2008年09月10日

決めた理由

やっと仕事が少し落ち着いた。
仕事で遅く帰ったとき、マンションの管理人さんとばったり会い、
「今日は遅いんだね」と言われてな。
「忙しくて〜」と笑ってたら、管理人さんにっこりして「なによりですね」と言ってくれました。
なんか、すげー癒されました…(´∀`)


今日は遅くて画像いじるヒマがないので、文字のみで書ける記事に。
成約した会場ですが、

都内T神社でござーる☆

詳しくはコチラ→式場その6(前編後編

理由はたくさんありますが、
やはり担当者に納得したのはもちろん、会場スタッフの挨拶の良さもありました。

あとはプランの特典。
衣装の上限なしはね〜効きましたねやはり。
何故こんなに衣装代の心配をしていたかというと、

わし   → ハンパなくちび
チョブ太 → 普通より少しちび+細身

↑この体格制限があったからなのです。
どう考えても標準サイズじゃ無理。
ドレスもオーダーじゃない限りは所詮既製品。
はみだし者のわれらに合う衣装など数少ないハズ!

ただでさえ体格の制限があるのに、
さらに金額の制限までついたらろくに選べないと思ったから。でつ。
「これだったらサイズぴったりなのに…上限超えちゃう〜」とか悩むのヤダ。

※プチ花嫁さんへ
式場探す際に「小さいサイズはありますか?」と聞くのはいいけど、
ほぼ「大丈夫ですよ〜」と言われるので役に立たない質問です。
ドレスのプチサイズが少ないのはもうしょーがない。
さらに、横が合っても丈が長い!というのがほとんど。
衣装にこだわりがある人は、セミオーダー等をオススメします。

ちなみに衣装合わせ2回目の段階で、
予約してる衣装が上限なしだったらチョブ太と合わせて15万くらい自腹です。
(ま、それでも利益ざくざくだろうけど)

ただ、いいことばかりじゃない。
ここね、しらべりゃすぐわかるけど、神様が現人神なのね。
軍人さんなのだ。
軍って聞くと、どーしてもヤな感情を持ってしまうからなあ。
最初はこれがいやでこの神社を避けていたのですよ。
贅沢言ってられなくなってきて、行ってみたらヒットだったわけですが。

自分なりにちょこっと調べて、これに関しては納得しました。
今は詳しく書くのがめんどいから書かないけど。
言い方は悪いけど、都合のいいもの(人でも物でも獣でも)を祀り上げて
わいわいする日本人らしさが結構好きだからいーや、って感じ。
懐広いわー。

あと、意外に自分の中で大きかった理由。
雨の日のこの式場が好きだった。
クレーム言った日が雨だったんだけど、庭の緑がとっても静かで、
それをおいしい紅茶飲みながら見てるのがすごく好きだった。

庭のある式場って、晴れの日にはほぼ間違いなく庭を使う演出があるのですよ。
けど、「晴れ」を前提にしてるのって大変だよね。
当日まで天気予報みまくってやきもきするし、雨降ったらがっかりするし。
でも、ここなら雨でもいーや(豪雨はやだけど)と思えたのは良かった。
気持ちに余裕ができたよ。

とか言いつつ、実際は天気予報見まくるんだろーけど(笑)

ちなみにこの式場は雨の場合、一切外に出ずして式も披露宴も行えます。
雨でもチャペルまで外移動という式場は、有名所でも結構あります。


今のところ、といっても大して準備してないけど、
この式場で嫌な思いはそんなにしてないね。
ネットで探すと「結婚式の節約術」とかすごく出てるけど、まあ向こうも商売ですからな。
無理させない程度、ぼったくられない程度に頑張ります。

文章ぐちゃぐちゃだな…眠いからな…。
posted by おしゃべりひよこ at 23:55 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

まっすぐ

ペットボトルのお茶を飲むと、胃が痛くなる日がある。
胃が膨張してるというか…。
カフェインが原因だと思う(たまに紅茶でもなる)んだけど、
痛くなる日とならない日があるのが不思議。


昨日髪切ったんですが、美容師さんがアイロンでわしのくせっ毛を伸ばしてくれました。
おおーまっすぐ!

さらさらゆれる髪なんてそうそう体験してないからな。
風になびくことはない。
かきまわされることはあっても。

で、きゃいきゃい喜んでいたのですが、翌日すでにトーンダウン。
やっぱさ、わしの雰囲気はくるくるだと思うわけですよ。
ないものねだりだあね。

高校の頃はくせっ毛がものすごいコンプレックスで、
くせが出ないようにベリーショートの猿みたくしてました。
いつからだろうねーコンプレックスがなくなったのは。

実は、身体的なコンプレックスがほとんどない。
剛毛と目のクマくらい?
だからメイクでキレイになろうとかオサレしようとかの向上心がない(笑)
自信があるっつーか分相応だと思っている。

ハンパなくちびだけど、それはそれで楽しいしさ。
くるくる髪の毛も性格にあってるし(寝癖がクセにまぎれる)。

あと、オンオフに差をつけるのが好き。
普段身だしなみをヌルーくしてるので、オンの時はばしっとさせるのが楽しいのですよ。
(1年に数回)
その日だけ、だから楽しい。
毎日やったら疲れるしきっとあきる。

ゼミで一緒だった子に
「なんで普段もかわいくしないんですかー?あ、でもこれがギャップの魅力ですね!」
なんてフォローなんだかよくわからない賛辞を頂いたしな。

だから、雑誌なぞパラ見すると、
「服に合わせてメイクを変える」
「普段はかわいい系、週末はオトナ系」
とか見るとすげーなーって思う。
わし気力続かない。

素が一番好きだし、落ち着くんだよね。
社会人になってから毎日メイクしてるけど、かなり素に近いと思う。
した時としてない時の印象さほどかわらないはず。
毎日印象違う顔にしてたら、どっちがホントの顔かわかんなくなりそうだもん。
かわいいにこしたことはないが。
カワイコチャン好き。

わしは普段、あまり自分を飾り立てるのは好きじゃないけど、
オンナノコってすげーなーって心底思うのだよ。
会社にも毎日アクセつけてきててな、マジ可愛いんだわ。
わし絶対「このネックレス肩こるからめんどくせ」ってしなくなる。

オサレにしたいと思わないわけではないが、
なんぜめんどくさがりなので重ね着も基本ダメだし。
服なんぞ選んでる最中に「あーもーめんどくせ、今度でいいや」だし。

オニャノコはすごいなあ。
あんなにエネルギー使ってるんだなあ。
だからキラキラしてるんだね。

わしはどこにエネルギー割いてるんだろうなー。
ってまっすぐ髪の毛を見ながら思ったわけでした。

ホントにどこ行ってんだろ…エネルギー。
posted by おしゃべりひよこ at 23:52 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

衣装合わせ・色打掛編

ブログランキングが1万きってた…!
な、なんかまずいことしたっけ!? (((( ;゚д゚))))


