2008年05月01日

結論がでました

コメントくれたお二方、ありがとう!

色々考えました。
で、思い至ったのが

「有名ブログじゃないんだし、何で悩んでんだ?」

でした (*´∀`*)


で、すっごくぶっちゃけ話をします。

親族がほぼ全員遠方からです。
わしは九州、チョブ太は名古屋、岐阜です。
お招きするので交通費、宿泊費含め全額負担が理想なのですが、一人当たり

九州→70000円
名古屋・岐阜→30000円


なので、人数分全額負担しただけで軽く結婚式挙げられそうです。
新婚0円生活スタートです。
むしろ借金です。

だからといって、お招きする側に全額出してもらって、
さらにご祝儀もらうのはちょっと…心情としてやりたくない。

かといって、「全部負担してもらうので、ご祝儀はいりません」と伝えても、
もし自分が言われたら、手持ち無沙汰で戸惑うしなー。

それでも、招待客を友人だけにして親族なしというのは、残念ながらありえません。
お世話になっているし、
またわしらの間に将来生まれる子供の為の環境作りという意味もあります。

こういう考えのもと、親族全員の交通費一部負担ということになりました。


ただ、一部負担とはいえ相当な金額なので、
最初に予定していた人数を減らさざるを得ません。
全員近場ゲストの人がうらやましい…。

つまり、呼ぶ人がかなり限られてしまう状況です。
ホントにごめんなさい。

名古屋でやる、ということも考えたのですが(チョブ太長男だし)、
結局のとこ金額がばかでかい九州組の負担が若干減る程度。
逆にわしとチョブ太が名古屋で打ち合わせをするという手間と交通費がかかってしまうので、
なしになりました。


そんで、だ。
呼べない人が増えた分、こそこそするのは逆におかしいんじゃないかと思いました。
呼べないのは、心底申し訳ないです。
でも、やましいことがあるわけではないし。

なので、発想を転換して、

「このブログで結婚式を伝えればよいのでは?」

と思い立ったわけです。

結婚式の準備の模様から、一緒に読んで楽しんでもらえれば嬉しいです。
全員をお招きできなくて、本当にごめんなさい。
この方法が、私のせめてものごめんなさいの気持ちです。

もちろん不快な方もいらっしゃるでしょうが… ( TДT)

不快でなければ、是非わしとチョブ太の式を生暖かく見守ってくださいまし。
よろしくお願いします。


もう勝手に吹っ切ったので(笑)、次からはためていた式場決めのことを書きます。

これまでに8会場巡りました。
それで、ようやく決定しそうです。

この式場ツアーはホントにきつくて不安で、4月頭から本格的に始めたのですが、
ストレスと歩き回ったおかげで体重が2.5キロ減りました。
ワーオ。

会場と予算に関してはホントに悩んで、一時は「式はやめるか」という考えにまで至りました。
でも、やっとここまでこれたよー (´Д⊂グスン

がんばります。

でも、コメントで罵声が飛んできたらどうしよー。
最近不安定で、気持ちが浮き沈みが激しいです。えへへ。
posted by おしゃべりひよこ at 15:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

式場その1

同期のみなさま、結婚のことは会社にはまだ内緒ですぞ。
まあ知ってるだろうけど(笑)
噂が広まるのは早いからなー。


式場レポその1です。
もう1ヵ月以上前なので記憶ないですが。
なんと名古屋A神宮!
その時はまだ名古屋でやるつもりだったからのう。

チョブ太両親に挨拶に行った時に待ち時間が出来てしまい、
ぷらっと行って資料もらうかーぐらいのつもりでした。

中を歩いた感想。

でかっ!

都内M神宮ほど広くはないけど、雰囲気似てる。
木ばっかやし。
散歩するにはいい感じでした。


そしてぷらぷらっと横にある記念館へ。
結婚式場って独特のフォーマル感があるので、あんまりテキトーな格好では行けません。
この時は両親挨拶前だったので、スカートやしメイクもしてたしOK!

で、地下にあるブライダルカウンターに行ったら、

人がいっぱい!Σ(゚Д゚;)

神社内も記念館内もそんなに混んでなかったのに、ここだけ熱気むんむん!

今考えると、ブライダルフェアやってたんでしょうね。
飛び込みで行ったから分からなかったけど。

まあ、資料だけもらうのもなんだし…と説明を聞くことに。
担当さんは35〜45才のおじさんでした。
なんというか、あたふたしたりちょこまかしたりで見てて飽きない人でしたわ。
ハムスターっぽい。

ただ、顔合わせの時間とごはんの時間を考えるとそんなに時間がなくて、この担当者に

「30分でお願いします」

と言い放ちました。
あきらかに担当者動揺してましたね。

今だからわかることですが、披露宴会場等の施設案内、プランの説明、見積もりを合わせて、
説明には約2時間かかります。
模擬挙式、模擬披露宴があるブライダルフェアは、半日がかりのものも。

ホントとんでもねーこと要求しました (;´Д`)

動揺したものの、担当の方は「頑張ります!」と言ってくれて、
結果的には50分かかりましたが施設案内もかなりテキパキやってくれました。


A神宮は、本殿前で行う大前挙式と、施設内神殿でやる挙式があります。
特設ステージと室内ステージの差です。

この大前挙式はステキだったのですが、
壁がなく横吹き抜け型で参拝者の視線を独り占めです。
チョブ太は「見世物」言ってましたが。

後々知ることですが、こういう壁なし型神殿を持つ会場は、
本番の挙式をブライダルフェアに来たお客さんに見せる場合があります(会場による)。
模擬挙式をする必要もないし、まあ楽だわな。
近くで参拝者がお賽銭あげたりすることもあるし、
プライベート感、厳かな雰囲気を大事にしたい人にはオススメしません。

その分見知らぬ人に「おめでとう」を言われる魅力もあります。

A神宮について覚えてるのはそれくらい…。
大前挙式の初穂料(挙式料)の方が高かった。
たしか15万。
雅楽、巫女舞、参進の儀付でした。たぶん。

見積もりは出してもらってないので分かりません。
会場(40人くらいの小規模のとこ)はざっと見た感じ、老舗ホテルの宴会場、って感じ。
オサレ感はなかったかなー。

結局このあとの挨拶で、「親族だけだとずいぶん静かな席になるんじゃない?」と心配され、
名古屋挙式は見送ることになりましたが。


実はこの男性担当者が、今後重要になってきます。
これくらいかなー覚えてるの。
もうほとんど記憶がないっす…。
posted by おしゃべりひよこ at 14:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

式場その2

いっぱいコメントがきてるー嬉しいよう ・゚・(つД`)・゚・
真っ暗で手探りですが、頑張りますです。


式場その2は、埼玉H神社。

埼玉!?
と思われるかもしれないが、わし一応埼玉県民デス。
道一本またぐと東京だけどね。

ここは、結い紐の儀や、挙式前に両親に挨拶する時間があってポイント高かったのだ。
ただ、九州&名古屋勢の移動がこの上なく不安だった。

で、たしかここには資料請求はしていたもののまだ届いてない、という段階で、
急に「行ってみっか!」と飛び込みでお邪魔したのです。

なぜかというと、次の週末にブライダルフェアがあって行きたかったんだけど、
別の会場のフェアとバッティングしていたのだ。
仏滅の日は大規模なフェアが多く、模擬披露宴まで見れるとなると月1くらい。
この2会場でどっちに行くか悩んだ挙句、H神社とは別のフェアを予約していたので、
一応予約してない方を先に見に行ってみよう!となったのでした。


うちらの家から車で40分くらいかかったかなあ。
この時点で交通はヤバすぎ…という雰囲気に。

着いてみたら、ちょうど挙式中!
「おお!」と思いつつ見てみるが…

式場狭っ!

まあググルマップ航空写真で神社が小さいことには気づいていましたが…
実際に見てビビりました。

こぢんまりした神社で、それはいいのですがお賽銭箱の奥で挙式。
しかも鈴(?)もあり距離も近いので、参拝客ががらんがらん鳴らすとかなり聞こえるハズ。

これにはわし&チョブ太「う〜……ん…」


で、隣の披露宴会場へ。
中に入るとめちゃキレイ!
ここで「ステキ!」となればよかったものの、
「神社と雰囲気違いすぎ!」と感じてしまいました。

飛び込みできた割に、ちゃんと説明してくれました(当然だが)。

が。

ここであたった担当者と折り合いが悪かった…。
年配の女性でしたが、今思い出しても式場巡った中では最悪の相性でした。
わしらがジーンズで行ったから…?


