2008年08月03日

またきた月初

またも月初がきましたー。
なんだか忙しい日々が続いています。
もっと落ち着きたいよう。

以下私信。

夏着物の写真まだ送れてなくてごめん。

浴衣の写真受け取りました。
ちょっと小粋な帯結びの方がよさそうやね、ムフフ。

また今週もげっそりな忙しさなんだろうなー。
もうこういう状況慣れたけどね。

さてさて、またなんとか頑張りますか。
posted by おしゃべりひよこ at 23:40 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

初着付☆

もー精神的にぱっつんぱっつんです。
なにかあるとはじけてしまいそうだ。
でもなんとかなりますよねーはっはっは。


今日は、大学の同期に人生初のお着付をしました。
麻っぽい矢絣と撫子模様の浴衣に、コーラルピンクの帯でるり蝶を結びました。

どーだったかな。
後々の参考になるので、どっか痛かったりしたら教えてね。
うまいラーメンありがとでした。
あと、おしゃべりも。
心が潤った(*´∀`)

やっぱ楽しいねー着付。
本格的に着付専門で習いたい。
習うのなら今の仕事をやめて本格的に習いたい。

それくらい好きだ。

最近よく浴衣姿を見かけますが、「うーん…」という感じの着付がすごく多い。
足下つんつるてんだし(浴衣の場合でもくるぶしが見えるか見えないかくらいです)、
胸が帯に乗っちゃってるし(とてもおばさんくさく見える)。

兵児帯とかつけてるから、きっと美容室かどっかで着付けてもらってるんだと思うんだけど、
うーん…自分だったらこの着付でお金頂けないです。

いや、わしも今回の着付うまくできたとはとても思えないけどさ。
ごめんねひよっこで 。・゚・(ノД`)・゚・。

でも、なんとなくそういう浴衣姿をみてて感じたのは、
美しいきもの姿を知らないんだなってことですな。
浴衣もきものの一種なんですが、きものとしての美しさが分からないから、
色々つけて洋服っぽく着たがるのでしょう。

いおんかどっかのCMの浴衣とか、暑苦しすぎです。
すきっとした美がない。

わしはきものに関してまだまだぴよっこですが、
わしの中に固まりつつある「きもの美の常識」は、今後どんどんなくなっていくんだろうな。
いや、わしも先生たちに比べるとまだまだ遠く及ばないけども。

なんでも飾りを増やせばいいというものではない。
敢えて減らすからこその綺麗さってのがあると思う。

よく、きもの屋の店員さんが、柄足袋や柄襟でアンティークっぽく着ていますが、
そういうのを使わない、スタンダードな着方ははたしてできるのだろうか。
別にああいう着方を否定している訳じゃない。
でも、あれで満足してはもったいないと思う。
せっかくきものを好きでいるのに。
せっかく人をきものに導く役目をしているのに。

わしはどうしても、「基礎あっての応用」という考え方なのでね。

昨日、タイパンツというのか?麻っぽくてちょっと長めのパンツで、
ビーサンや雪駄を履くスタイル。
あれをマッチョ小僧がほしがったんだが、おかんが

「こんな遊び人みたいな服着るな!」
「雪駄は昔から遊び人かヤクザが履くもんだ!」

とお怒りになったわけです。
2つ目のセリフは言いすぎだと思うけど(笑)

この感覚、わしは分かるんだ。
ネットで画像見せてもらったけど、
「あー寅さんにでてくる遊び人ような雰囲気」
って思ったもん。

でもね、おかん。
きっとこの感覚は、マッチョ小僧の世代にはとっても薄れてると思うよ。
帯に胸が乗っていても、おばさんくさいと感じないのも同じ理屈だ。

ものすごく悲しいことだけど、これが時代の流れなんだろうな。
きっともう戻らないし、復活させることもとっても難しいだろう。

でも、晴れの日にきものを着るって儀式はなくならないと思う。
ちょっとでもいいから、ずっと残ってて欲しい。

だから、一番の晴れの日には、その日にしか着られないきものを着るのだ。
白無垢なんて、もう二度と着ないしね。
次に真っ白いきものを着るとしたら、死に装束でしょうな。

式に着てくれた人に、きものを着たいを思ってもらえるといいな。
そういう式にしたい。

なーんか感傷的だなあ。
はははー。
posted by おしゃべりひよこ at 23:51 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

顔合わせ 〜美味!後半〜

今回の月締めはつらかった…。
何度もトイレで泣きました。
「やばい、心が折れそう!」と2回ほど思った。
終わったからいいけど。


さて、随分間があきましたが、顔合わせ食事後半です。
もう前半忘れちゃった…。

スープの後は、待ちに待ったメインディッシュ。
【岩手 岩中地豚のロースト シェリービネガーソース】

店長さん曰く、
「檻の中で育った可哀想な豚ちゃんではなく、野山を駆けめぐって育った豚ちゃんで、
生で食べられるほど臭みがありません」

豚ちゃん…( ・∀・)