衣装合わせ・色打掛でござーい。
さすが祝い事の最高峰。
豪華絢爛、刺繍をふんだんに使ってるだけあって重い!
ふとんだぞこれ…。

utikake1.jpgこんな風に、棚にびっしり置いてありました。
ちなみに、白無垢の方がレンタル料安いんですヨ。
色打掛だと40万〜って感じだったような。

色打掛は着るかどうか迷ってたので、なにも考えてなかった。
「どんなのがいい?」と聞かれてもなにも答えられず。
そしたら、衣装さんが最初に持ってきたのがコチラ。

utikakeA.jpg全体に小さめの柄がふんだんにちりばめられた色打掛。
金刺繍がベースなので、黄色っぽく見えます。
お花の刺繍がもっさり。




utikakeA-2.jpgこちらは後ろアップ。
しかし、すごい衣紋抜くなー。
背毛ちゃんと剃らないかんのう。





続いて、あまり着ない色、黒の色打掛。

utikakeB.jpgずいぶん最初のと印象が違った。
黒が地だから、パキっとする感じ。
刺繍にラメ入ってるから、黒なのにとても華やか。




utikakeB-2.jpgこちら襟元のアップ。
これ可愛くてスキだったな〜。




utikakeC.jpgもう一枚、ということで選んでもらった赤の色打掛。
だがしかし、わしこの赤好きじゃないんだよね…。
なんか安っぽく見える色だにゃー。





utikakeC-2.jpgなんか刺繍の色合いが七五三のきものっぽい。
西洋的なカラフルというか…。
うーんなんだろ。



試着した時は黒が良かったんだけど、衣装さんオススメは金。
家でおかんに見せた時も金が良かったそうだ。
写真で見ても、わしの雰囲気にあってるのは金っぽいな。
衣装さんの見立ては正しかった。

うーん、でも色打掛はピンとこなかったなあ。
これなら引き振袖の方がいいなあ。

↑こういう気持ちだったので、ほんと羽織っただけの試着でした。
なんでだろー柄のきもの着慣れてるからかなあー。
なんつーか…大奥っぽい…(笑)

次はドレスでっす。
チビは裾が大変でした…。
posted by おしゃべりひよこ at 02:14 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

衣装合わせ・白ドレス編

森林公園に行って17kmレンタサイクリングしてきた!
いやーやっぱ好きだわ自転車。
慣れないマウンテンバイクで何度か女乗りしようとしてコケかけたけど。
むちゃ楽しかった。


衣装合わせドレス編でござーい。
ちなみに、白無垢・色打掛とこの記事までは一日でやってます。
3時間くらいかかった。
写真が暗いのは衣装室が暗かったから…一応補正したけど足りない。

ドレスまではいかないかな、と思ってたら「どうぞ〜」と案内されてしまった。
ずらーっと並ぶドレス…(;゚Д゚)

「ここからここまでが5号、こっちが7号です。着たいもの選んでね」
と言われたものの…

ワンピースすらロクに着たことないわしに選べるか!

きもので終わると思ってたからドレスのイメージなんぞ考えてなかった。
ドレスを前に アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ してたら、担当さんが選んでくれたのがこちら。

Wdress1front.jpgレースのエンパイアドレス。
エンパイアってスレンダーなのが多いんだけど、これはAラインっぽく見えるね。
胸元のフリルがかわいい☆
ちびさんにはエンパイアは嬉しいねーバランス良く見えるから。
後々知ったのですが、これ新作らしい。

Wdress1back.jpgこちらバックスタイル。
流れるようなレースの繊細なトレーンです。
エンパイアなのですごく長く見えます。



Wdress1up.jpg胸元アップ。
胸元が花みたいでかわいいよー!
バスト下にはリボンがあって、花のレースがスカートを覆うようになってる。
ただ、この透明な肩ひもが気になる…。
これフラッシュとかで光ると目立つのでは??


この一着がすごくかわいくてヒットだった。
ドレスの感じを掴むために、いろんなタイプを着てみることに。
あ、マーメイドは最初から却下。
ちびだし、わしの雰囲気とは違うので。

Wdress2front.jpgスカートがシンプルなオフショルダー。
ウエスト切り替えタイプですな。
ただ、このショルダー部分がきつくてほとんど腕が上がらない。




Wdress2back.jpgこちらバック。
前のシンプルさとは違ってふわふわのフリル。
このバックはかわいいよなー上半身も紐だし。



Wdress2up.jpgアップ。
上半身はビーズがいっぱい。
綺麗なんだけど、何かをひっかけてしまいそう…。




シンプルなAラインが似合うと思っていたけど、意外にフリフリがよさそうでした。
フリフリっつっても、やわらかい感じのヤツね。

次はクラシカルなAライン。

Wdress3front.jpgこちらもオフショルダー。
ハート型の胸元ですね。
ウエストでの切り替えもなく、一枚でつるんとしてます。
スカートの下の方は、生地に模様の穴をあけてあるのだ。
とっても上品な感じ。
王室って感じ(笑)


Wdress3back.jpgトレーンも穴で描いた模様。
やわらかさはないけど、くっきりしててインパクトは大きい。
伝統的なチャペルに合いそう。




Wdress3up.jpgシンプルに刺繍とビーズで模様を描いたもの。
ちなみに、この袖ちょっと大きいです。
でもツメれるってさ。

この形のショルダー良かったな〜。


これはホントに正統派!って感じでした。
ヘアはまとめ髪だろうな。


次で最後。

Wdress4front.jpg1着目と同じエンパイアのスレンダーライン。
段々フリルが可愛かった。
ふわふわふわー。




Wdress4back.jpg後ろも当然ふわふわふわー。
トレーンがちょっと短いけど、ふわふわしてて柔らかい印象だった。





Wdress4up.jpgアップ。
バスト部分はビーズで模様。
切り替えたとこにあるフリルの始まりのとこにもキラキラビーズが。
ミルフィーユだミルフィーユ。




ここまで着て分かったことは、

1.やわらかいフリフリは良さそうだ。
2.胸元に何かしら(フリル、もしくはモチーフ)がないとむっちりする。
3.スレンダーはダメぽい。

でした。

この日は白無垢1・ドレス1で仮予約して帰りましたが、気になるのは裾とトレーンの長さ。
このドレスたち、すべて12cmのヒール履いているのです。
しかも4着目以外はパニエも。
にも関わらず裾を引きずってるのがかなり不安…。
ドレスは元々蹴り歩き(裾を蹴るようにしてつま先から着地する)するんですが、
それにしても巻き込みそうだ。
レンタルは丈調整できないしなあ。

わしは何でも動きやすいのが好きなので、トレーンは「邪魔!」としか思えなかった…。
教会式でバージンロード歩くなら必須だろうけど、着るの披露宴だしいらない。
後々知るのですが、白ドレスは教会式で使う人が多いため、
トレーン長めのものがほとんどだとか。
長いの人気あるしね。

あと、びっくりしたのはドレス着る時。
ドレスの中にパニエを入れて、ウエストの穴から床が見えるようにした後、
「こちらへどうぞ」言われる。
で、その穴に立つと、ザッとスカート引き上げられて着るのだ。
着るっつーか穴に入る??
着る時は優雅な感じはないっす(笑)

やはりちびに合う丈のドレスはないのか…と思った試着でした。
ちなみに5号は微妙にキツくて無理でした。
5号フリーがジャスト、7号だとちょっとでかい、な感じ。

でも、これだけ試着すると疲れたよー。
ホントはチョブ太も試着してるんだけど、まだ許可得てないので写真は今度。
posted by おしゃべりひよこ at 01:14 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

指輪屋さん3

昨日のチャリで足が筋肉痛になるかと思ったら、肩が筋肉痛…。
そんなに力こもってたかなあ。


溜まってた記事をどんどんアップしまする。
ホントは衣装合わせ2回目も終わってるし…。
指輪屋さん3でござる。

今回の指輪屋さんは、店舗がありません。
ネットで購入するのです。
日本じゃ珍しいでしょ?