あ、思い出しムカツキで(笑)書くこと多くなりそう!
しかも時間切れだ…後で続きアップします〜。
posted by おしゃべりひよこ at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

式場その2 〜思い出しムカつき〜

お家帰ってきましたー。
式場その2の続きです。


H神社横の披露宴会場で、アンケートを書きます。
長い!アンケート長いよ!
A4サイズ2枚くらいあったような…。

飛び込みで行って、しかも2会場目のわしらにはキツかった。
結構詳細な内容を書かねばならず、かつ内容が重複していて選ぶのも面倒だったヨ。
(例:次の中から優先度の高いものをお選び下さい、
で1〜5位まで選ばなきゃならんとか、それが新郎側、新婦側であるとか)

やってきた担当さんは、年配の女性でした。
第一印象で、「あ、合わないかも」と思ったんですけどね…。

説明が始まったのですが、なんとあの長い長いアンケートに沿ってイチから!
ええーどんだけ時間かかるの!?

「新婦様の第一条件は○○ということで…」
「新郎様の第一条件は△△ということで…」

って、それぞれに確認して説明するので、もうすでにぐったり。
だいたい二人の意見なんて一緒だよ〜。


長い長い説明が終わって、披露宴会場がひとつだけ空いていたので見せてもらえました。

でもトラブル!

その会場に行く通路で、披露宴を終えた新郎新婦がお見送りの最中だったのです。
当然ゲストもいっぱいいるし、写真も撮ってるし、赤の他人のわしらが入る雰囲気ではない!
つーか通れないし。

が、担当さんも只者ではなかった。

なんと「すいません」と言いつつ、ゲストを掻き分けていったのです!



(((( ;゚д゚))))


しょうがないから付いていきましたが、ホント恐縮…。
ジーパンだし…。

会場見せてもらいましたが、レトロな雰囲気でしたわ。
でもさっきのトラブルが印象悪すぎてーねー。

交通の不安点を伝えたときも、
「バスもチャーターできるので、大丈夫ですよ」と言われた、け・れ・ど。


料金20万近くかかることには触れないの?


基本、式場なんて金さえ出しゃなんでもやってくれますよ。
設備的に無理とか、そういうのじゃなければ。
ただ、そういう話じゃねーだろーと。
払うのはわしらなんだ。

もう、この担当さんと合わないことが明白だったので、とっとと帰りたかったのですが、
会場見た後に、無料なのでと仮予約を一生懸命薦められて、断ったら

その後「新郎新婦の挙式当日のご心境」の説明が…。

もう帰りたいYO… (ノД`)シクシク

見積もり出してもらって、とっとと帰りました。
そんなに安いわけでもないのに、この交通の便の悪さと印象の悪さで即刻却下。

ブライダルフェア行かなくて良かった…。
思い返しても、ここほど説明が長く、的外れでぐっったりした会場はなかったです。

ただ、こればっかりは担当によると思います。
わしらは当たりが悪かった。
親族が近くの人には、悪い式場ではないでしょう。たぶん。

わしの独断と偏見で、いいとこは
1.独自儀式があってステキ
2.披露宴会場はキレイ

悪いとこ
1.会場同士が近く、バッティング可能性大。
2.賽銭箱近すぎ
3.交通の便が悪い

でした。

ここで得た有益情報は、
3月20日あたりはお彼岸だった!(つまり親族を呼びにくい)ってことと、
女性担当者苦手かも…というチョブ太の意見。
そして、わしだけの意見ですが、当日花嫁につきっきりになる介添人さんの態度!

わしは、バタバタしたりトラブルが続くとパニックになることがあるので、
介添人さんが気ぜわしいとダメなのです。
マジ泣きかねん。
ここはちょっと挙式組数が多く、気ぜわしいな…という印象でしたので。


今後、この有益情報が段々と確信に変わっていきます。
そして、ここは会場探しウツの最初の出発点でしたー。
すんごく期待していただけに、あまりに違っていてショックだったよう。

実際に見るのは大事!と痛感した会場でした。
次回はT神宮。
posted by おしゃべりひよこ at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

式場その3

わし  「Aラインのドレスがいい」
チョブ太「Aラインって何?」
わし  「ウエストが上の方でねーここら辺」
チョブ太「ああ、足が長く見える?」

貴様、足が短いって言いたいのか?(#゚Д゚)


式場その3です。
都内T神宮。

ここも結構期待してたんだよ。
ただ、クチコミ見るといいって人とやだって人が分かれてるからさー。

3件目にして始めての予約&フェアでした。
模擬挙式、模擬披露宴、試食(これ有料)があった結構大きなフェア。

ここのフェアは混む、と聞いていたので、早めに行ったら10分前着。
一応式場は開いてるっぽかったので、入ってみました。

すると、誰も声かけてくれない… (´・ω・`)
明らかにきょろきょろしてるのに…。

意を決して受付らしきとこに近づくと、
「開始時間までお待ち下さい」言われたのでロビーでくつろぐ。

うーん、スタッフ対応は受身だなあ〜。
ごにょごにょ考えつつ、ロビーのテーブル見ると「飲み物メニュー」が。
しかもしっかり料金書いてある。
え?喫茶店なの?

受付が開始されたので予約の旨を伝えると、先に試食代を請求される。
はいはーい、と軽く財布出したら

チョブ太「えっ?お金いるの?」


(|| ゚Д゚)


何!?

一週間前も二日前も「有料」って言ったよね?
メールでも送ったよね!?

慌てて財布を探るチョブ太。
まずい、この仕草の時は金がない時だ!!

結局、小銭まで出し尽くしてようやく二人分払えた。
あぶねー受付の人も戸惑ってたよまったく。


色々用紙をもらって、どこいこーかと話していると、きもののおばさんたちが
「こちらへどうぞ!」
と笑顔でご案内。

これが印象悪かった。
おそらく介添人さん達だと思うんだけど、商売魂がひしひしと感じられて…。
普通、営業からそういうの感じるもんじゃねーのか?

うーんと思いつつ案内されたのは、和装体験。
簡単にかつらつけて、打掛だけ羽織って写真撮るんだけど、

この体験で決定的にこの式場はなし!と思いました…。


過去に舞妓体験ありなのでかつらも分かってるし、
きものを着る機会も多かったし、別になんの感動もなかった。
実際、チョブ太もわしのきもの姿を見慣れているので「ふーん」だったし。

まず衣装室狭っ。
ここで花嫁さんが何人も着付けるのかと思うと閉口。
着付け方も雑だった。
まあ体験だからだろうけど。
スタジオのカメラマンも好きじゃなかった。
衣装スタッフに「きものベルトも少し高くして!」って噛み付いてたし。

しかもヅラつけて羽織って撮影までわずか5分。
いや5分もなかったなたぶん。
そんなに混んでなかったのに、あまりの流れ作業っぷりに嫌気が。

そのことをチョブ太に伝えると、彼もスタッフが好きではないみたいだった。
なので、もう一気にやる気なし(笑)

模擬挙式は良かったよ。
参列者もいっぱい入るし。
ただ、この時は雅楽初めてだったので気がつかなかったけど、思い返すと雅楽しょぼかった。
音あってたのか?