どでかいチャーシューかと思ったよ。
とりあえず見かけはそんな感じ。
でも、豚特有の臭みは全くなかった!
しかもジューシーで、ビネガーソースのおかげでしつこくもなく。
美味しかったよ〜。

うちの家族はぺろりと平らげましたね。
チョブ太のご両親は小食みたいでちょっと残していましたが。
ああ…時間が巻き戻せるものなら、残した分もらって食べたい…(by うちの家族)
となりに添えてあったアスパラは、親指並に太かったのにとても柔らかかった。
そんでマッシュポテトみたいなのもうまかったー。

あー、もう一度食べたいよう。

そして、最後はデザート!
両親のは特別メッセージ入りのいちごのババロア。
その他はしっとりしたショコラとバニラアイス。

そう…あまりにおいしくてね。
デジカメ持っててたのに、撮影すっかり忘れてたの _| ̄|○
全般的に。

で、唯一とった料理の写真がこちら。
ケーキ.jpgめっちゃ食べかけ!
いやせめてメッセージを撮影しようと思ってさ。

これもいちごの味が濃厚で美味しかった。
両親はおなかいっぱいだったらしく、ほぼ若いメンバーに食い尽くされてましたけど(笑)

メッセージ、チョブ太のご両親にも喜んでもらえました。
チョブ太んちはオトコ兄弟オンリーだから、
ああいうことしてくれないのよ〜って後で電話で御礼言われました。
よかったー!

この後、おいしいコーヒーとオレンジペコかな?紅茶でフィニッシュ。

実はorangeさんにこれだけのことをしてもらったのに、金額は5000円超えていません。
すごいでショ。
ちなみに、量は小食のわしは腹がはちきれんばかりでした。
うちの家族は「もちょっといけた」らしい。

正直、あの金額であの質、あの量の料理には、ラッキーじゃないと今後出会えないと思う。

後にランチに行った時に、店長さんから聞いた話によると、
顔合わせやら結納やらをずっとやってみたかったんだって。
そこにうちらがたまたま行き着いた、ということ。
お互いの利害関係が一致していたんですね。

でも、サーモンやら豚ちゃんやらパンやら、
仕入れ先にも協力してもらって特別メニューにしてくれて感謝!
きっと一族間でずーっと語り草です。


そういえば飯の話ばっかで、内容に全然触れてませんでした。
それぞれの生い立ちやら世間話が主で、結婚や結納の話はさわり程度でしたよ。
ま、いきなり現実的な話なんぞできないよね…。

わしとチョブ太は両親の話に参加していたんですが、
その隣ではうちの妹&マッチョコンビの漫才に、チョブ太弟が爆笑していたようです。
ヤツら普段の会話が漫才だからな。

最後に、お店の前で記念撮影。
ちなみにわしはクリスタルシルフのワンピを着ていったよ。
あんなに高い服きたの初めて…(笑)

あ、さんざん服でどたばたしたのに、会ってみたら両家ともすごくマッチしてましたよー。
心配しなくてよかったんじゃん。


これにて顔合わせ終了☆

でも、この後実はまだイベントがあるのです…!
posted by おしゃべりひよこ at 22:00 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

顔合わせ〜会場下見〜

今日は家で焼き肉。
う〜ま〜。
久しぶりだなあ、おうちで焼き肉。
やっぱ家族と食べるごはんはおいしいよね。


顔合わせの食事が終わったら…会場下見!を企画していたのです。
チョブ太の両親は名古屋だから、そうそう会場見てもらえないし。
近くにいるうちの家族だけで盛り上がってちゃいけませんでしょ。

だから、この日に合わせて会場を絞り込んでいたのです。
時系列で書くと

顔合わせ下見&日時決定(3月末)
  ↓
会場探し開始(4月〜)

なのです。
ぜくしなびにも
「5月の連休にライバルがたくさん増えるので、顔合わせまでに決めちゃいましょう!」
と言われていたしね。
(5月の連休は遠恋カップルやら平日忙しい組が多く会場探しに乗り出す)
リミットが決まっていたから、わずか1ヶ月で8会場も巡ったんです。
頑張った。

ただ、担当さんとの約束が17時からだったので、みんなでぶらぶらミッドタウンめぐり。
若い組は楽しかったみたいだけど、チョブ太のご両親は疲れちゃったみたい…。

この辺の段取りあいまいだったからな。失敗。

移動後も、ちょっと神社近くの休憩所でお休み。
チョブ太の家族は、前日にはとバスで浅草観光に行ったので、かなりお疲れのようでした。
マジ申し訳ないことをした。

で、いざ会場に向かおうとしたら、駅が激混み!!
連休だからかすんごい人。
お盆の海水浴場とかプール見たくなってたよ…イモ洗いとはまさにあのこと。

ここで失敗だったのが、もともと人混みが苦手なチョブ太家族がさらに疲れてしまったこと。
会場までは、駅前を抜ければ人の少ない道に行けるんだけど、
そこまで達するまでの印象が悪かったでしょう。

会場に着いたら着いたで、
みんなにこの会場が気に入ってもらえるかわしが緊張 アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ
だってあんなに一生懸命探したのに、これでボツったらまたやり直し…!!
駅での印象が悪かっただけに、めちゃ心配でした。

しかも、さらにアクシデント。
なんと担当さんが急用のようで、案内が別の人に!
ええーいいって言うたやん!