それがこちら、Marriaged Marriage

何故ここを発見したかと言うと、
トレセンテってどんなお店なのかなーとネットで検索しまくってたらでてきたの。
マリマリの社長さんは、昔トレセンテに勤めてたのだ。
トレセンテの売れ筋商品フローラ(ダイヤをとめる爪が花の形になってる)もこの人が開発したようですな。
トレセンテが売却される際に反対して、今の会社を立ち上げたらしい。

それだけなら「へえー」って感じなんだけど、この人のブログがすごく面白くてさ。
あと、指輪に対する思いがアツい。
なにより良かったのが、デザインに関する考え方がわしと近かった。
上質で洗練されたシンプルさ。
サイトのカタログを見て、惚れ込んでしまったわけです。

ただ、指輪自体初心者だし、いきなりは怖い…。
ここはサンプルリング(シルバーやジルコニア)を無料で貸し出していて、
それでデザインやサイズを確認してから実際に注文するのでな。
月に何度か内覧会があっているので、それに行ってみたわけです。

内覧会は銀座のオフィス。
オフィスとはいえ、マンションの一室です。
でも、これがチョブ太が前働いていたとことすごく似てて…きゅんときた(笑)

いたのはシャチョさんと女性スタッフ2人。
「店員さん」ではないからお店のような接客ではありませんでしたが、
何を聞いてもテキパキと答えてくれました。
トレセンテのような変なすれ違いもなく(AかCかと聞いたらBと答えられたみたいな)、
チョブ太と一緒にものっすごくリラックスして指輪を選べました。

内覧会ではサンプルではなく、
実際にホワイトゴールド、プラチナでできた本物の商品を手に取る事ができます。
ダイヤも本物…☆

指輪初心者ですごい聞きたがりのわしとチョブ太が
「プラチナとホワイトゴールドって結局何が違うの?」
「指輪のサイズってどうやって選んだらいいの?」
「メンテは?」
などなど、すっごい細かいことを聞きまくったのに、
それはそれは楽しそうに答えてくれました〜感謝!

実際にプラチナとホワイトゴールドの指輪をつけて重さの違いを体感させてくれたり、
ホワイトゴールドの地金まで見せてもらった…(笑)
指輪も全商品をつけさせてくれて、あーでもないこーでもないと一生懸命選んでくれました。

あの変な特殊照明(ジュエリーがより輝くような照明のとこがある)ではなく、
蛍光灯の下で見れたのも良かった。
日常に近い状態で指輪が見れたからね。
サイトで見た写真と、印象もほぼ同じ。
注文した後で「お店で見たのと感じが違う…」ってなるのヤだし。

ここで指輪を選んでて感じたのは、ここの人はすっごく指輪が好きだし、誇りを持ってて、
それが赤の他人を家族に結びつけるモノになることが幸せなんだなーってことです。
マジ楽しかった。
また会いたい。

とはいえ、まだまだ若い会社。
わしらが行った段階で、わずか設立1年でした。
チョブ太が

「アフターケアをお願いしようとした時、
失礼ですがこちらの会社がなかった場合、他のお店にお願いすることはできますか?」

と聞いた。



Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


聞いちゃった!?


さすがに女性スタッフさんも、一瞬ぐ、と詰まった。
けれど、

「大丈夫です。ジュエリー店ならどこでも対応できる加工です」

と言った。

このとき、信頼できるな、と思った。
会社の短所をちゃんと受け入れていた。
いじわるな質問してごめんなさいでした。
でも大事なことだった。

ここの指輪はシンプルで上質なものばかり。
年を取っても好きでいられそうだ。
こういうデザインって、意外とないんだよなー。
ゼクシィでざっと探すだけでは見つけられなかった。
あと、内側がなめらかでつけ心地がいい。
指にはめる時、丸いものが入ってくる!という印象。

チョブ太もこの会社自体が好きなようだし、ここのリングにします。
まだまだ先だけど。

買う予定はないけど、婚約指輪も見せてもらいました。
ダイヤってあんなに輝くんですねーホント綺麗だった。
欲しくなったもん(笑)

ここでダイヤの魅力も教えてもらったし、チョブ太とも色々話して、
結婚指輪にはダイヤが入る予定です。
買う予定の指輪の写真を、部屋に貼っています(´∀`*)


あ、指輪のサンプルをお願いした写真です↓

marimari1.jpgこれは婚約指輪のサンプルリングです。
右上のカバーにサンプルリングが入ってきます。
左にある指輪台も。
手前にあるのはカタログね。
これとサイズゲージがついてきます。
期間は一週間。
毎日のようにはめて眺めてたよ(笑)

marimari2.jpgディクトという、ダイヤが3つついたのが一番好きだった…。
ちなみに、マリマリの方に「指が綺麗ですね〜!」とすごい誉めてもらいました。

…チョブ太が。
ヤツは女性の手をしています。


価格も結婚指輪では普通だと思います。
安すぎもせず。

わしらが内覧会に行ったあと、どんどんお客さんが増えてるようですごく嬉しいです。
サンプルも楽しいよ。
家で家族とわいわいしながら選んだもん。

ああいう、「ものづくり」側の人、好きだなあ。
味方だ、と感じた人たちでした。


で、この内覧会の帰りに一件立ち寄った指輪屋さんがあるんですが、そこはスゴかった…。
詳細は次回。
posted by おしゃべりひよこ at 00:03 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

指輪屋さん4

ああ…連休が終わる…。
毎日ごろごろしてただけだけど。


指輪の続きです。

指輪屋さん3の帰り道、指輪屋さんを発見。
ケイ・ウノでした。
すっごい独特の変な建物で目立ってました。

そこで何故か寄ってみようか、という話に。
いつもなら行かないのにね…何故だろう。

入店してみると、もう19時過ぎだったけど3組くらいカップルいました。
ちょっとケースの中を覗いたときに、店員さんに見つめられてるのに気付いた。
見つめられてる、というより、見定められてる、という方が正しいかも。
見ててもしばらく声掛けなかったからね。
…なんかヤな感じ…。

チョブ太とこういうの?と話始めたとき、ようやく声掛けられました。
シンプルで付け心地がいいもの、と要求すると、いくつか出してくれました。

が、元々このお店はデザイナーリングが多く、結構ごてごてしてるのです。
ざっと見たときに「あ、違うわここ」と思ったけど引き返せず。

店員さんは
「うちは沢山の職人がそれぞれ得意なパーツを担当しているんです」
と自慢してました。
色々進められたけど、全然記憶にない。
というより、店員さんの
「うちの店にふさわしくないわね」的目線が気になってろくに選べなかったよ。

まあ確かにフッツーの格好でしたけどね。
しかしあからさまだった。

前回のマリマリの指輪は、ほとんどのリングがプラチナ・ホワイトゴールド・
イエローゴールドのどれにでもできるんだけど、
ここはやはり制限があった。

で、机に案内されて紅茶を飲み、値段を教えてもらいました。
そこで出てきたカップとソーサーもごてごて…。
オーナーのデザインらしいけど、わしは好きじゃなかった。

そしてこの店員さん、値段を口で言っただけで書いてくれなかった。
買う気がないの見抜かれたのかなんなのか。
でも不親切じゃないか?