あと、和装のモデルさんがむすっとしすぎ…せめて微笑んで…。

披露宴会場も4つ見ましたが、「和でステキ!」とクチコミが多かった会場も、わしらは無反応。
席次めんどくさそう。

一番大きな会場にいたっては真ん中に2本の大きな柱があり、
モデルさんの入場がわしらの席からはまったく見えなかった。
つまり見えないゲストがどうしてもできてしまう会場。
無料のデザートビュッフェはおいしかった。

この後の試食も、あの値段にしては良かったと思いますが、
「うまい!」っていうのは一品だけだったなー。
ただ、わしらのテーブル担当のスタッフが非常に良かった。
的確なタイミングで声かけをしてくれた。
彼は素晴らしかった。
彼だけが。

見積もりも一応出してもらいましたが、
個々の見積もりではなく概算見積もり(50名いくら、70名いくらという表)だったので
よくわからん。

そして、見積もりを説明した女性スタッフが付け爪で、紙をなぞる度にキーキー不快音がして
チョブ太はほぼ聞いてなかった模様。


期待していただけに、かなーりがっかりでした。

どうもわしらは「スタッフ」がかなり重要だというのがわかった見学でした。
しかも担当さんだけでなく、全体の。
わしは何気に介添人を見て、「ここはないな」と思ってました。
そして、女性スタッフだめかも説に一票。

しかし今思うと雅楽しょぼかったなーここ…。
だめだーと思った記憶しかないので、そういうことしかかけません〜。

お伊勢さんの分社なので、人気あります(フォロー)
次回は失意のM神宮。
posted by おしゃべりひよこ at 15:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ホストの考え

カヨーコのコメント&記事に触発されて、書こうと思ってたこと思い出しました(笑)
わざわざレポありがとーです!


結婚式をする、と決めてから、わしは結構得な経験持ちかな、と思ってました。

着付け習ってて、催事できものも少しは見てるし(しかも原価までわかる)。
ピアノと三味線習っていて、多少は耳も肥えてるし。
しゃみサークルのおかげで、舞台裏、舞台スタッフ、時間構成もちっとは知ってるし。
大学のステキな友人のおかげで、クオリティの高いデザインにも触れられたし。
写真もちこっとやったし(モノクロやけどね)。

人生振り返ると、結婚式に関わる色んなものにすこーしずつ触れていました。
決してどれも極めてはないが。触る程度。

これに加えて、人見知りがあるチョブ太に合うスタッフってのがなかなか…。
わしは多少なら向こうに合わせられるんだけど。
だから、あんなに式場選ぶの大変だったのかなあ。

なんせ8会場中、妥協できるのは2会場のみ。
百歩譲って3会場。
残りは即刻却下というパターンだったねー。

式場選びって、ホント二人の人生観が反映されるなーとやっててつくづく感じる。

わしがちょっと前に行った2次会は、
ポールダンスありーの劇団四季(本物)ありーのダンスありーので、もはやショーだったもん。
そういやあの帰りに「あーゆーの僕らもやらなきゃなの?」とチョブ太がおびえてたっけ(笑)

とっても楽しくって不満なんて全くないけど、「人の」なんだよね。
自分のじゃない。
当たり前か。

式についてたくさん悩んで、ホントにやめようかと言う話が出ました。
わしはぼろぼろ泣きながらチョブ太に抱きついた時、ふと悟ったのだ。

「ああ、これが始まりだ!」

ってな。

わしら二人が好き合っている、くっつくってことが基点。
これが大前提。

それぞれに築いてきた縁が、二人がくっつくことでつながりますよってことだねー。
で、その基点と、芋づる式(言い方悪いな)の縁を紹介し合いましょう、
これからもみんなでよろしくしましょうってのが結婚式&披露宴だと思ったわけです。

ビーズを糸に通して、端っこつなげてネックレスのイメージ(?)。

ネット上には「二人の世界を作られても迷惑」って意見もあります。
でも、こういう印象の結婚式って、
たぶん「基点の二人のみ」の結婚式だったんじゃないかと思うんですよ。
本人たちはそう思ってないかもだけど。

人間は自分の経験でしかものを考えられないじゃないか。
だから、実際構成する二人の世界に、自動的になるんだと思う。

あとは「二人の世界」の度合いだよね。
「一流ホテルで会費3万の結婚式、もちろん祝儀別」というのは
どう考えても自分のことしか考えてない感じがするでしょ?
つーかたぶんこれ黒字だし。
ラブラブすぎる披露宴(両親いるのにディープキスとか)は、
新婚夫婦の初夜の寝室に入っちゃったようなイメージなのでは?

二人のおうちにみんなを招くってイメージが近いんだろうな。
だから二人に合った会場(=おうち)を、一生懸命探すのだ。

だからわしらが気に入った会場が全然ダメって人もいるし、
みんながダメっていう会場がいい!って言う人もいる。
ダメって意見は気になるけど、それが本質なんだろうな。

かよこコメントの返信になるけど、
ペーパーアイテムや写真のクオリティが気になるのであれば、
それがカヨーコらしさ、なんですわ。きっと。

逆にそういうのは平凡でいい、料理が最優先!の人もいるし、
余興が一番の人もいるし、
衣装が一番の人もいる。

わしがあまりにもゲストのことで悩んでいた時、おとんに言われたセリフが

「ゲストゲストって言ってるけど、やっぱりお前たちの思い出になるものなんだからさ」

でした。
ゲストのことを考えるのも大事だけど、
ゲストってひとくくりにしてる人にもそれぞれの考えがあるし、
それを全て叶えることなんて出来ないからね。
お金だけの問題じゃなくて。

結婚式と披露宴は、その二人の人生を垣間見る時空間なんだと思います。
そう考えると、ちょっとは楽になったです。

それにおとんに
「会場とか装飾とかこだわって探すけど、結婚式行き慣れてる親戚はほとんど覚えてないからね〜」
って言われたし…。
まあそりゃそうか。

ちょっとマイナスなとこもあったけど、ぽわっとした雰囲気だったねーという披露宴を目指します。
のほほんとな。

イメージは縁側のひなたぼっこ!
もしくは干したお布団へのダイブ!
もしくは春のお昼寝!(ただの怠惰)
posted by おしゃべりひよこ at 15:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

式場絞込み経緯

忙しいので単純に書ける内容にします。
鬼のようにある式場を絞り込んだ経緯のご紹介。
ぜくしでね。

1.絶対神前式!

2.神社神前式
この時点で該当数激減。
チャペル式の人は膨大だから、何を基準に選んでるのか不思議…。

3.神様は現人神じゃない方がいいな
この条件でさらに激減。
現人神って多いんだねー。

この段階で、名古屋A神宮、埼玉H神社、都内T神宮の3つ。
もう1つあったけど、23区外なので外してます。
さすがに3つでは少ないので、条件3を妥協して、有名どころ都内M神宮を入れました。

行かないと分からない条件としては、スタッフ、予算(ぜくしのは概算)、料理のおいしさ、立地ですかね。
あとは日取りか。
ほぼ動かせないので。

で、回ってきた結果惨敗 _| ̄|○ il||li
行かないと分からない条件にまるで合致しなかった。


絞込み条件3を外します。
また、ここで初めてゼクシィなびを利用。

紹介されたのは都内H神社、K明神、T神社、N神社、Aホテル、Gホテルでした。
これらのホテルは神社との提携があるので神社挙式可能なのだ。

ゼクシィなび利用直前にAホテルには行っていて、候補になったので、それ以外から選択。

その時の条件は、

4.Aホテルより予算が安い
5.パンフに載っている披露宴会場写真が明るくいい雰囲気か

条件5はいかなきゃわかんないじゃん!と思ってはいけません。
写真はすごく良いのに、実際はちょっと…ということはあっても、
写真はすごく悪いのに、実際はめちゃ良い!ということはないに等しいのです。
式場なんてみんなええかっこしぃですから。

その類似で「写真の数やショットの数」も重要。
写真が少ないということは、写真でアピールできるポイントが少ないということだ。
つまりあまり力を入れていない or マイナス要素ありの可能性が高い。

限られた掲載ページに載せるから、勝負写真だしね。
それでも1ページで1枚のみ、ってことはない。
写真すごいねー。

で、選んだのがT神社、Gホテル。
その他却下の理由は、H神社は披露宴会場の写真が少ない、
K明神はタカビーで嫌(ここだけ挙式料が高い)、
N神社は予算がAホテルより高い、でした。

T神社、Gホテル訪問後、一応N神社にも行きました。

そこからさらに範囲を広げてみようと画策中。
神社挙式→別会場も考えたのですが、挙式のみの場合は予約に制限がつく
(予約できる時間帯が限定される、2ヶ月前から予約受付など)
ので、無理ぽい。
しかも別々なので割高になりやすく、衣装や美容の手配に苦労したりするみたい。

機械的に神前式、23区内で絞込み

機械的に基準予算より安いものを選択

ぜくしではなく会場の本サイトを詳しく見て、和装写真がほぼない、
または神前式が「やろうと思えばできますよ」的なとこは却下

という作業を進行中。
神前式がとってつけたような会場は、和装の数と着付けが心配だから却下ね。
うそっぽいし。

つまり最初の条件2を外しています。
でも「サイトを見て和がなければ外す」作業でばかばか削れていきます(笑)


んー、しかし数多いねー ('A`)
posted by おしゃべりひよこ at 14:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

式場その4

ここ1週間で目覚まし2個で起きれなくなってきた。
まっずーい。
3個目はなんにしよう…。


式場その4です。
実はホントの時系列ではその3と4が逆転しています。
だってもう覚えてないんだもん。

その4は都内有名M神宮。
でかーいし森!森!!
提携してる記念館に行こうと神宮に行ったら

あれ…マップに載ってない…

変だなーと思って文化会館(M神宮内の挙式会場)に聞くと



「記念館は信濃町駅ですよ( ^ω^ )」



ぬあああああーーーマジでーーーーーー!!
てっきり神宮内にあるのかと!
ド勘違い!!!

