2005年12月01日

小指のタコ

津軽三味線をやっている人の手には不思議なものがあります。

1.右手の小指付け根付近がふくらんでいる。
2.右手(手の甲の方)の小指の第二関節にタコがある。
3.左手の人差し指、薬指の腹がかたい。
4.両手のひらともにマメだらけ。

1はバチを薬指と小指の間に挟んで持つためです。
2は「こまどめ」と呼ばれる技を使うためです。
3は糸を押さえたり払ったりするためです。
4は右手はバチ持つため、左手は糸巻きを扱うためです。

しゃみ習い始めた頃、
自分が身元不明の死体になってもこの両手が手がかりになったりするのかなー
なんてアホな想像をしてました(笑)


えーと。
29日は7時45分集合で21時まで卒業公演のリハ。
それから先生のお宅でミーティングをし、4時帰宅5時就寝。
30日は12時集合21時まで練習。
ほんで専攻の卒展の仕事をしつつ現時刻です。

わーどうしよう明日9時集合でライブやんなきゃなのにー!
いつ寝ればいいのーしかも仕事もまだおわってないよわーん!


今日はいっぱい自主練の時間があったので、大黒舞を唄いまくりましたよ。
フルで4回くらい唄ったらもうぐったり。
腹式で限界いっぱいまで声出して唄うのってこんなにきついのか…。
でも、まだまだ練習が足りませぬ。
しゃみ仲間に、掛け合いで唄う相手に押されてるって言われました。
なんと。
ううー負けたくない。
掛け合いだから勝ち負けの問題じゃないんだけど、
聞き劣りするようじゃ話になんない。
もっともっと唄ってやるー!
どうやら唄尻に力がないようだ。
もっと意識せねば。
そんでもってまだ声量が足りないとも。
うぬぬぬぬぬー。

唄って自分が唄う側なんで、成長っぷりがよくわからなかったんですが、
後輩と一緒にソーラン節を唄ったら声量が明らかに違うのがわかって、
ちょっとだけ嬉しかったっす。
あー、少しは成長してるんだな。
全然足りないけど。


で、あいや節を練習していたら、
こまどめがなってないと指摘されますた。
こまどめっつーのは、しゃみの音が鳴る要の部分を小指で押さえて音を殺す?
つーか独特の「チッ」って音を鳴らす技です。
津軽ものの特徴のひとつ。
一生懸命違いを説明してもらったんですが、わし全然理解できず。
しかし、最後の最後でようやくわかりました。
なるほろ、どうりでこまどめ特有の音になりきってなかったわけだ。

わしは非常にこまどめが苦手でし。
なんでかっつーと手がめちゃ小さいんですよー。
フツーにこまどめすると、あるべき場所にバチが届かないんですよー。
あまりのできなさっぷりに半分あきらめてました。
なので、わしの小指にはタコと呼べるほどのものはないのです。

が、やはり卒公ではそんな半端なことできないっす。
だってマイクにつくんだもの。
1000人に聞かせるんだもの。
でかい舞台にそんなテキトーな気持ちで出たくない。
できるできないは別として。

今日こまどめを教えてもらったので、もっともっと練習します。
チピロありがとうー。
三味線をなかせられるようにもなります。
うをー!


あと、何もわかんない頃に買ったバチを先生に削って頂こうかと思案中。
わしにとってはでかすぎる。
4年もやってるのに持ち方が安定しない。
2年生の頃からやっかいなバチだと思ってましたが、
卒業公演を控えているので削っていただくのを実行に移そうかと思います。
新しいバチも欲しいけど、なにぶん金がない。
今のと同じくらいの価格のヤツしか買えないし。
きものを買ってくれようとしている両親には、とてもねだれないし。
ま、憎らしいバチだが、愛着がないわけじゃないしね。
ちーちゃくなったMyバチで卒公にでれるといーなー。



いやーほんとやること満載ですな!
はっはっは。
きついけど充実した人生だぜ。
posted by おしゃべりひよこ at 03:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | しゃみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

マスコミ不信

連日、少女殺害の事件でマスコミは大騒ぎですな。

わしはニュースで興味持つのは殺人事件とかです。
政治、経済ニュースはあんまり…
つーか、わかんないんだわ。
とゆーわけで日経新聞は苦手です。
チョブ太と一緒にいると説明してもらえるけど。


で、前々からチョブ太と話してたことなんですが、
今のマスコミってどうなんだろーね、ということ。

前、電車が脱線してマンションに突っ込むという事故がありましたよね。
何日もかけて救助活動がなされたものの、
たくさんの死者が出る痛ましい事故となりました。
連日ニュースは事故の話題で持ちきり。
でも、みなさん気づいていましたか?
事故の映像、絶対上からのアングルだったでしょ。
カメラマンがカメラ担いだ高さじゃないわけだ。
じゃ、どうやって撮影したのか。
もちろん、ヘリコプターやクレーン車を借りてきての撮影なんです。
しかし、これが結構問題になっています。

ああいう事故や災害時の救助活動では、
かすかに聞こえる声や音を頼りに行うことがあるのですよ。
で、みなさん知っての通り、ヘリコプターってめちゃ音うるさいでしょ。
あんなのがぐるぐる事故現場の上を旋回してるわけだ。
しかも、テレビ各局なので何台も。
限界の人間が発するかすかな声なんて聞こえるわけはない。
これは阪神淡路大震災時にも問題になっていました。
しかも、電車事故の時は民間人も必死で救助活動に協力していたにもかかわらず、
マスコミはどでかいクレーン車で道路をふさぐ始末。
これは2ちゃんでもえらく批判されていました。

規制すりゃいいじゃんか、とわしは思ったのだが、
マスコミが規制なんかにすんなり従うわけはないのだ。
危険なとこにも入って真実を伝えるのが仕事だもんね。

でもねー、マスコミが発してる情報って真実はどれくらいの割合なんだろう。
さっきのヘリコプターの騒音問題とか、
ニュースなんかじゃ公表されなかったでしょ。
よーするに、自分たちに都合が悪いことは知らせないんです。