値段を聞き、素材にも制限があったし、デザインもそんなに気に入らなかったし、
チョブ太とアイコンタクトでなしに。

で、一番ムカついたのが帰るとき。
カタログくれたんだけど、それが絵本みたくちゃんと製本されたハードカバーで、
微妙にかばんに入らなかったの。
わしが「あれ?入んないかな…」とごそごそして、チョブ太も「入る?」と言ってたのに


見てるだけで一切何もしなかった。

声もかけなかった。


腹の中で ( ゚д゚)ポカーン なってました。
しかも外は雨。
袋か何かくれるもんじゃないのか?
別にカタログ途中で捨てたからいいけどさ(ひどい)

わしはよっぽどのことがないとあからさまに冷たい態度はしないので、
この時も興味はなかったけど、それなりに相槌は打っていたはず。
それでこの態度かよ…。
たぶんあの女性店員、店長さんだとおもうんだよな。
えらそうだったし(そんだけ)。

冷たくされた原因なんですが、カジュアルな服だったことと、
マリマリの袋持ってたことだったのかも。
マリマリはまだちっちゃい会社なので知られてないかと思ったけど…
知らないにしてはあの態度あからさまだったなあ。
(ロゴは小さめな袋だけどな)

びっくりするぐらい接客の悪いお店でした。
カタログも趣味悪い。
好きな人は好きなんだろうけど。


と、いうわけで指輪はマリマリに決定です。
この後、マリマリにメールで色々相談して、
細かい部分を調節してくれそうなのも気に入りました。
仕事してると、打ち合わせメールで出来るのはありがたいよね〜。
シンプルが好きな方には、是非見て欲しいお店です。

さて。
結婚ネタで残るは2回目の衣装合わせです。
いつアップしようかなー写真の加工に意外と時間がかかる。
posted by おしゃべりひよこ at 22:10 | Comment(4) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

しつこい

結納の品ってマジいっぱいありすぎ…。
めんどくさいー。


ちょっと気になることがあるので実名で書かせて頂きます。
つーかクレームです。

わしは式場を決めた後、もっと安いとこはないかと探した経緯があります。
その時、資料請求を5コくらいしたんですね。
ぜくしから。

資料を取り寄せて検討した結果、1つだけに見学に行きました。
式場その9参照。
まあ追い出されたけど。

問題はこの資料請求。
ぜくしに登録してある情報を元に送ってくるので、
式場側もこちらの個人情報を持っているのですよ。
住所はもちろん、電話番号も。

この電話番号がかなり曲者。
ぜくしから見学予約などをするときは、
会場と連絡を取らないといけないことがあるのでウソ書けないんです。

わし、電話かかって来るのがイヤで、
且つ電話番号必要ないだろって判断した時は書かないかウソ番号書いてます。
すんまそん。
だってどこで売られたり漏洩したりするかわかんないから安易に書けないんだもん。

式場は資料請求だけで、客の個人情報もらえるの。
だから式場によっては資料送るだけでなく、電話かけてくるとこもある。
例をあげると
「資料は無事届きましたでしょうか?」
「今週末フェアがあるので、是非一度お越し下さい」
ですね。

わしは資料請求だけなら15会場くらいしてますが、
こちらからのアプローチを待たずに電話かけてきたとこ3つくらいあります。
まあこれはいい。営業だし。

が、1つしつこい会場が。
ホテルラングウッド。

資料請求の段階でサヨナラしちゃった会場なんですが、届いた直後に1回。
2週間後に1回。


さらにこないだ1回
もう2ヶ月近く経つっつの。


こないだの着信は、あとで気づいて
「なんだこの知らない番号…でも見覚えあるし…
下4桁変わって2回かけてるってことは会社かなにかか…」
と思い、ネットで検索したが出てこず。
自分の携帯でかけなおすのは怖かったので、
上司の許しを得て(笑)会社からかけて発覚したんです。
間違い電話のフリしましたが。

どーりで見覚えあると思ったわい。
2回目で「この式場しつこい…」と思った記憶あるし。
電話の内容もすごい食い下がってきてヤだった。
週末の予定まで聞き出そうとしたし。

まあきっぱり断らなかったわしも悪いんですけどね。
「考えときます」しか答えてないし。
でもやる気も行く気もない返答だったのに察してくれないのか。

さすがに3回目にはびびりました。
見学に行った会場ですら後追い電話1回まででしたからね。
こんなに時間たってるのに。
正直そんなに営業かけるほどブライダル予約入ってないのかと心配になる。

資料請求ってそういうもんなんかな?
こんなんじゃ簡単に資料取り寄せられない。

関係ないかもしれないけど、
住所を教えた記憶のないドレスショップからDMが来たことがあるんです。
見たこともないドレスショップで、資料請求や問い合わせはおろか、
ぜくしで見た記憶もない。
ホントに存在するのか、ネットで検索したし。
DMは受取拒否で突っ返しました。

予測っつーかたぶんそうなんですが、これ、式場からの情報漏洩でしょうね。
提携してるドレスショップだろうな。
じゃないとドレスショップからDMなんてフツー来ないよ。

だが。
式場ばれないとでも思ったのか。

わしは神前式希望ですからね、
海外挙式OKとかドレス3点以上レンタルで特典とか縁がないんですよ。
そのDMにはそういうコピーがでかでかとあって(透明封筒のDMだった)、
漏洩したのはチャペル挙式やってる式場だ!と直感しました。
となるとホテル系(それ以外は神社だからチャペルはない)。
資料請求したとこは5会場以下。
さらにそのDM出してるとこと提携してるかなんて調べ上げれば分かるわけで。
調べてないけど(笑)
だいたいあの辺りだなーって程度で満足した。

で、疑って申し訳ないが、
資料請求だけで何度も電話があると関連付けて考えちゃうんですよ。
条件満たしてますしね。

登録したぜくしは情報を管理してくれてても、渡した先が漏洩させることもあるよね。
資料請求するとき、「個人情報を送信してよいですか?」って聞かれるけど、
教えなきゃ送ってもらえないんだからどーしよーもないじゃん。

こういうことがあると、簡単に取り寄せられなくなります。
やーだーなー。

次に電話があったらきっぱりお断りします。
わざわざ通話料かけてまでかけなおす気はないし。

情報には気をつけましょう。
特に結婚関係のお店は積極的に情報を得ようとするので。
(今後連絡とるつもりはなくても、どちらかの連絡先、住所は必ず聞かれる)