ちなみにこの文化会館の対応はあまり良くなかった。


慌てて向かい、予約時間に30分遅刻…。
記念館はでっっかいっすよ。
駐車場どーん。
記念館どーん。
明治時代っぽい制服のドアマンどーん。
あ、会場名ばれた?まいっか。

で、館内に入ると…ほ、ホテル??
どびゃーって豪華で上品、セレブな感じ。
思わず引くわしら(貧乏性)。

ウエディングカウンターに行ったんですが、これがまた広い!
つーか多いよ人!
20組以上いたんじゃないか?

その光景に、チョブ太が一言。

「結婚式工場みたいだね」

納得。
以降我々の中で、記念館は「工場」と呼ばれてます。

アンケトしつつ、アルバム見つつ待ち。
しかしアルバムの出来良くねーなーピントあってんのか?
なんだこのチャチな作りは。
つーか白無垢の裏がピンクってかわいくない。

順番が来て案内してくれたのは女性。
ここまではいつもどおり。
対応は可もなく不可もなく。


で、式場&披露宴会場を案内されました。
ここは、真ん中にどーんと庭園があって、全ての会場から庭が見れるんですねー。
式が終わった後、庭園で記念撮影&歓談で、そのまま披露宴へ、という流れ。

ネットのクチコミでも庭はポイントが高く、
担当者も「庭師が手入れしてますので、冬でも芝生は青いんです」と自慢。
皇居が近い為に周りに高い建物がなく、プライベート感もある。

だーけーどー。

わしはあまり気に入らなかった。
「へー!」って程度。

理由その1:庭から全ての披露宴会場内が見えるので萎えた(結構見えるのよ)
その2:庭といってもわしの好きなナチュラルな感じではなく、整えられた人工的な感じがした
その3:混んでる時は次から次に花嫁さんがやってくる。ところてん?

この後、館内の式場、開いている披露宴会場も見せてもらいました。
これだけの施設なら、立派な式場だよね。

披露宴会場ですが、全部で17会場!
多くね?
一日で最高20組近く挙式があるそう (;´Д`)
だって「○○様・△△様」っていう式の案内板が電光掲示板だもん。
のひえー。

まあ、広々としてるし、椅子もあちこちにあるので、ゲストが時間あまっても大丈夫そうだ。


さて、見積もりですが。
ここには資料請求していたのですが、全くといっていいほど料金表がなく、
え?って感じだったのです。
少なくとも高いことだけは分かった。
見積もり出す際に、他の会場と比較する為に人数を指定しました。


ところが。

なんと「ご予算よりも高くなってしまったので…」と
人数10人減らした見積もり持ってきやがった!
に、人数減らしちゃなんにもならんでしょーが… _| ̄|○

それでも初期見積もりで予算50万オーバー。
今後どんだけ増えんねん。

M神宮までは送迎バス1台と新郎新婦用ハイヤーがつきました。
けどこれも日によって特典が違うし(トップシーズンは高く、特典も少ない)
送迎バス1台で親族が入らなかった場合は有料でハイヤーをつけねばならない。
たかっ。

相談していたカップルも、30才前後が多かった感じです。
少なくとも金がないとこの会場は無理。

なので、早々に退散致しました。
スタッフの対応は良かったよ。
でも、あの工場な感じはどうにもこうにも苦手。
こぢんまりでいいんですよこぢんまりで。

和装はかなりあるみたいだから、そこはいいなーと思ったけど。
しかしあのアルバムの出来は一体。
式場の写真系は高額なのに…。


次回は都内Aホテル。
それか顔合わせのこと書きます。
posted by おしゃべりひよこ at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

式場その5

月締めを出す10分前に
「これはだいぶ前にキャンセルしたの!でも売上から引かないで!」
というアホ電話あり。
えーっと、意味が分かりませんが。
マジやっかいな奴だなホント。


式場その1〜5を見学して、ことごとく撃沈したわしら →詳しくはこちら
候補にもなりえない、あまりにも見事な即却下ぶりで自信をなくしました。

なので絞込み要素を減らし、
かつゼクシィなびという紹介カウンターにメルをしていくつかピックアップしてもらいました。

3つ挙げてもらった候補の中で1つは見学済だったので、もう1つの都内Aホテルに見学へ。

ここの特徴は、6つの神社と提携していること。
どこでも好きなとこ選べます。
しかも、いくつかはホテルから人力車で移動可!
ホテル前でゲストに見送られて出発→ゲストはマイクロバスで移動→
神社につくと先に着いたゲストに迎えられて参進の儀、という流れ。
情緒あるねー。

観光客や商店街の人にお祝いの言葉をたくさんかけてもらえるそうです。
あったかいでつねー。

ただ、色々情報収集(見学前にクチコミだけでなく、必ず神社名、式場名、
果てには支配人名などで検索します。意外とこれが武器になる)していて発見したのが、
数年前に暴力団の抗争で死者が出たホテルだったんですね。
前からなのか事件のせいか分かりませんが、「暴力団関係者お断り」の札?があちこちに。
トイレ前や披露宴会場前にもあった。
どきどき。

施設としては新しくないですが、老舗って感じで落ち着いてて良かったよ。
さすがに美容室はオサレ感を感じませんでしたけど。

担当者は男性でした。
しかもエラい人っぽい。
ほのぼのと話した後、披露宴会場を見学に。

1つ目は、いわゆるホテルの宴会場。
パーテーションで人数によっていくつかに分けられるタイプ。
ここは可も無く不可も無く。

2つ目は、天井の高い宴会場。
ディナーショー等を行うところらしく、音響証明がやたらいいみたい。
ちょうど見学したときは、年に2回あるかないかという
ゲスト300人という大規模結婚式のセッティングになってました〜。
なんじゃこのテレビで見るような披露宴は!

3つ目は26階で、こぢんまりとしていますが、片方の壁が全面窓でスカイビューが良い!
「すごーいねー高いね」 ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
と興奮して振り向くと



:(;゙゚'ω゚'): 



そういえばチョブ太高所恐怖症でした。

でも(ひどい)、わしは結構気に入りました。
ただ、ちょっと狭いかな…。

で、帰ろうとしたら「実はもう1つあるんです」と、28階へ。
この28階の会場はすごかった。
ホテルのトップバンケットなので、いわゆるVIP会場なのです。
28階に来賓控室、会場しかないので、貸切状態。
会場も他に比べると新しく、プラズマテレビが壁に埋め込んである。
かつ、両面の壁が全面窓になっており、景色がよく自然光もさんさん!
このホテルの周りは高い建物がないので、夜景は絶品のようですぞ。

キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! と大喜びのわしに対してチョブ太は


((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



窓に近づけず、中心付近をうろうろ。
26階より窓がでかく(しかも両側だし)、ずいぶん怖かったようです。
手はめっちゃ汗ばんでました(高いとこで恐怖を感じると汗ばむ)。

見積もりを出してもらい、まあ安くはなかったけどそこそこだったし、
何より初のスタッフ合格点だったので、仮予約をしました。
初仮予約!
チョブ太の高所恐怖症を懸念せず、先に埋まりそうなトップバンケットを選択。