広島で女児が殺害された事件でも、
マスコミが悪い影響を及ぼしていた模様。
マスコミがあまりにも現場近くをウロウロしていたために、
犯人が捜査の手が伸びてきたことに感づいて逃げちゃってたらしいんですわ。
ほんと萎える。
しかも、警察が犯人逃亡とマスコミの関連性を公表したところ、
とある新聞では「警察は犯人逃亡をマスコミのせいにした」ような記事を載せた。
もーなにが本当のことなんだかさっぱり分からないね。

前々から、マスコミによる過度な取材が問題にはなっています。
逮捕されるケースもあります。
やらせ番組だったり、立ち入り禁止の事件現場に入って捕まったりね。
広島の女児殺害事件では、犯人が日系ペルー人だったためか、
アホな新聞記者が日系ペルー人が書いているブログに「事件の情報ください」みたいなコメントを書き込んで、ネットで大批判をされております。
(゚Д゚)ハァ?
って感じですよホント。

ついでに。
靖国問題ってありますが、あれでみーみー騒いでるのは日本だけみたいですよ。
日本があんまり大騒ぎするから、
中国政府も黙ってるわけにはいかなくてあーだこーだなってる。
この話をチョブ太から聞いたときすごいあきれました。
なーんだ日本の独り相撲だったんじゃん。


マスコミって本来、行政とかでかい権力を監視する立場のハズだったのです。
実際そうだと思います。
しかし、このマスコミを監視するものはいないんですわ。
で、世論に関してものすごいの影響力を持っているわけです。
選挙とかの放送みてたらわかるでしょ?
そりゃー暴走もしますよ。
民間放送局はやっぱり利益が必要だから、
面白さを求めて暴走しちゃったりすると思う。
それを牽制できるのがNHKだと思うんだけどね。
でも、NHKは民間局よりの放送になりつつあるよね。
しょぼんぬ。

そういうマスコミを牽制する役割なのが、ネットなのかもな。
ネットは誰のものでもないがために、制御できない。
だからこそ、裏の真実がある。

昔、引っ越す前の実家の真裏で立てこもり事件がありました。
当然記者が家にくるのですが、町内全体でだんまりをきめこんだそうです。
まーわずらわしかっただけだろうけど。
しかし、目立ちたがり屋のとある兄ちゃんだけは
べらべらと記者の質問に答えていたそうです。

また、うちの遠縁のじいちゃんが
町に下りてきた熊の第一目撃者になったことがありました。
じいちゃんはインタビューに対し、
「人間のせいで山にエサがなくなって下りてきたんだからなあ…」
というコメントをしたところ、記者に
「そういうことではなく、熊がいかに恐ろしかったかをコメントしてください」
と言われ、ニュースで流れたのは結局記者の希望したコメントのみだったそうです。

もひとつ。
あなたの愛する人が殺されたとする。
そのときにされる質問でよくあるのがこれ。
「○○さんの死を知って、どういったお気持ちでしたか?」
あなたはこの質問に答えられますか?
わしは毎度この質問を聞くたびに、この記者は人間なのかと思う。
その気持ちを言葉にして、全国の人に知ってもらうべきなのかもしれないけど…。
わしはきっと記者に憤りを覚えると思います。
どれだけの悲しみだと思ってるんだ。
そしてその悲しみに土足で上がり込んでくるんじゃない。
いつも、そう思います。


マスコミには大きな力がある。
けど、それを間違った方向に使わないで欲しい。
なんか、最近のマスコミ問題を見ていると
持っている力が大きすぎて制御どころか持っていること自体理解していなくて、
それでとんでもないことやらかしてる気がする。

視覚情報は人間にとっておおきな影響力を持ってる。
だからこそ、ニュースを鵜呑みにするのは危険だ。
そういう人結構多いし、自分もうっかりするとやっちゃう。

とりあえず、自分の子供には、
ものごとにはいろんな面があって、それをできるだけたくさん見ることを教えたいな。
と思いました。
posted by おしゃべりひよこ at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

北斎&☆ツアー前編

今朝、マスコミ不信をネチネチ書いたせいで、
乗りたかった東京行き快速を逃しました…。
あと30秒早ければ…うぬぬ。
ネチネチはいかんということですかね、うん。


本日は見逃し覚悟だった「北斎展」を見に行ってきました。

快速に乗りたくて病み上がりにもかかわらずチャリ飛ばしまくりました。
高校3年間皆勤賞を逃しそうになった朝以来です、あんなに飛ばしたの。
しかも駅の近くには何故か無料の駐輪スペースがない!
駐輪禁止スペースにごめんなさいごめんなさいと謝りながらチャリ止めてダッシュ。
が、惜しくも間に合わず…嗚呼…。
しかも弱ってる最中の全力疾走だったので、
なんかぜんそくみたいになりました。
あったかいお茶を買って復活。

乗ってる間は宮部みゆきの「初ものがたり」を読み返してました。
わし、向かい合う形の座席の場合眠れないの…。
北千住で下りて乗り換え。
が、常磐線が見つからなくて迷う。
ああーまた逃しちゃうようー。
途中でJR常磐線であることに気づく。
なんだJR線の方に行けば良かったのか。

やっとこさ上野に着いたら、入場料を払える金がない。
しまった…。
携帯を駆使して郵貯を探し出し、マネーゲット。
よっしゃーと思って国立博物館に近付く。
うむ…?
なんか…人が…多いねえ。
入り口の係員がなんか叫んでいる。

「北斎展はただいま大変混雑しておりまして、
入場まで50分待ちとなっております。ご了承下さい!」

((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!!
ネズミーランドにきた覚えはないぞ!