この日、実は会場に正式契約の為内金を払わなければならなかったのですが、
この内金を最初に催促され…。
こっちの話では、「両親に見てもらってから決めます」ということだったはずなのに、
案内前に催促するってどういうこと!?
まあ、チョブ太が断ってたけど。

案内自体は印象良かったようです。
「立派なとこね〜」って言ってたし。
ただ、全員がやはり駅の混雑が気になった様子。
そりゃそうだよな…田舎から親戚も来るのに。
ま、案内状でなんとかするってことになりました。

で、このあとうちの家族と別れ、わしはチョブ太家族を見送りに。
だけど、チョブ太のご両親がとても疲れてたのと、駅前の心配してたのが気になって気になって。
うちの家族の反応もあまり良くなかったし。

チョブ太の家族に御礼を言って別れた後、チョブ太の前でたくさん泣きました。

あの会場はダメだったの?
印象悪かったの?
もっと休憩時間を入れれば良かった…
つーかなんで内金催促されたの?
担当の人は約束してたのにどうして急にダメになったの?
正式契約の時にこんなに不安になるなんて…!
そもそも、わし名古屋の親戚とうまくいけるの?

もう、チョブ太のご両親の疲れた顔が焼き付いて離れなくて。
チョブ太の部屋で泣きながら、結婚式はやめた方がいいの?まで逆戻り。

チョブ太も、うちの両親の反応が薄かったことや、
食事会の会話の内容でショックを受けたりしたみたいで、二人して深夜まで話し合い…。

思い出しても、あの時の不安感はたまりません。
出来ることなら二度と経験したくない。

でも、ホントこれが結婚ってものなんだな。
2人だけでは決められない。
特にわしは、チョブ太の家族になるんだし。

結婚を意識して、初めて家と家というものを認識した日でした。
大変なことだってたくさんあるよな。

あーなんか思い出すのがもじょもじょしてヤダ。
この辺の解決編は、また後日。
posted by おしゃべりひよこ at 23:20 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

結婚悩み

ごろたんごろたんしてたら連休が終わった。
たまにはいっか、こーゆーのも。


えーっと、前回の解決編でござる。
長いぞー。

お互いの両親の反応がいまいちだったので、会場やらなんやらで悩む。
すごい弱ってしまって、一時結婚式をやめようという提案までした。

実は、食事の歓談の中で「あ、チョブ太の親戚はうちの親戚と違う」と感じた部分があり、
嫁に行くのが急に不安になったりもしていた。
まあ当然なんだけど。
わし結構家族にべったり甘えてるからなー自信ないんス。

チョブ太は、チョブ太ママの
「大学に出す時、もう帰ってこないと思ってた」
という発言に、むちゃショック受けてました。
チョブ太の中であくまでもおうちは名古屋だったのに、
認識がズレていたことが悲しかったみたい。
ただでさえ、うちの家族と近いとこに住んでて、婿養子っぽくなりがちだからね。
チョブ太も、そうならないよう気を遣っていたつもりだったみたいだけど…。

詳しくは書きませんが、親戚をこっちに呼ぶ手配などで色々違いがでてきちゃったのです。
それと、チョブ太長男だしね、やっぱご両親が喜ぶならってことで、名古屋挙式が再浮上。

二人で両親に色々確認をとってみると

うち→「お前から会場の話は散々聞いてたから、別にそこでよかったんだけど、
そういうことを匂わせるとこっちだけで決めちゃったようになるから
気を遣って反応が薄くなった」

チョブ太→「別に名古屋じゃなくていいんじゃない?打ち合わせも大変だし。
会場までの混雑は不安だけど、親戚みんなで移動すれば大丈夫では?」

という答えでした。

うちらの気にしすぎだったのかもしれないけど、あの時の話し合いは苦しかったけど、
あれを乗り越えたから今は全然平気です。
すぐまた谷になるだろうけど(笑)

実際、この後一週間近く話し合ったけど結論が出ず、

1.内金を急いだり担当が変わったので不信感をもった会場へ話をしに行く
2.名古屋挙式の可能性は、一週間保留。結論はチョブ太が出す。
3.交通のことを考えると、もう少し安い会場をあと1件探してみよう。