仮予約は無料でできるのですが、結論を出す期限(だいたい一週間〜10日)があり、
それを越えると無効になります。
ちょうど2週間後にチョブ太家族との顔合わせがあったので、
それを相談すると快く期限を伸ばしてくれました。

【良かったとこ】
・立地。観光地なので遠方ゲストに楽しんでもらえる、かつアクセスが良い
・ホテルなので遠方ゲストが泊まれる
・対応が良い
・トップバンケットの開放感は素晴らしい
・そこまで高くない

【懸念点】
・高くないが安くもない。今後どれくらい増えるのか…
・予約に対してのんびりしていた。あんまりないのか?
・暴力団お断り看板がちと怖い
・チョブ太があんな状態で大丈夫なのか…でも26・28階以外はそんなに好きじゃなかったし…

初めて候補になった会場で、すっごく安心しました。
合う会場ってないのではと思い始めた矢先だったので。


この後、ゼクシィなび銀座カウンターに向かいます。
次回はそのことをば。
posted by おしゃべりひよこ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

引越しを、ね

じーつーはー。

更新が途絶えていたのはアメブロへの引越しを考えていたからです。
自分の好きなブログがアメブロばっかりだったので、
読みやすいしいいんじゃねーとな。
つーか記事のインポートまではやった。

だが。

めっちゃ広告入るーうぜー!!
あらゆる箇所に広告が入る!
それぞれ記事の下の方に3つくらい入る!

ブログ以外の機能もたくさんあって、なかなか楽しそうなんだけどね。

mixiの横の広告(この頃はあしあと見るとこまで入ってる)のすらキライなので、
微妙…と思ったわけです。

今使ってるここは、更新に時間がかかるのだ。
あと、デザインテンプレが少ないのがよく言われてる。

色々調べているうちに、アメブロの更なる問題が。

なんと検索で引っかかんなくなった!
自分で更新する時ですら検索してた(ブックマークせず)のに、これは厄介だぞ。

そしてもうひとつ決定的だったのは…

記事のエクスポートができない!

このご時世に…。
他からのインポートはほぼ出来るクセに…。

つまり、アメブロに引越ししたら最後そこから出れないってことです。
まあ、非公式エクスポートソフトもあるみたいですけど。

これで「やめとくか…」という方向になりました。
そもそも引越しって記事のみなので、今までもらったたーくさんのコメントは移せないのです。
手作業で移すしかない。

その手間掛けてまで引っ越す必要ないな。
と思いマシタ。

またぼちぼち続けていきます。
デザイン変えたいなー。
でも側にチョブ太がいないとできない(笑)
posted by おしゃべりひよこ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

撮られた

「聖おにいさん」おもしろすぎ。
「NANA」の最新刊は暗すぎ。
「うさぎドロップ」は子育てを真剣に考えさせられる。


土曜日、コメント常連のカヨーコにチョブ太との写真を撮ってもらいました!

チョブ太は写真嫌いでカメラから逃げるので、二人で撮った写真がほとんどないのだ…。
チョブ太がインフル闘病中の弱りきった写真ならあるけど。

まず、親への説明が大変だった。

わし「明日撮影行ってくる」
親「撮影!?」

こんな感じ。
ストレートすぎたか。
しかもチョブ太もってんでますます混乱してた。
ちゃんと話して納得させたからね!

ハジメテのスタジオ。
おおーうおおーう!
広!白!
わあー変な機材がいっぱいある〜!!(ちょこまか)

がよごはすごくてきぱきしてじゃんじゃか準備してましたが、
後で自分で持ってみたら重くて持ち上がらなかった。
すげーなー。

そしてハズカシイ(?)撮影会。
チョブ太が絶対恥ずかしがってくっついてくれないだろうなーと思っていたけど、
意外にもぎゅーしてくれた。
おお。
まあ後で聞いてみたら恥ずかしかったみたいだけどね。

でもお互いに恥ずかしくてカメラの方ほとんど向けなかった…ごめ…。

良い写真がとれたかなー?
二人して撮影に不慣れだからね!

もう二度とあんな写真を撮る機会はあるまい。
つーか、たぶん他の人だとあんなポーズできない。

しかもチョブ太は写真のブログアップをOKした!
どうしたの?
前は目張りって言ってたのに(笑)
なんか色々やわらかくなったなー。

しかし、写真で如実にチョブ太がガリガリなのがわかる。
肩とがっとりますけど。
ベルトがぼこってなってますけど。
だって身長差20cmもあるのに体重ほぼ一緒なんだよ!?
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

あとは、仕事のこととかケコンシキのこととかをたくさん話しました。
はーこういうの久々。

ウエディング雑誌見ると、時々あるんだけどさ。
きものをドレスのような感覚で撮ってある写真。
せっかくきもの着てるんだから、
きものでしか出ない雰囲気や美しさを撮って欲しいんだけどなー。
もったいない。

白無垢角隠しでにっかーと歯を見せて笑ってる写真とか…。
笑顔はかわいいけど、きものと合ってない。
どうしても感覚的に納得できない。
自分はきもの+歯出しを堂々と看板にしてるスタジオには頼みたくないっす。
全体の中の数枚、なら分かるけど、それが看板って…どうなの。


機会があったら、きものの写真も撮ってね。
つーかまたおしゃべりしたい。
しゃべり飢えてる(笑)
撮影恥ずかしかったけど、楽しかったっす。
posted by おしゃべりひよこ at 14:11 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

ぜくしなびー

雨混じりの強風でかき乱されて、髪の毛くるんくるんです。
朝起きた時よりヒドイんだけど…。
天パはつらいじぇ。


今回はぜくしーなびについて。
式場探しに行き、ことごとく撃沈したわしらは、もはや背水の陣。
神社挙式を諦めてホテルにするか?
でも候補が格段に増えるしイヤー!
この狭間でゆらゆら。

式場1がダメになった時点で、ぜくシーなびに相談メルを送ってました。
会場探しの人と、候補が一致するか知りたくてな。
で、返事だけもらって満足してたら「どうですか?」メルが来た。

式場4までダメになった時点で、心身ともに疲れちゃって、
一度カウンターに相談に行きました。

銀座に行ったのですが、やっぱりリクルトーだね!
あの元気なホットペッパー配りの人がいっぱいいるような感じ。
(わしの上司は「リクルト教育」と言っていた)

こっちから要請したのは、候補になったAホテルとの比較。
まずAホテルより安いとこ。
いくつか挙げてもらって、そのうちふたつに予約をしてもらいました。


予約してる間、展示コーナーをうろちょろしてたんだけど、指輪コーナーがあってさ。
「指輪はしないし、いらない」って言ってたんだけど、これだけ長く付き合っていて、
実はおそろいのモノが何一つない。
ついでに写真も。

「試着してみたいなー」とつぶやいたら、チョブ太が

「やっぱり欲しいの?ずっと指輪のこと気にしてるよね?」

と。

バレてたか。
「いやでも高いしアクセ苦手ですぐ外しちゃうし!」と言いつくろってみたものの…

ほ、ほんとは欲しかったの (/ω\)
おそろいのもの…。

結局試着はしなかった(つーか店員が足りなかった)けど、
記念だし買おうか?という流れに。
えへへ (*´∀`*)


式場探しが苦痛だった時に、そういうこと相談できたのはよかったと思う。
ただ、ぜくしなびを通じて紹介されたとこの感想を色々聞かれるし、
イチイチなびを通すというのが楽なようでめんどくさい。
ただ、クレームをぜくしなび通してすると効果でかいです。
ムカついた会場にはここ通してもいいかもね。

あと、不満なのが

TELダメな時間に平気で電話してくるの
どうにかならんの??