やー終了直前だし混んでるかなーと思ったけどこれほどとは…。
ちなみに並んだ時点で10時20分。

並んでる間は「初ものがたり」を読んでたので全然苦痛ではなかったです。
で、やっと入れたうふふーと思ったら。
何この人だかりは…。
北斎の作品は大きくて掛け軸、小さくて文庫本くらいのサイズなんです。
見るためにはどうしても側に寄らなくてはならないので、
壁沿いに人の壁がうぞうぞと動くんですよー!
キモ!
しかも作品数300点。
こりゃ体力持たないな。
と思い、作戦を練り直すことに。

展示は大きく2部屋に分かれていたので、
わしの好きな錦絵の方(後半の展示)をじっくり見ることに決めました。
あとは流し見だ。
見てきましたよー冨嶽三十六景!
これだけの年数たったものが、
こんなにも鮮やかで新鮮であることが何故か嬉しくて仕方なかったです。
実物の細やかな色彩を目に焼き付けてきました。
やっぱり現代の色料の方が発色は綺麗なんですが、
それとは次元の違う色彩です。
味があるというか。
見ていてあきない。
そしてほんと構図が面白い。そして美しい。
余白の美ですなー。はふう。
日本の美、大好きーうふふふふふふ。

「冨嶽三十六景」の他にも、「日月龍図」、掛け軸の「柳に鳥図」がお気に入りに。
でも、特に「日月龍図」で、
図版ではあの繊細なグラデーションが表現できてなかった(そりゃそーだ)ので、
しょんぼりーの。
いつかは本物と印刷の区別ができなくなるくらいまでになるのかなあ。
それもそれでやだなー。

で、目録とてぬぐいとTシャツとポストカードとマグネット買いました。
なんかすげー買っちゃったよ。
まいっか。
あーTシャツ着るの楽しみー!
マグネットは、冨嶽三十六景を丸くトリミングしたやつ。
わし、このトリミングの仕方が好きだったんですが、
このグッズはこれしかなかったのよう。
妖怪図のポストカードは妖怪好き隊長のヤツにあげようっと。

人混みにうんざりして集中して見れないかなと危惧してたんですが、
自分のペースさえしっかり作っちゃえばどうってことないのね。
あーよかった。
ちなみに、わしが出た時は1時間40分待ちでした。
よかった早くきて…。
特に冨嶽三十六景はほとんど外国の美術館が所蔵しているので、
それが一度に見れただけでもラッキーでした。
ほくほく。


帰りに東京駅でおにぎりを買ったんですが、
そのお店なんと塩おにぎりを置いていてすっごく嬉しかったです。
やたー!
やっぱり具の味付けが好みじゃなかったりするとしょんぼりするけど、
塩おにぎりはそれがないもんね。
おにぎりでは塩おにぎりが一番おいしいと思う。
わしは食欲なくても塩おにぎりは食べられる。

ほくほくしながら帰宅。
あーしやわせ☆


20時からはチョブ太としゃみ仲間での星ツアーですが、
それはまた次回。
posted by おしゃべりひよこ at 03:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

北斎&☆ツアー後編

寒いねー。
けど冬は星がキレーに見えていいよねー。
こういうときは田舎なことに感謝するよ。


半月くらい前に、冬は星がよく見えていいよねーという話をしていたところ、
ピロコは星見に行くために知り合いの車持ちを捕まえようとしていたことが発覚。
チピロは何故かバッグの中に星図早見表を忍ばせていました。
ふふふ、星好きなやつらめ。
しかし、わしを含め3人とも車持ってない…。
じゃあチョブ太に車出してもらって星見にいこーよ、ということになりました。
チョブ太も星好きで、2人でふらりと星を見に行ったことが何回かあるのです。
おかげで人工灯があんまりない場所も把握済み。
こりゃ行くしかあるめえ。

チョブ太が新月である12月頭はどうかと言い出したので、
予定を合わせて昨日20時からごはんもかねて行ってきました。
企画して気づいたんだけど、星見に行くのって計画めんどくさいね。
この日の○時に行こう!って決めても、雲が出てきたら終わりだし。
晴れてても雲があるとダメだからね。
なかなか難しい。
しかも、北斎展に並んでるときちょっと雨降ったりしたからすごく心配していました。
出発時に空を見てみると、雲はない。
よかった。
でもなんかぼやけてる…うーん湿度高いのかな。
とりあえずごはん食べに出発。

みんなでわいわい相談した結果、
土浦の先の真っ暗ポイントに行くことになったので途中のうどん屋さんに行きました。
まーツアー中は言わなかったけど、
そのうどん屋さん、実ははじめてチョブ太と2人きりでごはん食べたとこなんです。
どーでもいーけど。
わしとピロコはうどん、チョブ太とチピロはごはんものを頼みました。
が、何故かうどん組完食できず…。
なんでだ…。
色々話しながら食べたので楽しかった。
チョブ太もちょこちょこ喋ってたし。
なんだかんだで22時くらいに。
いよいよ星見にしゅっぱーつ!