ということに。


会場にはすぐ連絡し、担当者からめいっぱい謝罪されました。
電話だけでなく直接行って、直にこちらの不信感を話しましたよ。

内金の件は、もらってからの手続きにちょっと時間がかかるから、
家族を待たせちゃ悪いと思った会場側の気遣いだったようです。
で、担当さんの急用ってのが、前のカップルの案内が押してしまったんだそう。

実はこの担当さん、入って間もない方で、まだプランナーができないのです。
どーりで最初手が震えていたハズだ…。
だけど、たくさん案内をこなして上の人に認めてもらえば、
うちらの式頃にはプランナーになれるらしく、張り切って案内を詰め込みすぎたようなのですよ。

この会場は、案内とプランナーが別になるってのを知っていたので、
「どうしてもプランナーもあなたがいい!」ってお願いしてたの。
それを覚えて頑張ってくれてたんでつねー。
まあウソかもしれんけど(笑)
でも、入って間もないのにずっとあなたがいい言われて嬉しかったんやろねえ。

こっちも、お金は基本的に将来の子供の為と考えていること
(世の中には結婚関連に全てをかけるカップルもいるので)、
8会場中、何百万もかけて良いと判断したのはここだけですと伝えておきました。

担当さんはすごく恐縮してたけど、頑張りますって言ってくれた。
そして奥さんとお子さんがいることも発覚。

この帰りにチョブ太と話していたんだけど、
うちらは担当さんに相性があるって前から思っていた。
相性というかね、味方だ味方。
味方を探していたのだ。

どんなに接客が良い人でも「営業」ではダメなのだ。
第一に会社の損益考えて提案をする優秀な営業より、こっちのことで悩んでくれる味方がいい。
orangeの店長さんがまさにそうですね。
あと、今後出てきますが、指輪屋さんもそうなの。
すべてに共通するのが、始まって1年以内のお店・もしくは仕事の人たち。

わしもチョブ太も作り手側出身だからかなあ。
同じような目線の人を探してしまう。
一緒になにかを作っていけそうな人にトキメくのですよ、そして金かけてもいいと思う。


2.の名古屋挙式は、チョブ太はこちらでよいという判断でした。
過去に行った神社、値段調べてみたらすげー高かったし(笑)
何より、会場担当者との話し合いが良かったみたい。
つーか今の段階でこんなに大変だったんだから、挙式直前が恐ろしくて考えられん。
お互い仕事もあるしね。

でも、こっちでやる分、目一杯親孝行しようね。
とりあえず紋入れは必須だな…長男やし(笑)


3.については、行きましたよ〜あと一件。
それはまた後日レポします。


最近気づいたんだけど、うちらの段取りすごい細かい…。

付き合って2年以内にお互いの両親と初対面
  ↓
結婚前提のお付き合いを認めてもらう(4年目)
  ↓
結婚のお許しをもらう(6年目)
  ↓
顔合わせ・式場決定

残るは結納かあ…。
あ、式も。
学生の頃は、「段取りめんどくせー!同棲→結婚でいいじゃん!」と思っていたけど、
今はどれもすっとばせなかったなあと思う。
必要な通り道でしたね。

なんと遠い道のりか。
でも一歩ずつ近付いています。

わしは向こうの親戚と仲良くなれるだろうか。
おととい気づいたけど、次のお盆はもうここにはいないんだな。
切ない。

お盆に実家帰ったチョブ太から、集った親戚に結婚の報告をしたってメールが来た。
歓迎ムードっぽくて、嬉しかった。

うちらが買うって決めた指輪屋さん、すごく若い会社なんだけど、
どんどんお客さんが増えてるみたいでめっちゃ嬉しい!
そこの指輪が雑誌に載ると、必ず見に行ってます(立ち読み)。
後々レポしまする。


来年までになんとか仕事を落ち着かせて(今は余裕がない)、
彼と家族になるために一歩一歩よちよち前に進むのだ!
うをー。
posted by おしゃべりひよこ at 16:29 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

毛問題

今朝、玄関あけて一歩出た時。
がさって音と、「み"っ」っていう音が。
いやーな予感しつつ、そっ…と足をどけてみると

「じじじじじじじじじじぃっ!」


ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

やっぱりセミ爆弾!
踏んじゃったよー!こわいよー!

この季節はこれがやだー!


今日はなんだっけ。
あ、そうそう毛問題です。
オニャノコらしくないお話です。

いやー今週末に2回目のドレス試着があるんだけども。
わし背毛もっさもさなのよね〜。
ええ、うず巻いてますけど何か?