なんのためにダメ時間教えてるんだか…。
最後にあとでメルします、と言われたけど来ないしね。

相談してる時は的確に意見を言うし、話もよく聞いてくれるのでいいのですが、
なびカウンター全体でサポート、という感じなので担当者もごろごろ変わる。
情報共有はできてるっぽいが。
(つってもパソに全部入力してあって読みながら、だと思うけど)

情報を得る手段として活用するのは良いですが、
全部信頼しておまかせするのはうーん、という感じです。
自分でいくつか式場を回って、もすこし候補が欲しいとか、
ある程度イメージが固まった時に使うのがベストじゃないかな。
あと、時間がない!手っ取り早く選びたい!って時。
最初からここ使っちゃうと、自分で調べるクセがつかないかも。


この頃から、ぜくし自体に疑問を持ちます。
企業広告雑誌なので安いですが、中に載ってる情報は「?」なところも。

読者意見を参考にしているため、全体的に費用の平均は高めだと思います。
結婚指輪限定ですが、この方もそう言ってますです。→コチラ
投稿するぜくしファンは、こだわり婚してる人多いから。
80人350万が平均の会場で、70人500万のレポートとか結構ある。

あと、結婚の常識ブックにあったのが
「披露宴に呼ぶ上司への切り出し方」の隣に「呼ばない上司へ」とあり、
「親族だけで行う予定で、申し訳ないのですが…」
「実家近くで行うことになってまして…」
と定型文が書いてあった(要するに近場でもウソつけってこと)のがとっても疑問。
どう考えてもバレるでしょ、これ。
同じ社内なんだし。
噂話を甘く見すぎ。

ぜくしは情報源としては良いですが、アドバイザーとしては?かな。
参考程度に知っておくか、ぐらいで、全信用はしない方がいいかも。

どんなにみんなが結婚の常識と思ってても、家の常識が違ったらそれまでですから。
周りは気になっちゃうけど、自分とのバランスだーねー。

と、言いつつ自分も散々振り回されてるけど…。

我が家のゼクシは、会場が決まった後は「このドレスかわいいー」「この花かわいいー」
という切り抜き用雑誌(イメージトレーニング用)として活躍中です。
しかし重い…人殺せそう…。

ぜくしはビジネス的に活用、だね。


次回は都内T神社。
式場探しネタもあとわずかです。
posted by おしゃべりひよこ at 17:05 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

初チョッキ

本日は直帰でございます。
川越から直帰です。
どきどき。

昨日は忙しかった。
大量の書類が入ったダンボールと格闘したため、本日上半身が筋肉痛です。
しかし、もう自分簡単に仕事休めないなー。
体調管理気をつけなきゃ。


ブライダルエステやブライダルインナーについて探り始めています。
いやしかしめんどくさそうだ。

わしは剛毛で毛深いですが、脱毛は恐ろしくてする気にならん。
レーザー脱毛やら針脱毛は医療行為ですよーエステティシャンはダメですよー。
会社がエステと絡むのでこういうこと知ってるけど、
多いねーエステティシャンがやってるとこ!
中には「専門資格を持つ理容師がやってます安心してね」って書いてあるとこも。
理容師って医師じゃないよね…??
わしの勘違いか?

脱毛はしないけど(怖いから)シェービングはしないとなー。
髪はアップがいいから、毛がモウモウだと萎えるよね。
めんどいな探すの。

インナーもなー。
店に行って試着せなならんし。

情報探すだけでうんざりですわー。
まだまだ先のことだけど。


今週末は指輪見に行きます。
初めてあんなとこ行くし、緊張する…。
posted by おしゃべりひよこ at 14:06 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

いて欲しい人

数日前からおとんとおかんがケンカしてます。
ケンカというより、おとんにあきれたおかんが口きかないって感じ。
おとん1人の時に、マッチョ小僧が「早く仲直りしなよ」って言ったら、にこやかに

「しばらく無理だな!」

って…。
めんどくせーなーもぉ。


昨日、上司からこんな話をされた。

会社にいる人は、3つに分類される。
1つめは「いて欲しい人」
2つめは「いてもいなくても同じ人」
3つめは「いなくてもいい人」

いて欲しい人は給料以上の働きをみせる人
いてもいなくても同じ人は給料程度に働く人
いなくてもいい人は給料以下の働きの人

給料以上に働くってのは自己犠牲だとかなんとか色々あるけれど、
やっぱり会社は営利目的だし、いて欲しい人を目指してね

という話だった。

給料程度に働くのが一番だよなー。
相応の賃金ってことだし。
でも会社がそれを良しとするかはまた別の話なのね。


この話をされる前に、チョブ太から聞いた話。

親会社で、休みにスキー行って骨折した人がいる。
長期療養の為休んでるけど、松葉杖を使えばなんとか会社には来れるらしい。
けど、来ない。
だからこの人はもう出世できないね、と別の人が言っていた。

で、チョブ太はそれを聞いて「休みって軽く考えちゃいけないんだ」と思ったようだ。

実はチョブ太の部署に、つい先日から1ヵ月の休養に入った人がいる。
この人、ただでさえ休みがち、遅刻がちなのに、
責任ある仕事を任せてもらえないって不満ばっかり言ってたようだ。
任せてもらえないのは能力の問題ではなく、
休みがちな人には誰でもできる仕事しか任せられないってことだ。
まあ、他にも色々あるかもしれんけど。
会社にとってはリスクが大きすぎる。
本人は休みとの因果関係に気づいてたのかわからない。

いま、チョブ太はある案件をほぼ任せてもらえてて、
それはやっぱり自分があまり休まないからってのもあると思うって言ってた。


わしは、この頃「仕事休めないな」って感じるようになった。
正直気が重かったけど、
こういう話を聞くとちゃんと仕事ができるようになってきたってことかな、と思う。


まあ休む時は休ませてもらうけどね!
仕事中に急に思い立ってネットサーフィンしてたりするし(笑)


いいことなのか、なんなのか。
もうバイトじゃないんだし、こつこつまじめに頑張りますよ。
posted by おしゃべりひよこ at 14:28 | Comment(0) | いらっしゃいませ社会人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ふらふら〜

「簡単には休めない」という記事書いた翌日、

絶不調で休みました (´・ェ・`)


どーも疲れがたまっていたようで…頭痛と気だるさでふらふらしてました。
人事異動の面談があるので、午後だけでも行きたかったのですが叶わず。

たぶん、急に病欠したことは今回含めて2回しかないと思うのですが、
前回と似てたんだよねー体の感じが。
寝ても回復してない、もしくはわずかな回復。
朝起きるのが徐々に徐々に遅れて行って、たいして忙しくないのに帰るとぐったり。

よく考えてみれば、土日は会場巡りで頭悩ませて、そのまま月締めに突入、
休日出勤しつつばたばたと今になってしまい、休んでなかったかも。
いや、私用で忙しいのに体調崩して申し訳ない。
すいません…。

休んで、びっくりするぐらいずーっと寝てました。
寝ても寝てもきつくって、それにもびっくりした。

今日はもう大丈夫ですが、やっぱり休息しないとダメなんやねえ。
寝すぎて腰痛かったし、休息でゆるくなった体を慣らすために、
休憩しつつ指輪を見に行きました。
後日レポします。

ってか病欠した翌日におでかけってマズくね?
あうあうあう。
でも日曜に出かけてまた具合悪くなるの怖かったんだもん…。

しかしプラチナ高い…。
買わないけど。
そしてチョブ太→9号、わし→4号って、細すぎじゃね?(笑)


急に休んでごめんなさいでしたー部署のみなさん!
来週からまたがんばります。
posted by おしゃべりひよこ at 21:23 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

式場その6 前編

ついにバーバーマッチョ小僧開店。
チョブ太がうちで髪切りました。
いいのか…?