真っ暗ポイントは、たんぼのあぜ道です。
周りはたんぼで、大きい道路はそこそこ離れてるし、街灯もほとんどなし。
森があるけどね。
車を降りると、満天の星空が!
きゃーすごいにょー!!
オリオン座やカシオペア座が、
ともすればどこにあるのかわからなくなるくらい星が見える。
星がないスペースがないよ!
すばるもばっちり見えます!
真っ暗なたんぼのど真ん中できゃいきゃいはしゃいでいました(笑)

ピロコは完全防寒であぜ道に寝ころんで星を堪能。
あぜ道、一応舗装されててよかったね。
わしはチョブ太とチピロにあれは何座?じゃああれは?と聞きまくる。
チョブ太とチピロは星図話に花を咲かせる。
チョブ太の望遠鏡もみんなで回して星を見ました。
その時!
めちゃでっかい流れ星が!!
流星痕が見えましたよー!
流星痕って、彗星でいう尾みたいなヤツ。
「うおーー!」だの「ひょー!」だの謎の叫び声を上げて暗闇で狂喜乱舞。
1年くらい前に話題になった火球(流れ星の特に明るいヤツ)の次にでかかったなー。
もー満足だよーほくほくだよー。

なんか海に行ってみたい!っつー話にもなり、
海に向かうことになりました。
チョブ太と2人で星見るときもよく海に行くのでね。

その後しばらく星を眺めた後に出発しました。
が、トラブル勃発。
ピロコの携帯が見当たらない!
チピロが電話してみるけど、ブルブル音もない。
ありゃー。
さっき寝ころんだ時に落としたんじゃないか、という話になり、たんぼに逆戻り。
「あそこ真っ暗だから、地面で光ったら面白いよねー」
「まさに地上の星ですな」
なんてバカ話をしつつ、ポイントに到着。
車でふんづけるといけないので、チピロが電話してみました。
しかし、あぜ道は真っ暗なまま。
うーん光ってないねーと話していると、
チピロが突然「のひゃ!?」というキテレツな悲鳴を上げる。
チピロが携帯に向かって返事をしている…。
なんとピロコの携帯に誰かが出た模様。
ええー誰が!?
もしや農家のお人!?
ドキドキしながら見守っていると、
なんのことはない、うどん屋さんに忘れていました。
わーっはっはっは。
ピロコもチピロも、うどん屋さんの後携帯見てたよねーと言っていたのに…(笑)
さーうどん屋に向かって出発!

お店はもう終わっていたのですが、
入り口を開けて待っていてくれました。
いやーよかったよかった。

それからみんなでアホ話をしつつ、大竹海岸に向かいました。
ここも…デートできたね…うむ…。
まいーや。
夜の海岸なんてほとんど車こないので、存分に好き勝手できる…
と思いきや。
なんかすごい数の車が。
つーか交通整備のおっちゃんまでいるよ!?
うおーなんだなんだなんの集会だーと騒ぎながら駐車。
なんかお祭りっぽい雰囲気だ。
しかし、時刻は0時近い。
一体…?
とにかく、屋台がでているとこに行ってみることに。

行ってみると、屋台というよりも…フリマ??
日曜の昼とかに公園でよくあるフリーマーケットと同じ光景が広がっている。
違うのは夜の闇と全体的に漂ううさんくさい雰囲気…。
何!?
一体なんなの!?
ブランドバッグとか時計とか、果てにはバイクをバラしたパーツまで。
ええーすごいうさんくさい!
なんだこの不健全な感じは!
売り物出してる人は何も言ってないのに、
片言の外国人に「コレ絶対ホンモノダカラダイジョーブヨ!」と言われてるようです(偏見)。
でも、ヤバイ!ってほどでもない。
チープなうさんくささ満点です。
一通り見て回った後、4人で「これは一体なんの集会なの!?」とさざめきあう。
あまりのうさんくささっぷりに好奇心が刺激されまくりです。
全員恐怖心より好奇心が勝り、
交通整備してるおっちゃんに聞いてみようということに。
ドキドキしながら、チョブ太が意を決しておっちゃんに聞きました。
「これは何の集まりなんですか?」
「ん?フリマだよフリマ」

……。

うさんくささが増しただけじゃないかーーー!!
おのれ…。
フリマったってこんな夜中に(しかも海岸線で)誰を対象にしとるんですか!?
つーかフリマにしては出てる商品があやしいよ!
など、数々の疑問はあれど、
おっちゃんの断言によりあれはフリマということになりました。
あざーっす。

フリマという決着がついた後は、海岸に下りました。
しかし、いけどもいけども波際にならない…。
あれ…?
こないだ来た時は下りてすぐ波打ち際だったのに。
波打ち際の白い波は見えるんですが、なんせ真っ暗なので距離がわからない。
しかも、波音が「ざざーん」ではなく「どーん」という地鳴りみたいな感じ。
とりあえずどんどん進んでいくと、だんだん砂が湿ってきた。
もっと行くと、なんかチャプチャプしてきた。
でもまだ波打ち際は先。
引き潮にしても、これは引きすぎじゃないか…?
え…なんか…
なんか怖い!!
その時、チョブ太が一言。
「津波だったりして」

……。

わーこわいよーーーーー!!
チョブ太の一言で、押さえていたみんなの恐怖心が爆発。
なんでそんなこと言うのー!と笑いながら言いつつも、
何故かそこから先には進みませんでした(笑)。

砂が湿ってないとこまで戻って、再び星観賞。
さっきはまだでていなかった北斗七星がいました。
暗闇に目が慣れたせいか、さっきよりよく見えましたねー。
星ってこんなにたくさんあるんだねー。
冬にも関わらず、天の川とおぼしきものの見ることができました。
細かい星の集まりなので、街じゃ絶対見れなかった。
はーしやわせー。

途中で波音が「どーん」から「どざーん」みたいなのに代わり、
徐々に接近してきてる気が。
なので、切り上げて帰宅しました。
1時半くらいにゴール。
楽しかったねー。
また行きたいな。


星のことを考えると、ちっぽけな自分が悲しくもあり、感慨深くもあります。
チョブ太に聞いたのですが、
土星がどうやってできたかをシミュレーションすると、
土星の輪ってできてすぐに消えちゃうんだって。
シミュレーションが間違っているんじゃないかとかそーゆーのでなく。
つまり、わしらは土星に輪があるのは当たり前だと思ってるけど、
輪ができるほんの僅かな時間にたまたまあたってるだけということ。
土星にしてみりゃ「輪?そんなのあったっけ?」みたいなものかもしれないのです。
ちっちゃいねー、わしらって。