見学に行って「ないな」と思ったらウソ住所やウソ連絡先書くのも手だと思います。
ただ、資料請求した後だとウソ書いても無駄になってしまいますので注意。
対応策としては、引っ越す可能性の高い方の住所を書く。
引っ越して転送期間終わればあて先不明になりますからな。

DMなら受取拒否で「個人情報削除願います」って書いて突っ返せばいいし、
メールは無視すれば済むんだけど、電話はマジめんどくさい。

困ったチャンでございました。
はふー。
posted by おしゃべりひよこ at 13:17 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

衣装合わせ2・白ドレス編

眠くて頭おかしいです。
2746円って言われて1751円出しました。
店員さんがすげー困ってた。


えーと、2回目の衣装合わせです。
とっととアップします。

今回は式場の衣装室ではなく、提携先のドレスショップへ。
ドレスにはあまり興味がなくて分からなかったけど、衣装室はドレス少ないらしい。
和装はそこそこらしいけど。
ドレス探すにはドレスショップにさっさと行った方がいいという記事をたくさん見かけたので、
行ってきました。

にしても、土日だと予約電話入れた日からだいたい1ヶ月半先の日しかとれない。
3ヶ月で結婚準備やる人どうすんだろ。

和装はだいたい決まってたから、ドレスのみ探しに行きました。
このショップに行く時は衣装室を通して予約するので、衣装室の担当がつきます。

ここ行くの楽しみだったんだー。
ドレスショー見た時もすごく好きなドレス多かったし ヾ(*´∀`*)ノ

前回のドレスで不満な点は…
■トレーンが長くて動きづらそう
■丈も長い
■透明な肩ひもが気になる
です。

では、いざ試着!
の前に、またもがさごそ選ばなくては。
ハンガーにかかった状態で選ぶの難しい…
でも写真でモデルが着たの見るのともまた違うしね。

今回の担当さんは前回よりてきぱきした人でした。
このショップは不特定多数の人が来るお店なので、ゆっくりしてられないからかな?
2時間って時間制限がありました。

土日は混むって聞いてましたが、
ちょうどわしらが試着する時には来客の谷間だったのか、がらーん…。
おかげさまで好き放題うろうろできました。
嬉しいことに、土日にしてはドレスが残ってる方だったみたい。
(土日は挙式が多いので、当然レンタルされたものはお店にない)
らっきー。


では、1着目。
Wdress5front.jpgこれは、たぶんプリンセスライン。
オフホワイトですね。
やわらかいオーガンジーのスカート。
写真じゃわかりにくいけど花の刺繍がちりばめられてます。



Wdress5back.jpgやはり長いトレーン。
ちっ。
ふわふわは上の方だけで、トレーンのとこはやや控えめですな。
この柔らかな素材と色、好み。
ちなみに背中にあるちっこい白いのはネックレスの値札です(笑)


Wdress5up.jpgスカートにある花がビスチェ部分についてます。
この肩ひもは取り外しも可能。
外してもらったけど、
やっぱなにもないビスチェだとむっちり度が高い。
胸元になにかポイントがないとだめだなー。


わしはちっこいので、プリンセスラインだと顔が負けちゃう感じがしてたんですが、
衣装さんはめちゃすすめてくれた。
この時はいまいちわかんなかったけど、後々何故これをすすめてたか分かります。

2着目。
Wdress6front.jpg着た瞬間にダメ出しされたドレス(笑)
素材感、胸元ポイントが実に良かったのですが、
スカートの下にフリルが集中しているため、
チビのわしにはバランスが悪かった。
素材は軽そうだけど、ちびさんだと重そうに見える。


Wdress6back.jpgこの波打つようなフリル!
マジかわいいーほれぼれ。
チャペル式だったらこれ選んでた。
白とオフホワイト2色のフリルになってるのだ。



Wdress6up.jpg胸元も良かったな〜。
これが一番胸元が綺麗に見える。
多少ぶかぶか感はあるが気にするな。
くそう、背が高ければなあー。



これは衣装さんは渋い顔してました。
やっぱりバランスが悪いみたい。
確かに、ずっしゃり感がある。
これだったら前回のエンパイアかな。


3着目。
このあたりから何が似合うかよく分からなくなってきてやる気なくなってます。
猫背だもん(笑)

Wdress7front.jpgあまりトレーンが長くない、スレンダーライン。
いやAラインか?
胸元はいいけど、
スレンダーラインだと何故雰囲気がひっそりしてしまうんだろう。
なんつーか…キャラと違うというか。


Wdress7back.jpgバックスタイルの感じからして、これは挙式には向かないかも。
レストランや二次会向きのドレスかな。
ちょっとつやっとしてて、濡れたような雰囲気。




Wdress7up.jpgギャザーな胸元。
でかい花モチーフがあるので、そんなに寂しくはないかな。
着た時は結構好きだったけど、
写真で見るとやっぱ沈んで見えるな。
合わないんだろな。



最後、4着目。
Wdress8front.jpgシンプルなのが好き、
と言ったわしに合わせて衣装さんが持ってきてくれたドレス。
マーメイドラインなのかな。
ま、自分で選んだのが1着きつくて着れなかっただけなんだけど。
いやーびっくりするぐらい似合わないね!
上半身がでかく見える。
あと、よく見たらドレスの腰の位置変だ…おしりくらいにある。

Wdress8back.jpgトレーンは短い。
けど細身ドレスだとどうしてもひっそり感が…。
ふりふりかわいいけどね。
生地の感じは、3着目と同じく大人っぽい。



Wdress8up.jpgアメリカンスリーブは苦手みたい。
上半身がごつく見える。
どーもチチがむっちりしてるようだなわしは。
こないだワコールの店員さんに、
アンダー細くてでかいの羨ましがられたもん。
腹がでてるからプラマイゼロだがな。


白ドレス試着はとりあえずおしまい。
今回わかったことと合わせると

1.胸元モチーフは必須。
2.スカートにある程度ボリュームがあったほうがよい。
3.やわらかいふわふわマンセー。

ですかね。
あとは、グローブがやだ。
わし手がすんげーちっちゃい(頑張れば幼児用の手袋が入る)ので、絶対合うサイズないもん。
ぶかぶかの手袋なんて扱いにくいったらないので絶対しない。

嬉しかったのが、ドレス下着。
式場の衣装室はワコール、提携ドレスショップはワコールとKEA工房ブライダルブルームのインナーを貸し出してくれる。
インナーの具合も見れて一石二鳥だーい。

前回はワコール、今回はKEA工房だったのですが、わしはワコール派かな。
ちょっと小さめのを借りちゃったからかもしれないんですが、KEA工房のより補正が強い感じ。
KEA工房のをつけた今回の写真は、猫背がすごく多い。
わし、姿勢が悪くて意識してないとすぐ猫背になっちゃうので、
補正が強い方がいいかな、と思いました。
年明けのバーゲン目指すか。

それにしても白ドレスは丈が長い!
全然短いのがないから、歩けるのかすごく不安になりました。

次は色ドレスになります。
posted by おしゃべりひよこ at 00:02 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

衣装合わせ2・色ドレス編

何故、色打掛があまり気に入らないのかが分かった。
帯が見えないからだー!!
あんなに素敵な結びができるのを隠すのもったいない。


今回は色ドレス編です。
前回の白ドレスで、なんつーかピタっとこないなーともやもやした感じになりましてな。
担当さんに促され、とりあえず色ドレスコーナーへ(階が違う)。