式場その6前編です。
長くなるので。
都内T神社。

ぜくしなび通しての紹介なので、一体何があるのかさっぱり分からぬまま行きました。
これも、ぜくしなび通すと厄介なことのひとつ。
模擬挙式あるのか?披露宴か?
まあ別に話聞くだけでも良いか、と思ってました。
特に模擬披露宴は時間がかかる上に派手にする会場が多いので、苦手。

竹下通りは絶対通りたくなかったので、裏からぷらっと入りました。
で、迷子。
建物が密集してて、どこにいるのかわからん。

T-niwa.jpgとことこ行く間に明治通りに出て、そっちから進入。
そんで池に出た。
あんなに人口密度の高い異常な竹下通りと
隣接してるとは思えない緑空間。
池はおもいっきし人工でしたけど。

原宿って竹下通りが異常なんだよねー。
裏に入ると結構静か。

やっとこさ建物を見つけ、入るとスタッフの挨拶が良い!
落ち着いてて、しっかり頭下げてくれてたし。
8会場中、案内はもちろん、サーブ、美容師も立ち止まって
「いらっしゃいませ」と頭を下げてくれたのはここだけでした。

入ると右に受付、左にクローク。
で、奥までロビー、という感じですね。
誰でも座れる場所というのはないです。
椅子があるところは控え室扱いになっているので。

担当さんは男性でした。
ぜくしなびに、「男性スタッフ希望」と前もって言ってあったのです。
これまでの5会場中、男性担当のとこは気に入るパターンが多かったのだ。
女性は年齢に関わらず、どうも相性が悪いみたい。

が、この担当さん、緊張で名刺を渡す手が震えてる!! (((( ;゚д゚))))
ぎゃー大丈夫なのか!?
お互いにドキドキ…。

簡単にアンケト見つつ話しつつ。
ここの紅茶うまかった…☆

すると、模擬挙式に案内された。
おお、ラッキー。
時間帯が悪いと挙式場は見せてもらえないこともあるしね。

T-tuuro.jpgどこの式場でもそうだけど、神殿に繋がる通路に入ると、
空気がしん、と静まりかえって室温が下がったような感じがする。
特に神社はそれがあります。
ここからこっちは神聖な場所だ!と空気でわかる。


T-hikae.jpg親族紹介室で神前式についての説明を読みつつ待ち。
そこから一度外に出て、参進の儀が通る毛氈の両脇で、
新郎新婦を待ちます。
神社の門から、しずしずと新郎新婦入場(?)。
雅楽の音よかったー少なくともT神宮よりは。
新郎新婦を見送った後、それに続いて神殿に入ります。

で、神殿に入ってびびった。
広っ!!
そしてずいぶん独特。
入って、左右にハの字型に親族席がある(全部で130人くらい入るらしい)。
中心が高台になっていて、そこに新郎新婦、両親が座る。
高台続きで祭壇がある、って感じ。
舞台ですねー舞台。
しかも、一番のびっくりは屋根が半透明で、日の光が注ぐ!!
なので、雨でも自然光が入るし、晴れた日には屋根を開けることもできるそうです。

なんつーか、チャペルっぽい神殿だねえ。
神社でこんな造り、珍しいのでは?

模擬挙式は結構前の方で見てたけど、
祭壇前に大きな柱があって、祭主があまり見えない。
よってお辞儀のタイミングが合わせづらかった(笑)

あと、ここは親族固めの杯がない。
(神前式では親族のみ参加が多い。最後に親族一同で杯を飲み、固めの儀を行う)
たぶん、友達も呼ぶ人が多いからだろうね。
代わりに、新郎新婦とその両親が杯を飲み、参加してもらっているみんなには
「おめでとうございます」のかけ声?で拍手をしてもらうのだ。

現代的な神前式ですね。
いいか悪いかは人それぞれだと思う。
けど、神前式に友達を呼べるってのはすてきなことだと思うよ、わしは。
今はなかなか見る機会ないだろうし。
白無垢姿見て欲しいし(笑)

ここの神前式は、重々しくはない。
厳かではあるけど。
がっちがちの神前式希望!の人には向かないかも。

ちなみに、この模擬挙式の時の介添人さんとってもステキだった!
落ち着いてて、でも微笑んでて。
わし、この人にして欲しい。


で、この後は人数に合う披露宴会場見学に行きます。
担当さんも、わしらに慣れてきたのがわかって一安心でした。
posted by おしゃべりひよこ at 00:55 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

悶絶

連続記事の途中ですが、どーしても気になってしょうがないので書きます。


ぜくしのCM、見ましたか?
2種類あって、カップルが本屋でぜくしを買うのと、部屋でぜくし見てるってのがあります。

この本屋バージョンがすっごいイヤなんです。
見てて恥ずかしいし、うざい…。
わしだけかもしれませんが、嫌な方向で気になってしょうがない。

彼氏がぜくしをレジに「お願いします」と持っていく。
すると彼女が、「おや?おや〜??」と何度も嬉しそうに言いつつ、
彼氏の顔を覗き込む。
彼氏照れる。

というだけの内容なんですが、ものすごくヤダ。
あんまり好きな言葉じゃないですが、ウザイ。

CMの彼女の行動、結婚を決めたカップルはよく理解できる行動だと思います。
男性が、結婚の為に女性向けのものに手を出してくれるってのは、
女性側にとって本当に嬉しいことなんですよ。

アクセに全く興味を示さなかった人が、彼女に内緒で婚約指輪探したりとかさ。
式場の資料集めてくれたりとかさ。
フェア予約してくれたりとかさ。

きっと慣れない事で、とっても恥ずかしいだろうし緊張するだろうし、
それでもやってくれたことが女性はくすぐったくって嬉しい。

わしは、このくすぐったくってキュンとくる嬉しさ、
誰にも言わずに大事にしたい派です。
チョブ太は恥ずかしがりやだしね。
二人で「えへへ」と笑ってるくらいでいい。

が、このCMはものっすごい自慢げに聞こえる…。
彼女がはにかんで、彼氏に寄り添うくらいなら良かったのに。
「おや?」を何度も大声で繰り返すので、恥ずかしくて見てられない。
こんなのホントにお店でやられたらめちゃ不快だよ〜。

まあ、わしだけなんだろうけど。


嬉しいのは分かるけど、あからさますぎて苦手。
こんなに苦手なCM、久しぶりです。
気持ちが理解できる分、ヤになっちゃったのかな。

りくるとはCM打つ時は集中的なので、見たくないのに見まくっててやだよー。
BGMは好きなのになあ。
posted by おしゃべりひよこ at 14:53 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

マッチョ小僧のお導き

わし「ぜくしのCM見た?本屋さんのやつ。あれムカつくんだけど!」

マッチョ「え?俺超好きなんだけど」

わし「なんで!?おっかしいでしょアレ!」

マッチョ「いいじゃん。かわいいじゃん」

わし「やっぱぜくしって若い人向けなんかなー。20〜25才くらいの」

マッチョ「あんた25だがな」

わし「でも精神年齢は41才(計測時22才)だし…」

マッチョ「俺なんか48だけど(実年齢18才)」

わし「Σ(゚Д゚)」

マッチョ「あのCMの言葉が好きなんだよねー」

わし「”プロポーズとウエディングの間の、しあわせな時間”でしょ。あれは好き」

マッチョ「なんだそりゃ」

わし「あと、2人でバッグ持って帰るとこも好き。音楽も」

マッチョ「結局好きなんじゃん」

わし「でも目の前であんなことやられたら、怒りで手がぷるぷるしちゃうもん (#゚Д゚) プンスコ!」

マッチョ「そりゃ現実であったらムカつくわ」

わし「もーちょっと声小さくしろや!とかさ。家でやれや!とかさ。ぶつぶつ…」

マッチョ「あれはCMの中の話だってば」



(;・∀・)ハッ?

このやり取りで気付いたけど、これってアレでは?

「可愛さあまって憎さ100倍」とか
「嫌よ嫌よも好きのうち」とか

「好きな子をいじめちゃう」とかでは!?

結局好きなのかも…(笑)
でも現実にいたらやっぱりムカつくと思います。
posted by おしゃべりひよこ at 00:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

隣人に襲われたら

連日報道されている江東女性不明事件。

これ、怖すぎる。
隣人がドア開ける時に襲ってきたら、対処なんかできないよ。
対処法があったら教えて欲しい。

マッチョ小僧に聞くと、

■エレベーターで知らない人と2人きりになった時
 →次の階に着くまで2人きり&とっさに逃げられないので襲われる可能性あり
■玄関のドアを開ける時(家に帰る、出る両方)
 →開いた瞬間に押し入られたら、高層の場合は特に逃げ道がない
■駐車中の車の真横を通る時
 →通り過ぎた瞬間、背後から襲われたら抵抗が難しい

は危ないと言われました。
でも常に警戒するなんて無理だよ〜!