「ほしのこえ」というアニメがあります。
これで出てくるのが、星間通信による携帯メールのやりとり。
地球からどんどん遠ざかる女の子と、地球にいる男の子。
最後には、メールを送ってから届くまでに8年もかかるようになります。
しかも、女の子はすごいスピードで移動しているから?かしらんけど、
同級生だった男の子とどんどん年が離れていきます。
13歳と25歳になっちゃうんだったかな?
空間だけでなく、時間が隔たってしまう恋物語です。
色々考えてしまう作品でした。

いろんな学説があるけど、
地球自体がひとつの生命体じゃないか、という説もあります。
じゃあ、その表面でうぞうぞしてるわしらはいったいなにものなのでしょうねー。


色々考えた。
楽しかったなー。
実に濃い一日でした。
あーしやわせ。
posted by おしゃべりひよこ at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

動揺日

本日は動揺することが多かったので動揺日です(そのまんま)。


まず夢。
ホラーじゃないのに、すごく怖かった。

卒業公演のリハーサルをやってる夢なんだけど、
何故か本番と同じ会場で、きもの着てスポットあびてお客もいる。
謎だけど、舞台には大量の段ボールがある。
そしていつもは穏やかな先生が怒鳴っている。

怖い!
先生が怒鳴っているよう!
ビシッと言う時は言う先生なのですが、怒鳴ることはありません。
その先生が…何故!?
怖いけれど、次は自分の出番。
唄なので、マイクスタンドを自分の背の高さにあわせます。
その時聞こえた会話。

「先生今日お酒入ってるから怖いね」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

なにそれ!?みぎゃーーー!!

動揺してる間に前の曲が終わりました。
弾いてた人がすごい怒鳴られてます。
あううーーこわいようううーーー。
変な汗かきながら、舞台中央にスタンドをセット。
が、スタンドがすごい低くなってる。
さっき合わせたのになんで!?
しかも肝心のマイクがない!
どうして!?

なんと、伸び縮みする部分の止めネジが外れていました。
しかも止めネジは舞台袖に転がってる。
マイクは後輩が持っていました。
ダッシュで取りに行って、半べそでスタンドを直し、マイクセット。
すでに先生の口元はへの字です。
あまりのパニックに、わしは泣くのを必死でこらえてる状態でした。

そして畳みかけるようにトラブル。
唄はわしとmyの2人で掛け合います。
2人で真ん中に立つので、わしがセンターにいてはならなかったんです。
パニクって2人で唄うことすら忘れていたのです。
ああーどうしよう!!

で、曲が始まったんですが、何故かいつもの2倍くらいのスピード。
唄えないよーーーー!
しかも掛け合う順番を間違ってしまう。
もう泣いていました。

パニックが頂点に達したところで目が覚める…。
これまでの怖い夢でベスト5に入る怖さでした。
何度か舞台で失敗する夢はみていますが、これだけはもう二度と見たくない…。
本番で失敗しないように練習しろってことかなあ。


2つ目はバイトで。
おばちゃまに猫なで声で頼み事をされました。
インターホン(電話式)でされたんですが、電話きってやろーかと思いましたよ。
おばちゃま6人だったのですが、席にカラオケ機材用意させるわ
バイトの男の子に「電話番号教えて」とからむわ
挙げ句の果てに席にカラオケ用意したのに「1階のカラオケ店に移るから残ってる料理全部持ってきて」ですよ?
ちなみにわしが言われたセリフは
「1階とは同じ会社経営だからいいでしょぉ〜ん?」
でした。
ぞわ。
あんな人間になりたくない。
絶対なるもんか。


3つ目は、チョブ太がちょっとした事故を起こしたことです。
知り合いの車にちょっとだけぶつけてしまった…つーよりこすっちゃったんですが、
事故って聞いただけで血の気が引きました。
チョブ太が怪我しなくて、そして人が怪我しなくてよかったー。


4つ目はチョブ太に迎えにきてもらって、帰るときに見かけたもの。
これスゴイよー。
なんと、スケートボードで赤信号の横断歩道を渡りつつ携帯で電話してる男!

( ゚д゚)ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚)ポカーン

ですよ。
しかも、そのまま2車線道路の真ん中を逆走し始めました。
…車…きてるよ?
さすがに車が来たら避けてはいましたが…
なにやってんの…??
つーかひくよ?
一回死んでから出直してこい。
あまりに突拍子もなさすぎて、もはや面白かったです。



なんか色々ドキドキして疲れました。
もう寝ます…朝練だし…。
posted by おしゃべりひよこ at 04:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

大暴落

ここ数日、睡眠時間が3時間きってる状態で稼働し続けました。
わしは睡眠不足だと情緒不安定になるので、
自分自身にしょんぼりな日々でした。
未だ不安定。


本日は「あやしいにおいがするぜ」の主、カヨコの個展を見に行きました。

いやーあったかい。
カヨコは女性の写真を撮るのですが、
なんか性的?というか、母性的なものを強く感じます。
写真から匂いがするような感じ。
写真の世界に包まれるような感覚。
ひなたにあるおふとんにくるまれてるみたい。
そうじゃないのもあるけど。
匂い立つ写真っていう表現が、わしの中で一番ぴったりくるかな。

撮られてるのはわしの友人が主だったのですが、
なんか違う人みたいでした。
違う人みたいっつーか、ふっ、と見えた違う一面だな。
同じ人ってのは変わらない。
展示の最初の一枚、横たわってるやつ、みしゃこさんがこっちむいてるやつ、カラーの最後から2番目のやつが好きでした。
特にみしゃこさんがこっち向いてるやつ。
買いたい。
アレ欲しい。
人物写真でこれほど欲しいと思うものは初めてでした。
ああー満足だにゃー。