祖父の血なんですが、ほんとに濃いの。
剃って2日経てばもう目立つから。
スネ毛なんてすごいよ?
生やしてたら3pにはなるぜ。
もう少しでアリンコもできそうですよ。

オニャノコなのにヤなんですけど、それ以上に剃るのが嫌なんです。
だって一度やると延々とそり続けなきゃいけないしさーめんどい。
あと、ひりひりするしあれ肌によくない感じがする。
たまにざっくり切るしね。

除毛も試してみたが、濃すぎて効きが悪い。
溶かしきらんようでした。

濃い&伸びが早くてマジめんどくさいんですわ。
夏は可能な限り足出したくないもん。

朝、服選ぶ時に「スカートにするかなーパンツにするかなー」なんて選択肢はない。
剃ったらスカート!(剃った努力を無駄にしたくない)
生えてきてたらパンツ!
わかったか! (#゚Д゚) プンスコ!

でもドレスってむちゃ背中でるやんけ。
元々ニキビ跡がひどいので、そっちは皮膚科に行って徐々に沈静化してきてるんだが。
毛は相変わらずもさもさです。
茂ってます。

そりゃ当日はシェービングでつるぴかはげ丸にしますよ!
うなじもな!
普通3日前って言われてるが、わし生えてきちゃうから前日か2日前だな!

でもさー試着時までやるの、正直面倒&金かかる。
本人が気にしなきゃいいか…。
写真にも毛までは写るまい。と信じている。

これを期に脱毛って手段もあるんですけど、病院じゃないとトラブルありそうでヤダ。
レーザーは医療行為ですからね、エステは本来だめなのよ。
でもエステの方がやっすいんだよなー。
でも怖いから行かないけど。

つーか両足で数万するのに、全身なんてやったらいくらかかんの!?
しかもこんなに濃いのに!
絶対人の2倍は時間かかる。
料金もさらに倍、な予感。

とりあえず脇はしてみよーかなー。
でも全身いつもつるぴかはイヤなんだよなー。
蚊の接近に気づけないし。
毛がないと反応するものがなくて、気づかない間に血を吸われてしまう。
おーのーれー。

まったく困った遺伝子ちゃんだわよ。
うちの弟なんてオトコですから毛の量は更に倍ですよ。
彼は尻毛に困っていますから。
あ、この尻毛ってのは丘に生えてる草原ではなくて、割れ目の谷に茂ってる方ね。
黒い谷です。日がさしません。

とりあえず試着時はいっか。
そこに金かけるのもなーわはははは。

いやーオニャノコとは思えませんですわね!
posted by おしゃべりひよこ at 21:42 | Comment(3) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

式場その9

四捨五入して三十路だし、そろそろ高い化粧品に手を出してみるか、とエストへ行ってみた。
たいしたケアしてねーし、ズタボロだと思ったら。
肌チェックの結果、平均値よりいいくらいでした。

なーんだ、1000円の化粧水と乳液で十分なんじゃん。
むしろ安心。
ニキビ治療のビタミン剤も大いに影響してると思うけどね。


さて、シークレット式場その9です。

館内でもいいから神前可という条件の下、成約した会場より安いとこを探しました。
そこから、ドレス・チャペル中心を差し引いて、残ったのが5会場くらいだったかな。
(神前可って書いてあっても写真すら載ってない会場は多いでつ)
そんで、残ったとこに全部資料請求して吟味。
しかし資料が写真オンリーってなめとんのかって言いたくなる…。

残った1つが新宿Wホテルでした。

ぜくしからネット予約したんだけど、何故か早い時間でもいいかというメールが来る。
なんだろ…。

で、チョブ太と会場に向かう途中に違和感に気づく。
あれ…この道順…すげー見覚えあるんだけど。
就活の時に。

そ、そういえば、最初の面接ってたしかどっかのホテルだったな…。
そんで面接会場にしては調度品がゴージャスだなって思ったな…。

と思ったらやっぱりそのホテルでした _| ̄|○ il||li

特別な場所感すでにゼロ…。

まあそれを抜きにしても、ビジネスホテル内なのでコンビニとかあるし、人通りは激しい。
なので特別な場所って印象はないです。

フェアの時間には用事があって30分程遅れちゃったんですが、ちゃんと入れてくれました。
しかも試食付☆
なるほど、これに間に合うように早く来いって言ったのか。

が。
この料理がね…。
シャンパンはまあ普通。パンも。
問題はコンソメスープと肉。

スープはJALのコンソメの方が断然おいしいと思った。
しかも中にタピオカ入り!
ぬちゃぬちゃしてまづいよー (ノД`)シクシク

肉に関しては、味にウトいチョブ太が「これ焼きすぎ?」と聞くくらい。
味付けもビミョー。
特別な日だし、もすこしうまいのがいい…。

試食中に光の演出とかいって、天井のライトが上下するのを特殊メガネでみると
光がハートになるってのがあってました。

(゚听)ツマンネ

こんなんメガネのおかげじゃん。
天井のライトを延々見続けても楽しくないし首痛い。
うーん、ヌルい演出。

モデルさんが花嫁の手紙やら両親への花束贈呈やらやってたけど、特に覚えてません。

その後、プランナーさんに会場を案内されましたが、会場が同じだったために
蘇る就活の記憶。
ぐあーいやだー!

