわっと嬉しかった。

後々受けるつもりではあるけど、今は夫婦のスタートラインに向かっていこうと思いました。
チョブ太、ありがとでした。
posted by おしゃべりひよこ at 23:47 | Comment(4) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

結納ロケハン

ここ数日、疲れすぎて寝付きが悪い。
かなり危ない兆候だ…!


本日はイベント盛りだくさんでした。
フラグがいっぱい立った感じです。

3回目の衣装合わせ&結納会場ロケハン&結納品チェック

でしたー。
なので記事長めです。

最近仕事が忙しくて(気づいたら16時、が多い)疲れすぎのため、うまく起床できず。
カメラマンのカヨヨヨンと合流して、衣装合わせに行きました。
友人に衣装合わせ見せるのって結構照れますね…ははは。
まあ、衣装合わせについては明日写真と一緒にアップします。

衣装合わせ(3時間近くかかった…ごめ)の後は、
担当さんに結納の会場を見せてもらいました。

うちの親は「結納の写真っていらなくね?」って言うんだけど、わしは絶対欲しい。
結納だって立派な節目だもん!
結婚式に比べて印象薄いから、記憶から消えやすいだろうし。
向こうの両親はわざわざこちらまで出てきてくれるんだし。
振袖着るし(もう今後着ないのでは…)。
結婚式の写真よりリラックスした写真が欲しいのだよ。
つーか、結婚式以外で両家勢揃いの写真なんてそうそう撮らないレア品だしね!
せっかく結納やるんだしな!

で、その結納会場がコチラ。
yuinou-2.jpg披露宴でも使えるお部屋。
確か50人まで。
うちらが披露宴するとこでも結納できたんだけど、
80人の部屋に9人ってそわそわしそう…。
ということでこちらになりました。

yuinou-1.jpg入り口近くにあるソファ。
普段はお隣の披露宴会場の控え室に使われています。




yuinou-3.jpg奥にエセ暖炉がある。
結納写真はここバックかなあ。
丸テーブルどけて
角テーブルと結納品飾るテーブルを置くようだ。


やっぱりカヨヨン曰く「思ったより暗い」そうだ。
パーティ会場ってそういうもんだよね。
不思議。
まあ蛍光灯の会場もヤだけど。
ほんとにチョットしかいなかったけど、ロケハンになったんだろーか。
どきどき。

帰りには神社に詣って、ママンとカヨヨがお守り買いました。
ここの神社にまつられてる人は勝負運があったようで、勝守というお守りがあるのですよ。
そして、参進の儀を見ました!
雅楽ってホント「日本」って感じがするなあ。
ママン(神前式経験者)も懐かしそうでした。
綿帽子のつもりだったけど、角隠しもかわいいなあ。
しかし白無垢は歩きにくそうだ。

帰りに庭によってみました。
結納の日、晴れてたら外でも撮りたいな。
でも、こればっかりは分かりませんからね。


そしてラーンチ!
tyazanmai-1.jpg茶三昧というお店。
野菜の蒸籠蒸し。
日替わりのお茶がうまかった…。



tyazanmai-2.jpgきのこあんかけごはん。
あっさりしてて途中であきることなく食べきれました。
いろんな食材が使われてて、かなり健康的。



カメラマーンと別れた後は、わしとチョブ太で都民共済ブライダルプラザに行きました。

都民共済に入れば(確か月額2000円以上)、
格安の衣装レンタルやらギフトやらが使い放題のとこ。
実はここに結納品もちゃんとあって、価格が9品7500円!!
百貨店だと25000〜35000円します。
ただ、何故こんなに安いのかをちゃんと確かめたかったので、再度確認しにいったのです。

うーん、でも。
なんかここで揃ってる品物、ピンとこないものが多い。
飾ってある引き出物に1つとして欲しい物がない。
結納品の水引飾りも、
「なんでこんなに安っぽい色使うかな!?」というものがちらほら混ざっていたり…。
この安さなら目をつぶろうと思っていたけど、
なんとなく自分の好みと合わない感じがしていたのです。

結納品の展示に値札しかなく、
筆耕料込みなのか、風呂敷はついているのかなどわからなかったので、カウンター行き。

チョブ太「結納品なんですけど、他にバリエーションはあるんですか?」
共済人「うちだと9品、7品、3品ですね。ただ、あちらを購入頂ければ一通り結納はできますよ」
チョブ太「筆耕料と風呂敷は…?」
共済人「どちらも込みですよ」

わし&チョブ太のアイコンタクト
(え?かなーりいいんじゃねーの?じゃあここにしよ…)

共済人「袋だけなので中身は入れてもらうことになりますけど」




(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?