カヨコお疲れ様です。
ステキをありがとうなりー。


ステキな話の後になんですが。

もーここんとこ忙しすぎて、
寝不足と疲れでちょっとしたことにがっかりしてしまいます。
わしががっかりしてもしょうがないし、
するようなことでもないんですががっかりします。
がっかりが激しいと泣いちゃうくらいです。
そんなときはチョブ太がすごく心配してくれるので、
ごめんなさいと思ってまた泣いちゃいます。
いやーホント不安定やね。

本日しゃみ仲間と専攻の友人とのヲトメランチのはずだったのですが、
やはりみんな忙しいらしく、8人のハズが結局4人に。
やー。これはしょうがないんだ。
みんな夜はバイトや練習で時間ないので、
昼にやるべきことを急ピッチでやってるからね。
でも、なんかすごくがっかりしてしまいました。
別に来なかったから悪いってワケじゃないんです。
なんか寂しかったんです。
朝から連続で「ホントにごめん。行けないー!」というメールを
連続で見たせいかもしれない。

情緒不安定になると急激に寂しくなる時がある。
きっかけは割とどーでもいいことなんだけどね。
学部の同級生がたくさんブログを開設してて、
時期的にやっぱり卒制のことを書いてるわけです。
でも、わしはそれよりもふと考えたことこととかしゃみのことを書いちゃうのです。
芸術に関する思考が少なくて、
みんなのブログについていけないことがあるんです。
なんかそれがすごくツライ。
置いていかれてる。
つーか歩いてたらいつの間にかみんなと離れちゃった。

わしがしゃみサークルに入ってることを知っていて、
しかもしゃみサークルの公演を見てくれている人は
しゃみのこと話してもわかってくれるのですが、
それを知らない人にとってはな…。
しゃみは興味ある人とない人の差が激しいし。
卒制やんないでなにやってんだとまでは思わないにせよ
ふーん大変だねという感じなんだ。
もーそりゃしょうがないよね。
だって知らないんだもん。
しかも他人のことだし。
わしだって逆の立場ならそうなるもん。
情緒不安定な今は、人と人の距離ってこんなに遠いんだと感じてしまう。
うう。
なんか苦しいなあ。

12日に自主中間発表があるのですが、
できるかな…。
明日一日お休みしたいです。
一日うとうと眠りたい。


今日は早くから一緒にいてくれたアサミさん、
徹夜明けなのに来てくれたトモコ、
1時間半遅刻しても来てくれたピロコ、
カヨコの匂い立つ写真、
ローズピンクの夕日と空のグラデーション、
ぎゅっとしてくれるチョブ太に救われました。
ありがとう。
大好きです。


明日寝るかー。
けっこうヤバげな内容だぞコレ。
はっはっは。
posted by おしゃべりひよこ at 17:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ラブしゃみ仲間

本日14時から自己中間発表です。
何故自己なのか。
先生方が忙しすぎて中間発表まで手が回らないからです。
でもなんにもやってません。


先週忙しかった。
もー。
卒公のリハと練習と行事と
卒展のウェブが追込みでもぎゃーってなってました。
ごとり。

どちらも正式アップとなりました。

筑波大学井坂流津軽三味線倶楽部無絃塾第八回卒業公演 公式ページ

筑波大学 芸術専門学群卒業制作展/芸術研究科終了制作展 公式ページ

みなさま是非是非おいでください!!
みんなで頑張ったの!!
感想とかいただけたら昇天します。


…あ、しまった。
これわしの顔バレるんでねーの??
まいっか。


いやーほんと卒制手つけれてないです。
まいったなー。
ちょっと死にそうになったり、気分大暴落したりしてたのもあるけど。

なんか、しゃみサークルがわしの根幹の部分に関わっていて、
それに改めて気づくとドキっとする。

先日はしゃみサークルの許証式+入門式+引継式でした。
トータル5時間。
死ぬ…。
まーきつかったんですが、感慨深い式でした。
特に、引継式はねー。

旧執行代は人数が少なくて(たった6人)、
しかもそのうち2人は留学していて、執行代スタート時は4人。
4人で60人をまとめるんですよ!
ほんとよくやってくれました。
代表は女の子だったんですが、
この子は(というかこの執行代が)あまり人前に進んで出るタイプではなかったのです。
なので、先生、名取さん、歴代代表や先輩はすごく心配してました。
でも、なんと頼もしくなったことか。

心配だった分、成長が嬉しいものですねー。
引き継ぎの挨拶で、先生や名取さんが涙を流していました。
先生がうるうるするのは何度か見たことあるのですが、
涙を流すというのは数少ないです。
執行代の終了としてふさわしい挨拶でした。
ほんとお疲れ様です。そしてありがとう。

先生は常々「三味線だけでなく人間としてたくさんのことを学んで欲しい」とおっしゃいます。
最近、その意味を実感しまくってます。
特に、わしは途中から学問の方で落ちこぼれちっくになってしまったので、
しゃみがなかったら何もなくなっていたかもしれません。

大学4年間で何やったの?と聞かれたら
わしはデザインの勉強ですとは自信を持って答えられない。
三味線弾いて、アツい仲間を持って、それを糧にデザインを少々。
の方があってるかも。
いやーなにやってんだと言われますねこりゃ。
でも、ほんとに大きい存在です。
第2の家族と言っても過言ではない。

卒業しても、就活の間は大学付近にいたいと思ってます。
しゃみ仲間がいるから。


よし。
切り上げて少ない情報を中間発表の資料にします。
よしゃー。
posted by おしゃべりひよこ at 06:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | しゃみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

キタよキタよーーー!

きましたきましたー!!
わしの入ってるしゃみサークルへの本格的な嫌がらせが!!
どーしよーなんかわくわくするー(何故)。

えーと、嫌がらせっつーかクレームつけてきたんですねー。
なんと大学が。
大学の本部が。
ステキでしょ?