カラードレスコーナーはとにかく華やか!
大まかなグラデーションで並んでいました。
とはいえ、ぱっと見て最も多い色相はやはりピンク。
次にエメラルドグリーンからパステルブルーにかけてかな。
もちろん、赤や黒、紫もあるけど、やはり数は少ない。

ここから来てみたいのを選ぶんだけど、白ドレスより大変だった。
まず、着たい色を選ぶ。
その範囲から5号フリーを探し出さなくてはならない。
だから、どんなにかわいい!と思うデザインがあっても着れないのだ。
選択肢が狭い。
特に、少ない色相である黄〜オレンジはホントになかったなあ。

白より華やかだけど、派手!という印象もあるカラードレス。
わしはごそごそしながら「できるだけ恥ずかしくないヤツ」と思って選んでました(笑)

では、1着目。

Cdress1front.jpg色彩の本見てたら、
ケンブリッジブルーが一番近いかな。
軽めの素材もあって、ペールトーンに見える。
ハートビスチェですな。
ブーケは自分で選んだのですが、ハマってんな。
大学で勉強しただけのことはあったかな(笑)

Cdress1back.jpg色ドレスは前と後ろのデザインがほぼ一緒。
トレーンが長くないってだけで相当嬉しかった。
ふわふわのチュール。
模様は全部ビーズでござる。
ビスチェの後ろが紐でかわいい。


Cdress1up.jpgビーズできらきらの上半身。
このドレスは衣装さんに絶賛されました。
色良し、バランス良しで、
「新婦様、カラーにしては?」と何度も言われました(笑)
自分でもキャラ的にそうだと思いまふ。


この色相のカラードレスは結構多いです。
サムシングブルーで人気あるのかもな。
白ドレスより丈も長くないので歩きやすかった…。
「これなら歩けそう!」と初めて思えた。


2着目。
イエロー系で唯一あった5号フリー(笑)

Cdress2front.jpg選んだブーケもかわいいしょ?
1着目よりもスカートの広がりは大人しいです。
でも花!って感じでかわいい。
スカートのお花も適度に散らばってて、
これまた衣装さん絶賛(笑)
こちらも蹴り歩きができた!

Cdress2back.jpgこれもビスチェ後ろは紐ですね。
黄色はホントに華やか。
だけどあまり数はありません。
ヤフオクのドレスでも、黄色は件数少ないのだ。



このドレスに限ってアップがない…。
横とかはあるんだけど。
胸元に着脱式のバラモチーフがあって、なかなかよかった。
モチーフがないと、レースがちょっと着いてるだけで寂しいんだけどね。

ちなみに、1着目のようにビーズが一面にあるビスチェの場合、
脇下を詰めることができないそうです。
なのでこういうドレスを選ぶ時は、激やせやダイエットに注意がいるらしい。
この黄色は脇下は装飾がないので詰められるそうだ。


最後、3着目。
一番数の多いピンク。

Cdress3front.jpgミルフィーユみたいなスカート!
が、衣装さんは1、2着目よりつまんないって言ってた。
スカートが単調に見えるみたい。
この手のピンク、わし顔がくすむ…何故に。
ブーケの色合わせぴしゃり。
すげーだろ(自慢)

Cdress3back.jpg色ドレスはバックスタイル一緒だね。
ちなみに、白の場合はティアラやクラウン等、
色の場合はお花の髪飾りをオススメされました。
確かに、色でティアラより花で華やかにした方が良さそう。



Cdress3up.jpgビスチェの上にフリルが着いています。
こういうタイプ初めてだなー。
斜めギャザーのおかげか、あまりむっちり見えない。
ステキ。
この写真を撮る頃、
衣装さんが「ピンクもかわいいわね」と迷いだした(笑)


以上でわしの衣装合わせ2回目は終了〜。
このあとチョブ太の衣装合わせでした。
これは次回アップしまする。

さてさて、前回の白ドレスで衣装さんがやたら1着目を押す理由が分かった。
華やかな雰囲気が合うんだな、自分。
だから、清楚、スタイリッシュ、エレガントよりもキュート、華やか派なんですな。
キュート系列は圧倒的にプリンセスライン、Aライン、そして色ドレスなのです。
どうりで…納得。

好き、と似合うは違いますね。
ホントに着てみないとわからない。
試着はタダなんだし、「絶対似合わない」かどうかは着てみて判断すべきだなーと思いました。
わし、色ドレスは絶対演歌歌手みたくなるからヤダと思ってたもん。

今回の衣装さんが、
「やっぱりドレスは第一印象ですね。
着た時、「これいい!」と思う感覚が大事。それが運命の一着。
そういうのになかなか出会えないと、ドツボにはまってものすごく迷う方多いです」
って言ってました。
ドツボにはまると、
たくさん着すぎて結局何がいいのかわからなくなるから危険なんですとも言ってた。

後はね、雑誌で勉強しすぎるのも大変なんだって。
先に「こういうのがいい!」っていう絶対的な憧れを持っちゃうと、
それに固執しちゃって「自分に似合うもの」ではなく「理想像」に近づこうとしてしまうみたい。
あくまでも、こういうのが好きレベルが良いようです。

チョブ太は、わしがドレスに合うブーケを一発で選ぶのにびびってました(笑)
鏡の前でとっかえひっかえせずに、壁に掛かってる状態から「あれ」って選んでましたからな。
大学の時いっぱい色彩構成やったもん…。
元々色を組み合わせるの好きだしな。


どれを予約したかは当日まで秘密です。
わしの性格からしてあからさまだろうけど(笑)
また変わるかもだしね。
posted by おしゃべりひよこ at 22:56 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

素朴な疑問

明日、帰宅困難者訓練に参加してきます。
都内の職場で地震などの災害にあった時、歩いて帰る訓練です。
日比谷から近くの公園まで。
運動不足だけどヘイキかな〜。


えーと、今結納の段取りを進めているところなのですが、
チョブ太から「婚約指輪を買おう」と言われました。

元々購入の予定はなかったのですが、
結納の品ってさ、するめとか昆布とかだし、後は結納金(現ナマ)でいずれなくなるものばかり。
するめとかは飾った後食べるらしいし、現金は使えばなくなるね。
なので、品物がないと結構寂しいなって気づいた。

品物といえば、代表は婚約指輪。
が、わしは全然アクセサリーをしないので、つける機会も少ないしいらないって言っていたのだ。
でもな、マリマリではめて以来気にはなってた。
ので実は嬉しい (ノ´∀`*)

ままんに聞くと、やっぱ宝石ってのはずうっと残るし、
子供にも譲れるものだからねーあってもイイと思うとのこと。
確かになー。
服からなんやらは、廃れたりダメになったりするけど、宝石に関してはないもんな。
リメイクもできるしね。