共済人「中身の鰹節やするめなどは百貨店で購入して頂いて、
入れて頂く形になります」









(  Д ) ゚ ゚









てめー10秒前に「一通りできます」って言ったじゃねーか!
(メ゚皿゚)


だいたい当日新幹線で来る家族にンなこと出来るか!
つーかそれならそうと説明書きいれろや!!

前に見学に行った式場で
「こちらのお部屋を神殿に作り替えます」
と同じくらいのびっくり力でした。
いやー凄まじいオチだったよ。

ある意味値段に納得(笑)
結納品は百貨店購入かネット購入に決定。
都民共済ブライダルプラザは今後も利用することはなかろう。
やっぱなんでも値段相応だよネ。

明日は衣装アップします。
ちかれたーヽ(;´Д`)ノ
posted by おしゃべりひよこ at 23:43 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

衣装合わせ3・白無垢編

疲れがとれないまま週末が終わった…。
来週ヤバいかもです。


昨日の衣装合わせ3回目です。
わしとチョブ太の他に、ママンとカヨヨンも一緒でした。
今回の目的は、

1.白無垢をママンに見てもらう
2.チョブ太の紋服決め
3.一応色ドレスをチェック(前にこの衣装室では白しか見なかった為)
4.チョブ太のタキシードも見る

です。

今回の担当さんはハズレでした…_| ̄|○
せかせかした人で、アドバイスもこっちの言い分に合わせてテキトーに変わる。
ま、今回はママンとカヨヨンというアドバイザーがいたので、
特にイライラすることもなかったんですけど。

朝だったので衣装室が混んでた。
のでゆっくり見れず、前より楽しくなかったですなー。
今度は夕方とろーっと。

きものは、やっぱりママンのお見立てを聞きたかったのです。
ママンは白無垢にえらいこだわった経験があるらしい。
刺繍ではなく、織の白無垢と指定してレンタルしたんだって。
図らずとも、わしも迷ってたのが織の白無垢だったんですけどね。

では1着目。
shiro4front.jpg今回はカヨヨン撮影なので画質がイイ(*´∀`*)
前回も試着した織の白無垢です。
ピュアホワイトに近い生地。
織模様部分は光沢があるので、意外と目立つ。



shiro4back.jpg後ろ。
光が強く当たると模様が飛ぶけど、
それ以外はきれいに見えるな。
首毛もっさもさやね。



shiro4up.jpg襟元までしっかり柄が入ってます。
探した限り、襟元までまんべんなく柄入りのって少なかったな。
模様は鶴と熨斗ですネ。


この白無垢は好評でした。
わし地黒なんでピュアホワイトは浮くかな、と思っていたけど、
全くそんな感想はなかった。
不思議。


では2着目。
shiro5front.jpg生成(絹そのままの色)の白無垢です。
鶴と梅だったっけ?
織と刺繍で模様が描かれてます。




shiro5back.jpg後ろ。
でっかく鶴さんがいます。
やっぱ帯のとこにメイン模様がくるんだね。
わし見えないけど。



shiro5up.jpg襟のとこに花があります。
けど、1着目ほど柄はありません。
1着目と比べると、柄の密度が少なく、
大人っぽい印象でした。



2着目は不評でした(笑)
地黒には生成の方が合うかと思っていたんだけど、どーもしっとりしすぎちゃうようですな。
1着目は華やかな白で、柄も光沢があるのでぱっと明るい印象も良かったとのこと。
全員一致でした ( ゚д゚)ヘー

生成が合わないのが分かってしまった為、
一応3着目(こいつも生成)も選んでいたのですが試着せずに却下。
初めて試着前に却下したよ…。

ネットで「白無垢は肌に合う色を選ぼう」とあったのですが、
やはり着てみないとわかんないね。
なんというか、肌の色や身長うんぬんではなく、
重要なのはその人の雰囲気なんだなーと感じました。
「キャラ的にどっちが合うか」だな。

しかし写真がイイ…。
ピントがしっかりあってるのが嬉しいヨ。

あ、そうだ。
今回は刺繍襟なんですが、これをやるとプラス1万だって。
たけーなオイ。
買取のようでした。
でも白無垢に刺繍襟ってなーいらねーや。

新作の白無垢(縮緬生地に大きな薄紅色の花の刺繍模様)も見たのですが、
なんとすでに同じ日で予約済み…!
早いなー。
大柄だったのでわし向きじゃなかったけどね。

衣装室が混んでいて落ち着かなかったけど、いいことも。
他の衣装がいっぱい見れる。
隣の人は、赤の十二単のような色打掛(裾に重ね襟のようなのがついてる)で可愛かった。
ママンに「これどうかね?」って聞いたら隣眺めてるし。
思わず「どっち見てんねん!」とツッコんだ。