一番衝撃的だったのがコレ↓

「館内神前式の場合は、こちらのお部屋を神殿に作り替えます」


(  Д ) ゚ ゚


完全ハリボテ?

マジびっくらでした。
館内っつったら神殿据え置きじゃねーのかYO。
絶対ここで神前やりたくない。

その後色々説明されましたが、もー全く興味がわかない。
しかも式場巡りが久々すぎて感覚を忘れている。
返事が「そうなんですかー」「へー」しかでない!

提携の外部神社でやる場合も、現地集合とか言ってるし。
荷物どーすんだよ!
しかも出張料やらなんやらで、外部だと25万!!
うちらの中で一番高かったM神宮でもそこまでいかねーぞ。

二人して心が微動だにしない会場でした。
むしろ成約の方により強く惹かれた。

そんな心を見抜かれたのか、とっとと見積もり出されて
(成約のとことそこまで変わらなかった)
「御日にち決まったらご連絡下さい」と言われ放り出されました。

( ゚д゚)ポカーン

物腰やわらかかったけど、明らかに追い出された。
だって説明わずか20分。
ま、興味なかったからありがたかったけど。

良かったのは、ここを見ることで成約の方で行こう!と決心がついたこと。
チョブ太も「あそこみたいに窓がないと部屋が重たい」と言ってた。
二人の判定基準が成約のとこになってたことが分かったので、もう決定ですな。

しかしなー、ちょっと値が下がるだけでここまで質が落ちるか…。
あ、ここでいう質ってのは、相性のことね。
スタッフ対応がありえない!ってとこはあまりなかったし。
わしらの条件にあうのは、成約したとこが一番みたいですな。

わしがチャペル希望だったらもっと安いとこもあったんだろうけどね…。
神前は数自体少ないから。


ってなわけで、式場巡りは完全にフィニッシュです。
まさか最後に就活の思い出の地に踏み込むとはおもわなんだよ…。
posted by おしゃべりひよこ at 22:09 | Comment(5) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

指輪屋さん1

今日健康診断だったよーん。
ほんで採血じっくり見た。どくどく。
ほんで3mm縮んだ。2kg減った。
全体的に小さくなったのかねー。


えーっと、もう記憶薄いですが指輪屋さんのレポ。
ずえりーなんて恥ずかしくて言えるか!
指輪売ってんだから指輪屋さんなの!

ちと強引に結婚指輪購入を考え始めてから、ぜくしネットで色々検索。
つーか鬼のように出てくるね…。
式場探しを思い出すぜ。

が、よくよく探すと自分の欲しいのがめちゃ少ないことに気づく。
みんなこんなにごてごてしたのが好きなのか?
元々シンプル好きなので、
極端にシンプルでつけてても気にならなそうな細身を中心に探しました。
この条件だとむちゃ数減ります。

で、結果良さそうだと思ったのはトレセンテだったので、最初にそこに行きました。
ここのガルボとか好きだったので。

ずえりーショップなんぞ入ったことも近付いたこともなかったので、
チョブ太と一緒にどぎまぎしながら入店。
しかし、店員が足りないのかしばらく放置プレイ。
その間にうろうろしたけど、店内が暗い〜。
ずえりーショップはみんなこうなの?

やっと店員さんが声かけてくれて、
普段指輪なんぞつけないので、つけても違和感がないものをお願いしました。
それで色々探してもらったんですが…。

なんというか、店員さんと考えがズレていたというか。
わしらは第一に「フィット感が良いもの」を求めていたんですが、
店員さんは「デザイン的にシンプルなもの」を持ってくるんですね。
ストレート(ひねり等がない、まっすぐなもの)とか、確かにシンプルですがつけ心地は微妙。
指の付け根なんて普通ナナメってますからね。

色々出して頂いたんですが、カタログやサイトで見た印象と違い、
なんだか安っぽく見えてしまった。
写真上手に撮ってあるな〜って印象。

ぜーんぜんピンとこなくて、一応ひとつだけ値段を聞いて帰りました。
店員さんの名刺に値段書かれたけど…普通こういうもんなのか?

その時疑問に思ったんだけど、
「こちらのデザインはプラチナかホワイトゴールドのみで、
イエローゴールドはご用意してないんです」
ってさ、なんか変じゃない??

デザインが凝ってるのならまだわかるけど、シンプルなものならなんでも作れるんじゃないのか?
つーかホワイトはOKでイエローはNGって意味不明。
どっちも同じ金なのに、何故できないのだ?