欲しいのはマリマリのディクトって決まってるんですが、
一応他のも見ようと思って、仕事帰りに1人でジュエリーんとこ行ってきた。

そこで生まれた婚約指輪の素朴な疑問について書きます。


1.何故価格帯が決まっているのか

それはもう見事に20万〜30万台。
何故10万台がないのだ?
図ったように同じ価格帯。
上はキリがないけどね。
婚約指輪は購入者が減っているので、10万台があってもいいと思うんだけど…。
結婚指輪は幅が広いのに、婚約指輪になると示し合わせたように同じ価格帯なのが不思議です。
というか、業界の意図を感じる。


2.何故プラチナしかないのか

結婚指輪はいろんな金属があるのに、何故か婚約指輪はプラチナのみが多い。
何故??
わしの探し方が悪いのかもしれませんが、ホワイトゴールドの婚約指輪はほとんど見かけない。

高い素材を使っている割に、販売ではダイヤの品質を押す。
これがさらに意味が分からない。
ダイヤの質・大きさにこだわるのなら、
地金をゴールドにして価格を下げ、ダイヤの比重を大きくすればいいのに。
何故ダイヤをあんなに売り込むのに地金の話題には触れないのだろう。
さっぱり理解できん。


3.何故ダイヤのうんちくを教えるのか

有名なダイヤの品質4C(カット・カラー・クラリティ・カラット)ですが、あれ必要か?
より輝くカット、より無色、より透明(不純物がない)、より大きい(重い)方が高いのです。
けどさ、素人目に見ると一段階の違いなぞわからない。

今日、カラーがD・F・Gのダイヤを並べて見せてもらいましたが、
(Dから始まって、後になるにつれ黄色味がでてくる)



正直ぜんっぜんわがんね (;´∀`)




「Dの方が輝きに強さがありますでしょ?」と言われたけど ( ゚д゚)ポカーン でした。
言われりゃそうかもしれないけど、言われるまで絶対わかんね。
タグない状態で出されたら絶対わかんね。
しかもこの時、FよりGの方が上だと勘違いしてましたからねわし(笑)
だってABCのお歌を歌わないと順番わかんないんだもん…

セレブでダイヤに見慣れてれば分かるのかもしれないけどさー。
わしは庶民だし、別にそんな知識いらないけど。
そういうのがいるのって、売りに出す時くらいでしょ?
結納の品を好き好んで売りに出すわけないじゃん。

今日のお店はまだ軽い方で、
すごいとこになると顕微鏡覗かせて違いをはっきり確認させるらしいよ。
誰が婚約指輪を顕微鏡で見るんだよ(笑)
つーか指輪渡したら「これ品質イマイチね」っていう彼女、めちゃ嫌だ。

ただ、そういううんちく言われると、なんとなく高い方を選びたくなるもの。
でも、わしにはこのうんちくが「業界の商法」に感じられて仕方がなかった。

わしの好きなマリマリは、素人でもはっきり分かる違いは大きさだから、
一定水準以上なら大きいものを選んだ方がいいよって考え方です。
今日お店に行ってみてすごくそれに共感した。
だってうんちく長くて飽きるんだもん (´Д⊂グスン

そもそも婚約指輪のダイヤはファッションリングより高品質なものを使っているので
(やはり記念の品としてふさわしい質にするようだ)、
それでいーじゃん。
つーかファッションリングでもおもちゃでも、贈られたものは十分嬉しいよ。
それでいーじゃん。


そんなこんなな指輪話でした。
ジュエリー業界ってなんつーか閉じてる雰囲気を感じました。
ホントに適正価格なのかなー疑問。
素人に確かめる術はないからね。
posted by おしゃべりひよこ at 22:50 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

衣装合わせ・チョブ太編

帰宅困難者対応訓練行ってきました。
足いってぇ…!!
筋肉痛を防ぐためにサロンパス・湿布貼りまくったら、
足の温度が下がって寒い _| ̄|○


チョブ太の衣装合わせです。
「アップしていいか」と聞いたら、なんかがちゃがちゃ言ってたけど大丈夫でしょう。
あまりの少なさに(笑)衣装合わせの1回目と2回目が混ざってます。

元々自分の着る普段着ですらどーでもよさげな人。
ほっとくと3枚くらいの服でローテーションします。
新しいの買っても奥にしまうとそのまま使われない。

なので、衣装合わせの時は主導権は完全にわしです。
衣装さんもそれを見越してわしに色々話をしていましたよ(笑)

では、第一回目の試着。
k1.jpgグレーのロングタキシードかな?
ただ、チョブ太が着るとすんげーフッツーのスーツに見える。
Tシャツのまま着たからだろうけど。
着た瞬間、わしと衣装さんで「合わないですね」と話をした(笑)
グレーはくすむのかな?


2着目。
k2.jpg白のロングタキシード。
先ほどのグレーよりこっちが良かった。
チョブ太立ち方がじいちゃんっぽいよ…。
ただ、これに関しては、
わしが白ドレス選んだ場合これでいいの?という気がした。
白白だもんね。
衣装さんは大丈夫と言ってたけど。

つーか式場の衣装室に新郎の衣装全然ない!
プラン内でおさまるものがホントにない。
チョブ太は細いので、フツーのではことごとくダボっとしてしまうので困った。

ちなみに、145のわしが15cmのヒールを履くので、
165のチョブ太も底上げせねばなりません。
はっはっは、すいませぬ。

この時、チョブ太の衣装は決めませんでした。
何故かというと、ドレスが決まってなかったから。
やはり、2人でセットなので、お互い合わせなきゃなのだ。

あ、チョブ太は文句も感想も言わず、人形のように着せ替えられてました。


次は衣装合わせ2回目での試着。
k4.jpg前回グレーがダメだったので、
中間色はダメなんかなーと思ってた。
それでも、と衣装さんが持ってきたのがこれ。
黄色味のあるグレーで、かなり光沢があります。
でも新郎ってカンジ!
しかし…この写真手が長く見えるなー。

k4-1.jpg中のベストとタイを黒にするとこんな。
チョブ太色が白いから黒がすごい目立つ。
これは同じものの中でいっちばん細いのを試着しております。
それでも余る。
ちなみに後ろの方も同じものを試着してます(笑)


k4-2.jpgベストを同じ色にしてタイを白に。
試着してた時は黒かなーと思ってたけど、
写真で見るとこっちがいいかな。
ブートニアは、この時わしの持ってた鞄に合わせて
黄色にしてくれました。
しかし細いな…わしと体重ほぼ変わらないんだもんな…。

ドレスは最終決定ではないのですが、
新郎の細身な衣装は数が少なく埋まってしまう可能性が大なので、このグレーを押さえました。
チョブ太もたぶん大丈夫でしょう(ひど)

インポートが選べればラクなんだけどな…(プラン外)
ドレスよりプラン外が多くて選択肢がさらに狭かった。

しかし、ドレスショップの新郎衣装ってマジ少ないね。
マッチョ小僧にデジカメ画像を見せたら、
「あんたのは100枚以上あるのにチョブ太さんの5枚くらいやん!」
って怒られました…。
だ、だって少なくて選択肢もないんだもん!