でも、「色打掛いる?」って聞いたら、
「お母さん式で3着着たけど、それでもほとんど会場にいられなかったからね。
お色直しは少なくていいよ」
とのことだったので、白無垢→ドレスのままです。
うちのいとこ、4着着てたんだけど…すげーな。


次回は色ドレス、かチョブ太編でーす。
posted by おしゃべりひよこ at 22:59 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

衣装合わせ3・チョブ太編

友人の赤ちゃんが生まれました!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
母子共に健康なようです。
よかったよかった!
絶対だっこさせてもらうじぇ。


今日はチョブ太の衣装さんでーす。
この日は紋服のみのはずだったんですが、一応洋装も見ることになりました。

では、紋服1着目。
monpuku1-all.jpgオーソドックスな一品。
一番安い。
これでも全然問題ないんじゃね?
この紋服だと、紋入れができます(別料金)。
家紋を入れない場合は、神社の紋が入るそうです。



2着目。
monpuku2-all.jpgフラッシュ有りで撮っちゃったのでイイ写真じゃないね。
羽織がワッフル生地みたいで、ラメが入ってます。
隠れててわかりにくいけど、
袴は上の方に白のグラデーションがあります。
ついでにしましまもラメ入り。
なんか、成人式で騒ぐアホなやつらっぽいな…。



どーもチョブ太はテカリがある素材は合わないようです。
つーか、和装のラメってなんでこう安っぽく見えるんだろう。
金彩銀彩は美しいのですが、生地に化繊のラメ糸織り込んであるのがどーもよろしくない。
生地全体の質が悪く見えるし、肌触りもがさごそするし。

他にグレーのと白がありましたが、沖縄の成人式を思い出すのでオーソドックスなものに決定。
あんなのチョブ太にあわないもん!
わしもオーソドックスな白無垢だし、チョブ太と合わせてちょうどいいじゃんね。

家紋が入れられるのも良かった。
長男ですからね、本人は気にしていないようだけど。
結婚式をチョブ太の地元でしないので、せめてこれくらいは、ね。

しかし、白無垢は試着用の襟があるのに、なぜ紋服にはないのだろう…。
洋服の上に羽織って、イメージしづらいっつの。
しかもこの袴、本人が手で押さえてるんだよ?(笑)
もーちょっとちゃんと着せてあげてもいいのにー。


で、見る予定のなかったタキシードも。
衣装さんが最初にススメた1着目。
ken-yousou5-all.jpgワッフル生地のような黒タキシード。
普通のスーツにしか見えん…。
本人も、「仕事帰りにちょっと花挿してきたみたい」と言ってました。




ken-yousou5-up.jpg前回のテカリグレー写真を見て悩むチョブ太。
この黒の写真をマッチョ小僧に見せたところ
「レインコート着たサラリーマン」と言われた。
確かにこういうの駅にいっぱいいるな。



これはないね!(゚∀゚)
と、前のテカリグレーになりかけた。
するとママンが「白はありますか?」と。
実はこの日、壁に展示してあったのが黄のドレスと白のタキシードだったのだ。
カラードレスと非常に相性が良さそうだったのです。

が、残念ながら展示品はプラン外(たいていそうです)。
「プラン内で細身はないんですよ〜」と言いつつ、衣装さんが一応見てみると、なんと新作が!
それがコチラ。
ken-yousou6-all.jpg真っ白のタキシード。
チョブ太の優しい雰囲気にぴったりでした。
普段着で白のスーツ着てるヤツなんぞいないから、
テカらなくても新郎って分かるね!(笑)
この時撮影してもらった写真、
チョブ太がめっちゃ笑ってるので大事にとっておこうと思いマス。

ken-yousou6-up.jpg中のベストはちょっとクリーム色でラメ入り。
わしは前のテカリグレーも好きだったのですが、
チョブ太がきっぱりと「こっちがいい」と!!
衣装合わせで初めて自己主張した!(笑)
マッチョ小僧曰く、
「テカリグレーは今からショーやるみたいだから絶対なし」だそうです。


色白だから締まる色がいいかと思ってたんですが、
やっぱり本人の雰囲気から浮いちゃだめなんだねえ。
とってもチョブ太っぽかったです。
非常にタイミングがよかったねー今回のタキシードは。

しかし、和装にしろ洋装にしろ

首なげーな!( ゚Д゚)ヒョエー
立て襟してまだ余るってどういうことだ

その上すごいなで肩なので、和装はめいっぱい補正入れられるでしょう(笑)
タキシードはすでに肩パット入れること決定しております。
浴衣も着たことないようなので、当日楽しみだなー☆

次回は色ドレスです。
痛々しい画像も載せます_| ̄|○ il||li
posted by おしゃべりひよこ at 22:51 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。