なーんか指輪業界ってうさんくせーと思った瞬間でした。
ちなみに、指輪屋さん4軒行きましたが、
例外はあるけどだいたいのデザインはどれでもできますってお店は1軒のみでした。

しっかしプラチナ高いなー。
わしはプラチナにこだわる理由もないし、ホワイトゴールド派です。


実は指輪はめるのが初めてだったチョブ太。
わしは「入った指輪は必ず抜ける」ってのを知ってるからヘイキだったけど、
チョブ太は怖くて抜けなくて、全部店員さんに抜いてもらってた。
抜き方も教えてもらったんだけどね、怖いみたい(笑)

サイズはわしが4号、チョブ太が9号でした。
店員さんもびびる細さ。
ちなみにわしはちょっと無理すれば3号もイケます。


明日は衣装合わせだー背毛を茂らせて行ってきますー。
posted by おしゃべりひよこ at 00:37 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

指輪屋さん2

やっぱ2時間で7着は疲れるわ…。
でもピンとくるものがあってよかった。


どんどん過去ネタ書きます!
もう記憶がヤバげなので!

えーと、前回のトレセンテに寄った後、「なんだかな〜」な気分になっちゃいました。
いや、なんか指輪に何十万もかけたくなかったんですよ。
日本の伝統技法がうにゃうにゃとか、ブランドものはペアで30〜50万とかザラですから。
だからトレセンテがよかったのにー(割とお手頃)。

で、帰りにぽてぽて歩いてて、ふと思いついた。
ここ銀座だし、あの有名な建物のとこ行ってみたらいいんじゃね?
接客バツグンって話だし。

そうです。
銀座のランドマークのひとつ、銀座和光に行ってまいりました!

どきどきしながら近付くと…ん?シャッターらしきものが…

と思ったらマジで閉まってた _| ̄|○

休日に!?
信じられずにうろちょろしてると、
近くにいたスーツの人が「ただいま本館は改装工事中でして…」と地図をくれた。
わざわざ店員さん待機させてたのか。
ってなわけで、残念ながらあの建物には入れず、別館に行ってきました。

入ると、やべー

セレブな感じ… ((゚Д゚)))ガタガタ

でも、とっても物腰が柔らかくて安心して見ることができました。
「雨がやんで良かったですね」とか気さくに言ってくれるし。
気さくだけどとても上品。

そこで勧められたのは、めちゃつけ心地良かった。
指の付け根の形に沿ってカーブしてるので、フィット感がある。
シンプルかつ上質な印象で、好感触!
トレセンテと同じ要求したのに、こうも持ってこられるものが違うのか…。

ただ、この指輪だとどうしてもわしの肌の色に合わない。
どーせ地黒ですよ。
チョブ太は色白ですよ。
なので、わしはイエローゴールド、チョブ太はプラチナに。
ホワイトゴールドなかったんだもん。

お店に置いてあるリングって女性用はたいてい10号前後なので、
チョブ太にぴったりなんですが
指が綺麗だから指輪つけるとすごく可憐になる。
手タレなれるんじゃねーの

ダイヤなんぞついてたらそれこそ女性の手にしか見えない。
おもしろいほど綺麗でした。

和光の接客はステキだったなー。
控えめで上品で。
かなり癒されました。

指輪に関しては、やはりプラチナの価格が…!
高いよー!
シンプルなものだったので、和光の商品では安価な方だとは思うんだけどね。
つけ心地はかなり良かった!

と、言っても置いてあるのはたいていデカいので、
ホントにフィットするかはわかんないんだわ。
わしってなんでもちっちゃいんだなー。


最近式ネタしか書いてない!
でも仕事のこと書くとグチがとまらなくなりそうなんでやめときまーす。
posted by おしゃべりひよこ at 22:36 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

衣装合わせ・白無垢編

久々にしゃみの先生に電話したら懐かしくて涙でそーだったよ。
いやーなんか癒された。


あ、アレです。
衣装合わせです。
もう2ヶ月も前だけどネ。

成約したとこの衣装室、ネットで検索すると
「狭い!混んでる!」
「予約が全然取れない!」
って情報ばっかりでした。
まあ確かに電話して予約とれたの1ヶ月半後だったけど、1年前だったので余裕持てました。
成約が半年前だったら焦るだろうな…。

そもそも服を着せてもらうことに慣れてないので(試着嫌いだしきものも自分で着ちゃうから)
なんか変に緊張して行きました。
ちょこっと式場の担当さんとおしゃべりしてから衣装室へ。

担当の方はぽやーっとしたおばさん。
でも言うべきことは言ってくれるし、それ以外はこっちの希望聞いてくれて、
とてもやりやすい人でした。

あと、衣装室別に狭く感じなかったけどな。
わしチビなので、基本的に狭く感じる空間なんてほとんどないけどネ☆
先週末に別の店舗に行った時に思い返して、狭かったのかな、って程度。

まずは白無垢から。
チョブ太は「今日はお暇だと思いますけど、ごめんなさいね」って言われてました(笑)