しかもこの犯人、「殺すつもりはなかったけど、警察が来たから殺した」と供述。

殺すつもりはなかったって、同じマンションの隣人だよ?
しかも犯人宅に連れ込まれてるんだよ?
顔も見られてただろうし。
例え警察が来なくても、殺害していた可能性が高い。

この供述によって、きっと通報したお姉さんはすごく傷つくだろう。
傷つくどころか、自分が殺したような気持ちになるだろう。
いたたまれない。

この犯人は、なんて自分勝手なんだろう。
気持ちが悪い。


こんな天災のような他殺が、本当に恐ろしい。

自分も怖いし、もしもそんなことが起こったら、チョブ太はどうなっちゃうんだろうと思う。
チョブ太にそんなことが起こったら、わしはどうなっちゃうんだろう。
おかしくなってしまうかもしれない。

最近、そういうことを考える事件が多いから、時々だけど
「わしが死んだら…」
とチョブ太に話している。

言いたくないけど、そういう時がくるかもしれないってことを、
ほんのちょっとでもイメトレして欲しいのである。
わしとチョブ太は支えあってて、どっちかが不意にいなくなった時、
残された方も死を選ぶかもしれないという恐れがあるから。

チョブ太はわしをすごく大事にしてくれてて、
もし、将来おなかの子供をとるかわしの命をとるかという選択になったら、
彼はわしの命をとるつもりでいるのだ。
実際子供ができたら、わからないけどね。
あくまでも現段階での想像。

それだけわしを大事に思ってくれてるのはとても嬉しいし幸せ。
だけど、チョブ太がひとりで立って歩かなきゃならないことがあるかもしれない。
すでに子供がいたりとかさ。

だから、伝えられることは今のうちに伝えなきゃ、と思っている。
自分が死んだ後は、何か書き残す以外に何も伝えられないからね。
しかもこんな天災みたいな事件に巻き込まれたら、何も準備できないだろうし。

昔は「わしが死んだら」と言うと、すごく怯えた顔で「やだ」と言っていたけど、
最近は、怯えた顔はするけど話を聞いてくれるし、意見も言うようになった。

言霊ってあるじゃん。
だから、不吉なことは言いたくないけど、今しか言えないこともあるしね。

よっぼよぼのじじばばになるまで、一緒に生きていく気まんまんですが。

老後は一緒に温泉めぐりしたいなー。


こんな天災のような事件、減らないかな。
今後、ホームセキュリティ会社の株は上がるだろうね。


今回の被害者さん、どうか安らかに。
posted by おしゃべりひよこ at 14:55 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

式場その6 後編

お待たせしました、あ、待ってねーか、式場その6後編です。
長文です。
もう1ヶ月も前のことなのに。

ホントは見学時に写真も撮っているのですが(6会場目にやっと…)
おとんのデジカメの線がみつからねー ・゚・(つД`)・゚・


緊張していた担当さんも、わしらがきゃっきゃ言ってるので安心したのか、
スムーズに案内し始めました。
模擬挙式後、一旦部屋に戻り、披露宴会場の写真を見せて収容人数、
会場の特徴を説明をされます。


T-A.jpgA→この式場で最大の披露宴会場。
サンルーム、バルコニーがあり、
かつワンフロアがほぼ貸し切りになる。
丸テーブル、シンプルで上品な印象。


T-B.jpgB→広さ2番手の会場。
こちらもAよりは小さいけどサンルームあり。
丸テーブル、英国風??



T-C.jpgC→角テーブル会場。
A、Bは白基調だが、ここはウッドベース。
落ち着いた茶が基調でレトロ。
小さいバルコニー、それに続く螺旋階段付。


この3会場はみんな庭に面していて窓もでかいので、天気が悪くても自然光が入ります。

写真見せられた時に気に入ってたのはBでした。
Aはでかすぎるだろうな、と予想済み。
でも、Aは顔合わせのお店と名前が似てたので、運命かも…と思ったりもした(笑)
角テーブルのCは、たぶんダメだろうな、という印象。
これまで回った会場で、角テーブルで気に入ったとこ全くなかったので。

で、実際に見てみると…

Aは、やはり広い。
ネットのクチコミで知ってたけど、入り口付近にでかい柱があって邪魔。
まあこれを避けてのテーブル配置も可能だろうけど。
サンルームもあるので(ここではケーキカットをやったりする)かなり広い感。
わしらの人数じゃ間があきすぎるな…。
あと、ここの高砂に座らせてもらったんだけど、
ボリュームのある装花だとチビだから前が見えんことが発覚。
今気づけてよかった。

続けて、Cを見学。
入った瞬間、「あれ、写真より良い!」と思いました。
見学時はギリギリ人数での配置だったので、ちょっとぎゅうぎゅう感はあったけど、
角テーブルは長ーいのじゃなく、MAX8人のレストランサイズ。
披露宴会場は丸テーブルが多いけど、MAX10人のでかいもの(直径2mとか)が多く、
「会話しやすい小さいのが良いね。せっかく同じ席なんだしさ」とチョブ太と話していたのだ。
高砂もみんなと同じ高さだし、アンティークっぽいこぢんまり机でかわいい(*´∀`*)
「ここ、わしらに合うな」と素直に感じられた会場でした。
ただ、控え室がカーテンで仕切られているのが…うーん。

一番期待していたBが、なんと一番期待はずれでした。
写真では一番明るく見えたんですが、入ってみるとそーでもない。
さらに、Cと同じフロアなのに、Bは天井が低く感じた。何故だ。
雰囲気はA似なので、ここ使うならAがいいなーという印象でした。

あ、あと3会場ともフローリングでした。
人によるけど、わしは絨毯よりフローリングが好き。
なんか絨毯って汚れとれてんのかどうかわかんないし、
あまり清潔な感じしないので好きじゃないんだもん。
つーか靴でふかふかの絨毯歩くのが違和感ある。


部屋に戻り、思ったより気に入ったCで空きを確認。
すると、まさに思い通りの日・時間がぽっかり空いていた。
他は皆埋まっていたようです…ホントか知らないけど。

ここにはプランが3つあってシーズンにより使えるプランが変わるんだけど、
わしらが希望していた日が2つのプラン使用条件に該当していたので、
どっちか確認してもらった。
だって30万も違うんだもん。
すると安い方だって!ラッキー!!

初期見積もりは、Aホテルより安かった。
ただ、ここはランクアップが必要なことをネットで知っていたので、
見学したのと同じ装花ランク、料理のランクアップ、生ケーキ等を
がんがん入れてもらって見積もり出し直し。
わしらの雰囲気からして、イケそうだと思ったんでしょう(実際気に入ってたし)。
上司に相談し、資料請求済ということで2項目割引してもらい、
仮予約してもらえればある項目は上限なしということに。

チョブ太はすごくびっくりしてましたが、
これまたネット情報で、わしは上限なし割引はこの式場ではよくあることと知っていた。
なので動じず。
「あ、してもらえるんだーラッキー」くらい。
資料請求済での割引は初めて聞いたけど。
本音を言えば、
こういう高額で決定に時間がかかるような買い物で、目の前でどんと割引をして、
とっとと成約とろうっつー魂胆(そうじゃないかもしれないけど)が好きではないので。
だったら最初から割引金額で提示しろや。
あのやり方は衝動買いを招くよ…ダメですよー。
まあ、それにしても魅力的だよね(笑)

で、仮予約。
ただ、仮予約期間が次の休日まで。
よりにもよってなんと2日後が祝日(´;ω;`)
仮予約じゃねーだろそれ…。

で、約一週間後の顔合わせの時に、お互いの両親に見せてから決定したい、と話をして、
なんとか伸ばしてもらいました。
ただ、正式な申込用紙を書きましたけどね。
内金だけまだ、という状態で止めた感じです。


ちょっと成約を急かされてる感はありました。
でもスタッフ対応、式場、C会場が気に入ったのも事実。
あと、担当さんが頼りないけど、
わからないことは「確認します」とすぐ聞きに行ってくれたのが良かった。
ベテランさんだとどんな無茶言っても「大丈夫ですよ、ご安心下さい」と答え続け、
ホントかよ!?と思ってしまう。
確かに大丈夫なんだが、金がかかったり、やっぱできませんとか制限がつくこと多し。
それより、わかんないことは確認します、無理なことは難しい、
と答えられるとこが好感触でした。
営業さん、ではなく、わしらの味方、という感じ。


なかなかいいんじゃない?
という会話をしつつ、次の式場に向かうのでした。


次回はGホテル。
式場記事長文多いなーすみません。
posted by おしゃべりひよこ at 00:11 | Comment(0) | 結婚カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。