オシャレしたい新郎さんは、新郎専門のショップがあるのでそちらに行った方が良いです。

あとは、ドレスとタキシードの最終決定、白無垢の最終決定と紋服選びです。
衣装が決まると小物→ヘア→ブーケ・会場装花と続きます。
なんか本格的になってきた感じでいまから怖い (;゚д゚)ゴクリ…


おまけ。

k3.jpgよだれかけ。
ではなく試着用のシャツ。
よだれかけにしか見えなくて爆笑しました。
posted by おしゃべりひよこ at 21:48 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

帰宅困難者対応訓練

ダイヤについて納得ー!と思ったこと。

婚約指輪を購入する際、ダイヤモンドの何を重視したら良いでしょうか?
ダイヤモンドの鑑定書について教えてください。

マリマリの婚約指輪サイトです。
気になる方はどうぞ。
「価格が2倍だからといって輝きも2倍になるわけではない」
ホントそうです。
そしてダイヤの鑑定書って公的なもんじゃないんだ…へー。


えーと、こないだ参加した帰宅困難者対応訓練のことです。

都心で大地震が発生して公共交通機関がマヒした際、自宅まで歩いて帰る訓練です。
毎日電車だと道もわからないからな。
日比谷公園から、埼玉、神奈川、千葉方面に分かれて歩きました。
途中7箇所に休憩所があって、水やお菓子くれます。
3つ目では昼食も。
係員に言えば、その場でリタイアできるという自由なスタイル。

感想。



足いってぇーーー。゚(゚´Д`゚)゚。




埼玉方面は21キロあったのですが、全面コンクリなので足痛かった。
スタート地点でペットボトルの水もらって、
それほとんど飲んじゃったけどおしっこ行かなかった。
全部汗に…。

埼玉コースは出発時400人いたのがゴール時200人ですからね。
結構過酷だった。
10時に出発して16時半にゴール。
締め切り17時だったのでぎりぎりでした。

精神的につらかったのが、予想距離と違うこと。
わしの住んでるとこから池袋まで電車で約20分。
池袋から職場まで20分で、ほぼ同じ時間なんですね。
が、実際には職場から池袋までが総距離の3分の1!!
「池袋まで着いたからあとちょっとだー」と安心して痛い目あいました。

昼ごはんではアルファ米食べたよ。
水やお湯を注ぐだけでごはんになるという非常食やね。
あと缶詰とお味噌汁もらった。
アルファ米はね、結構ぼそぼそしてる。
けど、災害時はおいしいだろうな、と思った。
あと、ゴールしたら缶詰パンくれた。

えー、肝心の道は全然覚えてません(笑)
でも、もし大地震が来て、チョブ太もわしも無事なら、
とりあえずチョブ太が渋谷に向かうそうです。
わし方向オンチだからな。
一人だったら、チョブ太に車で迎えに来てもらって通る道覚えてるからそれで帰ります。

わしの災害への知識ってほとんど「彼女を守る51の方法」から来てるんだけど、
今回歩いてほんっとに靴って大事!と痛感しました。
51の方法には「災害時にはまずヒールを折る」とありますが、それやらないと足が持たない。
災害時は道路もぐちゃぐちゃだろうし。

あと水ね…。
あれで水なかったらキツい。

51の方法で「へー!」と思ったのは、「女の子のカバンは最強」という内容。
ちょっとお菓子が入っていたり、水が入っていたり、運がいいとナプキンもはいってる。
ナプキンは最高の止血材料なのだ(清潔で血を吸う)。
わし、あんまりお菓子いれないけど、入れるようにしようかなー。

災害伝言版にも事前に大事な人の番号登録しとかないとな。
あ、火事が近づいてきたら、オニャノコはまずストッキングを脱いでください。
あれはナイロンなので、履いたままやけどをするとヒドいことになります。
恐らく溶けたストッキングが張り付いて皮膚から剥がれなくなる。
あと、レイプが多発する可能性が高いので(治安が悪くなる)
人気のないところに近づかないこと。

できればあって欲しくない災害だけどね。
えんえん歩くだけだから、なんか色々考えた。
前半はチョブ太にサブプライムを説明してもらってたんだけどね。

つーか中学の強歩会思い出した(笑)
25キロを休憩なしで歩く恐るべきイベント…。

ちょっと地図で距離を見るくらいは、やって損はないと思いました。
しかし運動不足だな…うむ。
posted by おしゃべりひよこ at 22:37 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

結婚のきっかけ

胃の小さいわしには、バイキングは最初から負け戦だよう…。
見てるだけでお腹いっぱい…うぷ。


こないだとあるサイトで、結婚を決めた理由をアンケトとってた。
やはり多かったのは「親への挨拶をしっかりしてくれた」でしたね。

そんで、うーんと考えてみた。
うちらはなんでだっけ?

単純に、「結婚しないと一緒に暮らせないから」な気がします。

わしの親がね、結婚前の同棲はおろか、泊まりすら許しませんから。
だから、わしが名古屋に泊まりがけ(もちホテル泊)で挨拶に行く時も、
チョブ太が「お預かりします」って挨拶したもん。

でも、ここんとこ結婚活動の広告が目に見えて増えてるのを見ると、
そういう制限があったことで踏み切れたのかなーと思います。
逆にね。
うちはおめでた婚も許さん!という感じですのでなー。
チョブ太の前で
「うちででき婚なんかしたら結果はどうあれ相手を殴る」
と言ったし (((゚Д゚)))ガタガタ
気を付けマッスル。

お互いが一緒にいるために結婚が必須条件だったから、自然とその方向になったのかなー。
前、同棲が許されていたら結婚した?とチョブ太に聞いたら、
「今の日本じゃ子供を育てるのに結婚した方がいいから結婚する」
と言われたっけ。
結婚してなくても子供育てやすい条件になれば、結婚する必要はないとも言ってたな。
確かに。

結婚のきっかけではないけど、わしの中ででっかい変化が合った時があるのだ。
チョブ太から緑の手紙をもらった時。
確か、つきあってるんだけど他にやりたいこといっぱいあって、
あっちいったりこっちいったり、チョブ太をないがしろにしていた時にもらったのだ。
当時はないがしろにしてたなんて思ってなかったけどね。

チョブ太はおしゃべりじゃないからうまく伝えられなくて、だから手紙してくれたのだ。
つたない日本語だったけど、大事に思ってくれてるのにすごく申し訳なくって、
号泣したの覚えてます。
図書館で(笑)

あの手紙をもらってから、チョブ太がなにより優先になったんだよな。
今でも大事にとってあります。
いやーなつかすぃ。

それからチョブ太ばーっかりで、他の人間関係テキトーにしちゃってたなあ。
最近すごくそれを反省中。

わし、ひきこもりなのよー基本。
チョブ太と家族がいれば満足しちゃうので、今人間関係すごく狭い気がする。
がんばって連絡とろうとはしてるんだけど、めんどくさがりなので続かないという…。
大学の時みたいに人とテンポ良く話せなくなってるんだよね。
まいったにゃー。

結婚したらもっと引きこもっちゃうのでは? (´・∀・` )
でもマジでチョブ太といるとめちゃ満足しちゃうんだよなー。
毎日会っても全然飽きないし一緒にいたいと思うし。
ふむーいきすぎかねえ?

でも好きなもんはしょーがねーべ。
引きこもらないようにぎゃんばります。

というわけで遊び相手募集(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 23:27 | Comment(3) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。