ずらーっと並んだ棚から、着たいのを選びます。
が、全然分からん。
だって全部白だもん。
なので、印象でセレクト。

shiro1back.jpgまず一着目。
桜の花模様が織り込んであって、ちょっとラメ入り。
織プラス刺繍で模様が作ってあります。
小柄で総柄。



shiro1up.jpg背中。
白無垢はやはり鶴が多いね。
鶴好きだからいいけど。



shiro1front.jpg襟元。
わかりにくいけど、ちょっとキラキラしてます。
ちゃんと模様が入ってて、寂しくない感じ。



かわいい印象の白無垢でした。
結構スキ。
でも、なんでか知らないけど、ラメって生地が安っぽく見えるんだよなー。
手触りもちょっとがさがさしてたし。
ラメ糸織り込んでるんだから当然か。


shiro2back.jpgこちら2着目。
さっきのかわいい系とは違って、しっとりとした大人なイメージ。
相良刺繍の白無垢。
アイボリー寄りですね。



shiro2up.jpgすごい立体的でしょ?
相良刺繍の特徴だよね。
どんだけフラッシュたいても柄が写りそう〜!
(白無垢は写真に撮ると柄がとびやすい)


shiro2front.jpgただ、襟元にほとんど柄なないので、ちびなわしには寂しい。
でも手触りは絹!って感じで気持ち良かった。
高級感バツグン。


2着目は大人なイメージ。
相良刺繍で高級感あり、生地もしっとりしていて柔らかい。
でも襟元が寂しい…ちびだと上半身ほとんど柄ないように見える。
背が高い人向けかなあ。
アイボリーは好きだったけどな。


shiro3back.jpgこちら3着目。
光沢のある織の総柄です。
織なのにはっきり柄が写ってる…すげー。




shiro3up.jpg織は光の具合によって柄が見えたり見えなかったり。
でもその変化がわしはスキ。
ちびなわしには、全体的に柄が小さめなのも良かった。



shiro3front.jpg襟元にもしっかり柄が入ってる〜わーい。
ただ、色が白!って感じが気になるけど…。



3着目は織の白無垢。
刺繍はなし。
ただ、光沢があるので高級感はあったかな。
織だけで模様が入っているので、遠目にみるとわかりにくいかもねえ。
刺繍の方が立体的だし。

白無垢とはいえ、ほんとーに色々なものがあります。
今は金糸、銀糸の刺繍が入ったものや、少し色が入ったものも。
生地の色もピュアホワイトからアイボリーに近いものまで様々。
柄は鶴優勢ですが、花だけのものや、幾何学模様だけのものもありました。

ただ、わしはやはりおチビさんなので、大柄は着れませんでした。
それと飛び柄ね。
飛び柄はすっごく寂しげになっちゃうし、大柄は食われたようになるし。
これはふつーのきもの選びと一緒だあね。

とりあえず白無垢はこの3着まで。
他に気に入るのがなかったんだもん。
白無垢って大柄多いね…。
着慣れている(見慣れている?)せいもあるのか、さくさく行けました。


おまけ。
白無垢は、白のきものを着て帯を締めた上に白の打掛を羽織るんだけど、
試着時は下のきものは着ません。
襟元だけ。
で、帯の盛り上がりを再現するために、こんなのつけるの。

nakami.jpgかわいくない!?
なんか背負子しょってるみたい…(笑)

次は色打掛です。
重たかった…。
posted by おしゃべりひよこ at 00:52 | Comment(2) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

妊婦さん

きもの着ててもフルコース食べられるようになりました。
成人式の時はハンバーガーすらキツかったのになー。


今日は、大学友人たちとお祝いぱてぃーしました!
11月に出産予定の子の結婚祝い。
今8ヶ月で、おなか触らせてもらった。
おおーあったかいー (^ω^)
女の子なんだって!

実はわしの周りで彼女を含め3人の妊婦さんがいるんだけど、全員女の子だ。
なんか示し合わせたのかね?

きまぐれおらんだシェフの手料理をもぐもぐ食べて、
(チョブ太がばくばく食ってたので、相当気に入ったと見た)
バームクーヘンもどきのシフォンケーキをがっつき、
お祝いのケーキをみんなで箸でつつきまくりました。
うーまー (*´∀`*)

帰りの電車では、
「あかちゃんはいつ羊水を吐き出してるの?」
「わしはあかちゃんが双子だったら大変かもねー」
など、チョブ太とあかちゃん話をたくさんしました。
チョブ太、あかちゃんにミルクあげた後げっぷさせるの知らなかったよ。

わしも2年後くらいにはおかーさんになれるかな。

大学の友にあうと、癒し度高いんだよねー。
なんかとってもほっとする。
今日はしあわせさんだったな。


明日からまた仕事が忙しくなるけど、これで頑張れるかな。
がんばるぞーなんとかするぞー!
posted by おしゃべりひよこ at 22:59 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。