公演の1ヶ月前から学内にポスターを貼ることができるので、
代表者が申請をしに行ったんですね。
ところが、代表者が本部棟に呼び出されて色々言われちゃいました。
内容がまたウケるんですよー。

1.料金をとる公演の場合、利益が出てはならないので収支報告書を提出しなさい。
2.大学に所属するサークルなので、ポスター等に個人名、企業名、会場名など、特定の名前を出してはならない。

(゚Д゚)ハァ?

1はまあ理解できるんです。
所属する学生ががっぽり稼いじゃうと困るってのはね。
金はいろいろ問題を起こしやすいからなぁ。
でも、ふつーは黒字でしょ。
とんとんでも黒字でしょ。
誰が金取って行う公演で赤字目指すんだ。
しかもこんな規定は大学には存在しません。

で、面白すぎる2。
どーしよーほんと面白いよ。
個人名や企業名をいれちゃいけないってのは理解できる。
大学が個人や企業と変な関係でつながってると疑われたりするのが嫌なんでしょう。
そこはまあ理解。
だけど、最後の会場名がダメって…(笑)
爆笑ですよ。
広報はいっさいするなってことですよね…コレ。
「今度こういう公演やります」ってだけのポスターかあ。
謎めいていますねー神秘的ですねー。
でも絶対客来ないでしょうな。
つーか来れないもんね。
もー最高です。


クレーム言った側は気づいてないのかもしれないのですが、
今回のクレームには大きな問題が。

今度の公演には、大学の補佐組織である芸術系サークル連合会に後援をいただいています。
我がしゃみサークルはここに所属していますし。
で、大学の本部と芸サ連はつながっている組織なんですわ。
なので、我がサークルは芸サ連に毎回収支報告書を提出しています。
それが芸サ連から本部に通っていく仕組み。
これまで7回公演を行ってますが、どれも芸サ連から認められています。

今回の大きな問題ってのは、本部がわしらに直接クレームつけたことで、
芸サ連の存在を否定してるっ言っちゃったも同然なこと。
そもそも本部が収支がおかしいって疑問を持ったのならば、
芸サ連に聞けばいいことなのです。
芸サ連を通さずに直接収支報告書を持ってこい=芸サ連の認定は信用できない
と言っちゃったんですねー。
あららー。
当然、このクレームがきてからすぐに代表者が芸サ連に報告したそうです。
芸サ連は
「利益を出しちゃいけないっていう規定はないので、反論できますよ」
と言ってくれています。
しかも、ちょっと怒り気味。
存在否定されたんだから怒って当然です。
もしかしたら、我らを守るために動いてくれるかもしれません。
権力万歳!


そもそも本部との関係が悪化したのには理由があります。
理不尽な理由が。

しゃみサークルは活動が活発で(特に学外活動が)、練習もたくさんやります。
現在は卒公に向けてバリバリ練習中です。
しゃみは音が大きいので、練習場所を借りれるだけ借りてます。
もちろん、他のサークルさんが使っていない時間だけね。
それでも足りなくて、夜更けの大学内で弾くこともしばしば。
練習が行き過ぎて怒られることも多々あります。
そういうときはすぐに対処して、謝ったり、
以後その場所では弾かないようにしたりしています。
なにぶん人数が多いので、指示が行き届かなくて知らずに弾いちゃう子もいるけど…。

話逸れた。
で、めいっぱい場所を申請してるのを快く思わない方が…。
申請する本部棟の事務のおばちゃん。
我がサークルではかなり有名で、
申請に行くたびにいやーな顔されたりイヤミ言われたりするそうです。
なんでこんなにうちのサークル嫌ってんのかさっぱりですわ。
申請しまくってウザかったのか、態度がムカついたのか…。
とりあえず、うちのサークルは学外活動が多いゆえに、
それなりの礼儀はわきまえてると思うんですがねー。
1ヶ月くらい前にも、「申請数が多すぎる」って言われたそうです。
なんじゃそりゃ。
だからなんだって感じですわ。
誰も使ってないから申請してるのに…。
活動するのがいけないのか?

ま、ここからはわしの予想です。
とりあえずあのおばちゃんがうちのサークルにムカついてて、
本部棟の人にマイナスイメージのウワサ流してるんだと思います。
じゃなければ、「本部」からのクレームってことにはならないと思うんだよねー。
たかが一介の事務員がそんなたいそうなことできないっしょ。
いやーおばちゃまパワー炸裂ですな。
今回のクレームが失敗しても、次の手を考えるに違いない。
結婚した後、近所にこんなヤツいたらやだなー。
萎える。


まじすげーがんばってんのに、こんなのあるとがっかりですよー。
クレームっつーかいちゃもんじゃん。
ほげー。
(゚Д゚)ハァ?
↑口がこの形になっちゃいますわ。
ま、ほっときゃいーか。
いろんな人に認めて頂いてるしね。
そっちの方が何万倍も価値がある。
その人たちのためにがんばってるんだ。

まだまだ練習するぞー。
posted by おしゃべりひよこ at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | しゃみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

卒業危機一髪

あぶない。
あぶなかった。
いや、ほんとあぶなかった。


えーと…

卒業に必要な単位数が足りてませんでした!
しかも1単位。
しかも履修申請期間昨日まで。

もぎゃー。

留 年 だあー。

と思ったけど、3学期オンリー1単位(しかも面白そう)の授業があったので、
とりあえずそれを再履修申請します。
これが通って、しかも授業ちゃんと出ればおーけーだー。
欠席3回でアウトだけど、まだ2回しか行われてない。
ギリギリだあー。

再履修申請には担当教官のハンコと反省文がいる…。
しかも事務にいや〜〜〜な顔される…。

でもそんなことで卒業あきらめてたまるかーーーーー!!
反省文なんかいくらでもかいてやるわコラー!
自分を卑下しまくって事務をおだててやるわー!
土下座でもするよこの際!!

いやーでも今日気づいてよかったー。
しかしかなーりギリギリで条件満たしてるので怖い。
これで計算ミスがひとつでもあればアウトだこわいいーーーー。

怖くなったので、専攻仲間のmrとチャットで単位チェック。
そこでmrも実は危うかったことが発覚(笑)
あぶねー。
とりあえず、わしもmrも3学期の授業をしっかり取れば大丈夫のようです。
よかた。

2ヶ月くらい前に事務が卒業可能かチェックしてくれたんですが、
だいぶいい加減だった模様。
mrは「ちゃんとチェックしました?」と聞かれ、
しました、と答えたら、
「じゃあ大丈夫ですね」と言われたらしい。
チェック…ですよね?
困った事務だよ…。
わしは事務信用してなかったので行ってませんが。

今回の計算ミスは、シラバスの読み違いとかじゃなくて、
エクセルでの操作ミスが原因。
エクセルで単位計算してたのですが、なんと同じ授業が2つ入ってたんですねー。
よって架空の3単位が入ってたんですよ。
みずほの誤発注のようですね(違)。
でも、3単位まるごと足りなくならなくてよかったー。
もしそうだったら間違いなく留年だった。

必要単位数の条件とかは相当読み込んでいるので、たぶん大丈夫。
絶対じゃないけど、かなり自信はあるぞ。
うん。

よーし。
あとは卒制だ。
やるぞー。
イラレ使いまくるぞー!



ちなみに、前回の記事のポスターの件ですが、
大学との関係を悪くするわけにもいかず、
今年は学内には貼らないことになってしまいました。
デザインしてくれたみんな、ほんとにごめん。
力及ばずでした。

つーか個人名とか企業名をはずしたポスター2日後に持ってこいってさー。
できるわけねーだろ!!
レイアウトとか全くしたことない人が言うセリフだ。
しかもデザインの重要性を全くわかってない人が言うセリフだ。
わかっているとしたら、明らかにポスターをはらせないことを狙って言ってる。
ほんと陰険だよ。
そうそう、おばさんじゃなくておじさんだったんだって。
ますます萎える。

あんなにステキな質の高いポスターが大学に貼れないなんて残念すぎる。
特に学生に受けのいいデザインだったのに。
作ってくれたみんな、ほんとにごめん!!



うぐあーーーねむいーーー。
ちょっと寝てきます…。
おなかへったー今日は何つくろーかなー。
posted by おしゃべりひよこ at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

ブレイブイレブ

すげー放置してたな。
まいっか。


えーと、体調崩して本読んでました。
宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」。
来年の夏(?)にアニメで映画化されるのだ。
前から読みたかったし、買ってみたんだけどねー。

ぶあつい…。

3センチくらいあるよ。
しかもそれが2冊。上下巻。
どひえー。

ハリポタの5巻以来ですねーこんなにぶあついの。
しかもハリポタより字がちっちゃい。
さすがにちょっと…気が引ける…。
でも寝てなきゃだったし、ちょろちょろ読み始めてみました。

いつもなら10〜30ページでのめり込むんですが、
体調不良もあるのか小休止はさみつつでした。
あんまのめりこめねーなーと思いつつ読んでいたら…
上巻の真ん中あたりからハマりました。
キタよキタよー!
そこから2日で一気に下巻まで。
読み過ぎで頭痛がしました。
エクスプレスで読んだら、普段はしない乗り物酔いまでしました。


読んだ結果。
なみすけ大好き本のトップ集団に仲間入りです。
これめちゃ面白い。
大好き。

ファンタジーものは、最初から「本の中の世界だ」という意識で読んでます。
読んでるときはのめり込んでるのでそうは思わないけど。
別次元の話として頭の引き出しに置いておきます。
でも、これはそうじゃなかった。
主人公ワタルの悩みが、本の外にも直結してる。
わしはワタルの悩みが自分のことのようでした。
少なくとも、わしには経験のある悩みだった。

ワタルが抱えてるのはジレンマです。
こっちを助ければあっちが助けられないという。

ミツルって子がでてくるのですが、
この子は自分の守りたいもの一つ選んで守り、その他を顧みない。
ワタルも守りたいものを守りたい。
けど、全ては守れない。
守るものを選ばなくてはならない。
でも、そうやって選別することは正しいのか。
でも、選別しなくては何も守れない。
では、何を守る?
こうやってワタルはすごく悩みます。

最後に、ワタルはひとつの答えを得て、守るものを決めます。
その結果、選ばなかったものはどうなるのか。
わしは言いません。
ネタバレになるものね〜。

最後の方で、重要キャラが死んでしまうのですが、
そこでめちゃくちゃ泣きました。
久しぶりに本でしゃくり上げるくらい泣きました。
死ぬ前に、女神に祈りの言葉を捧げるのですが、そこがもう…!

なんつーか、物語の世界が壮大というより、ワタルの悩みが壮大だった。
いや、世界も壮大なんだけども。
異世界の話を読むというより、ワタル自身を読むという感じ。

あと、日本人が書いてるってのもあると思うんだよなー。
外国の話、嫌いじゃない(むしろ好き)だけど、やっぱり世界観とかが違うからね。


これ、映画にできるのかなー。
はなはだ疑問。
映画の公式サイト→http://www.bravestory.net/
ワタルの声とキャラが全然イメージとちがうーー。
もぎゃー。
キャラ図はいいとしても声がー声がー(涙)

とりあえず、映画はだいぶそぎ落とさないとムリだろうな。
映画としてのブレイブ・ストーリーを否定する気はないけど、
原作読まないと損だと思います。


いやー、良い本に出会った。
記念日だな。


ブレイブ・ストーリーの最後の文章を抜粋。

ヴェスナ・エスタ・ホリシア。
再びあいまみえる時まで。
幻界に、現世に。
人の子の生に限りはあれど、命は永遠なり。
posted by おしゃべりひよこ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | おはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。